胃の手術をした後に起こる!?「胃切除後症候群」

胃の手術を行った後に様々な症状が出てしまうようです!
いったいどんな症状が出るのでしょうか!?

view531

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胃切除後症候群

  • 胃切除後症候群とは

     

    胃切除後症候群とは、胃の切除手術を行い
    胃の一部または全部切除することにより
    引き起こされる様々な症状の総称をいいます
    胃は食べ物を消化する働きの他に
    血液を作り出すのに必要な成分を分泌したりしています!
    だからこそ切除は厳しい症状がでる事があるのです

  • 症状

  • ダンピング症候群、小胃症状、逆流性食道炎、輸入脚症候群、下痢、貧血、骨障害、胆液などがあらわれる可能性があります。
    出典 :胃切除後症候群(症状/原因など)
  • ダンピング症候群とは何?

  • ダンピング症候群とは胃の内容物を十二指腸に送り出すことができなくなることが原因で、様々な症状が起きます。立ちくらみ、めまい、空腹感、脱力感、しびれなど様々な症状があらわれます。
    出典 :胃切除後症候群(症状/原因など)
     

    しびれまで起きてしまうのですね

  • ダンピング症候群

     

    未消化・高張な内容物の小腸への流入
    等張にするための水分移動
    という原理が働いているそうです!!!

  • 症状: 食後30分以内に生じる 血管運動症状: 発汗、動悸、めまい、脱力感、失神 蠕動運動亢進: 悪心、嘔吐、腹部膨満感、腹痛
    出典 :胃切除後症候群
  • 治療法

  • 少量頻回摂取
    食物の浸透圧活性を低くする: 蛋白質より炭水化物が、固形食より液体のものが高浸透圧をきたしやすい
    出典 :胃切除後症候群
  • 輸入脚症候群って何?

  • 輸入脚症候群は輸入脚に胆汁、十二指腸液、膵液がたまって、胃に逆流することで嘔吐症状が起ります。
    出典 :胃切除後症候群(症状/原因など)
  • ビルロートII法の手術をした後、輸入脚の中に胆汁、十二指腸液、膵液がたまって内圧が上がり、突如として胃内へ逆流して嘔吐が起こる状態です。輸入脚が長すぎたり短すぎたり、癒着があったりすると起こります。おなかが張ってきて痛んだ後、急に苦い液(胆汁など)を吐いたりします。
    出典 :胃切除後症候群│病気事典│ここカラダ
  • 輸入脚症候群の原因

  • ビルロートⅡ法といわれる胃の手術法が原因で起ります。
    出典 :胃切除後症候群(症状/原因など)
  • 食後、毎回吐いたりするようなら主治医に相談をしたほうがよいでしょう。
    出典 :胃切除後症候群│病気事典│ここカラダ