不妊治療において知っておこう! 高齢でも大丈夫? 何歳から高齢?

少子化が叫ばれて久しいなか
不妊治療において知っておきましょう

view635

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高齢って何歳?

  • "高齢出産"や"高齢不妊"といいますが
    一体何歳になったら高齢と言われるんでしょう?

  • 一般には、35歳以上は高齢出産と言われていますが、35歳から急に高齢に属するわけではありません。女性だけではありませんが、特に女性の場合、30歳頃から、妊娠するための機能が徐々に低下して、35歳くらいから妊娠する事が難しくなっていく傾向にあります。
    出典 :高齢不妊治療
  • 35歳を過ぎると徐々に老化が始まり、妊娠しにくい状態になります。40歳を過ぎるとさらに妊娠しにくい状態は進み、45歳を過ぎると、たとえ不妊治療を行っても、妊娠できる可能性は数パーセントとなります。
    出典 :高齢では妊娠しづらい?高齢の不妊治療について知っておこう | 様々な原因に対応!自宅で出来る不妊症の改善方法をご紹介します
  • 35歳を目安に高齢出産と呼ばれる年齢になるようです

  • 不妊治療って何をするの?

  • 高齢になってからの不妊治療にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 年齢が上がるにつれ、子宮筋腫などがある女性も増えてきます。このような婦人科系の疾患も不妊の原因となります。ですから35歳を過ぎて出産を考えている場合は、できるだけ早く不妊治療に踏み切った方が良いでしょう。
    出典 :高齢では妊娠しづらい?高齢の不妊治療について知っておこう | 様々な原因に対応!自宅で出来る不妊症の改善方法をご紹介します
  • 通常の不妊治療であれば、まずタイミング療法などから始めますが、高齢の場合は、いきなり人工授精から始めるケースがほとんどです。体外受精や顕微授精が主な治療法となるでしょう。しかし妊娠率は、40歳以上で数パーセント、さらに45歳以上となると2パーセント以下となります。勿論50歳近くなって妊娠したという例もありますので、全く希望がないとは言えませんが、ごく稀なケースであると言わざるを得ないでしょう。
    出典 :高齢では妊娠しづらい?高齢の不妊治療について知っておこう | 様々な原因に対応!自宅で出来る不妊症の改善方法をご紹介します
  • 目安としては、35歳くらいまでならタイミング療法から始め、「高齢出産」とよばれる年齢になったらタイミング療法はとばして、体外受精や顕微授精といった、より妊娠する確率の高い人工授精を行うことが多いのが現状です。
    出典 :高齢の場合の不妊治療 :高齢になってからの不妊の原因と不妊治療
  • やはり、通常の不妊治療とは異なり
    高齢ならではの治療方針があるようです

  • 不妊治療は、一般不妊治療に2年位、高度生殖医療に3年位という長いスパンで治療が進められます。長ければ5年間を不妊治療に費やすことになるかも知れません。30歳で治療を始めたとしても高齢出産の年齢で初めて妊娠・出産する、ということは、十分にありうる状況です。こうしたことも考えに入れて、自分が何歳くらいで赤ちゃんを産みたいかを、もう一度よく考えておく必要がありますね。
    出典 :高齢出産と不妊治療 | 高齢出産ガイド
  • 高齢になってから妊娠を考えている場合は、始めから不妊治療を意識することも大切なことです。基礎体温を測り夫婦でタイミングをみることも重要ですが、最初から専門医と相談することも視野に入れておく必要があります。
    出典 :高齢の場合の不妊治療 :高齢になってからの不妊の原因と不妊治療
  • 不妊治療には時間もお金もかかります
    妊娠するタイミングをよく考え
    夫婦で相談しながら進めましょう

  • 高齢不妊の影響

  • 高齢になると妊娠しづらいだけでなく、流産、不育症、そして染色体異常(ダウン症)のリスクも高くなります。染色体異常は羊水検査で事前に発見できますが、場合によっては、とてもつらい決断をせまられます。
    出典 :高齢では妊娠しづらい?高齢の不妊治療について知っておこう | 様々な原因に対応!自宅で出来る不妊症の改善方法をご紹介します
  • また、不妊治療の後にめでたく妊娠できたというケースでは、多胎妊娠の確率が高いのも特徴です。自然妊娠の場合では、高齢出産だから多胎妊娠が多いということはありませんが、不妊治療(高度生殖医療の場合)の過程において、多胎妊娠になるケースは少なくありません。多胎かどうかは妊娠6週頃から判断できるので、医師の指示に従って、安全に出産できる方法を選択することが重要です。
    出典 :高齢出産と不妊治療 | 高齢出産ガイド
  • 高齢不妊に対する治療の結果、妊娠できたとしましょう。この場合は高齢が故に、異常妊娠・異常出産となる率は当然増えることになります。また、高齢になればなる程、母乳分泌は低下、人工栄養となる確率が増え、そのための子育てにおけるのデメリットも考えておかなければならないものと思います。
    出典 :高齢不妊と社会の状況 - 特殊生殖医療部門
  • リスクが高いことを覚えておきましょう
    しかし、もちろんリスクばかりではありません

  • ただ、最近では、第一子の出産が35歳以上の方が三人に1人と言う割合まで高くなっていますので、妊娠さえすればスムーズに出産までたどり着く方がほとんどです。40代の妊娠出産は、不妊治療による妊娠がほとんどでしょう。不妊治療によって40代後半で出産されている方も沢山います。最新の高度不妊治療を行えば、自分の卵子を使って、50歳目前の方の出産もありますので子供を望む女性には嬉しい話ですよね。
    出典 :高齢不妊治療