臨月に安産体操まとめ

出産直前の安静期に体操をするなんて!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
妊婦の体力の維持や、柔らかい体で出産に挑むためにも、安産体操は大事なのです。

view27939

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 臨月とは、妊娠10ヶ月(在胎週数36週0日から39週6日)の事を指します。
    ここでは、その臨月中にやるとよいお勧めの安産体操をご紹介していきたいと思います。

  • 適度な運動をしてお産の体力を養おう

    臨月になると動くのがおっくうになったり、なんとなく不安で家に込もりっきり、という人もいますが、お産本番での体力をしっかり養うためにも、また、気分転換のためにもできるだけ体を動かすようにしたいもの。
    出典 :臨月にやるべきこと&タブー - gooベビー
     

    適度な運動で体力を落とさないように気を付けることが大切なのですね。

  • 適度な運動は、妊婦や赤ちゃんにとってもいい!!

  • 『安産体操』についてご紹介していきたいと思います。

  • 安産体操とは出産に向けて、骨盤底筋や股関節を鍛えたり、柔らかくしたりする体操です。筋肉を鍛えたり柔らかくすることで、産道が広がりやすくなりお産がスムーズに進みやすくなります。特に普段から運動をしていない人や、体力がない人、体が硬い人にお勧めです。
    出典 :安産体操-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    その名の通り『安産』を目的とした、妊婦さんが安全に赤ちゃんを産めるようにするための体操です。
    妊娠中の妊婦さんは体力も低下しがちです。

  • おうちでできる安産体操!!

  • 妊婦体操をする前の注意点
    ・切迫流産、切迫早産などで「安静」の指示のある人はしない
    ・お腹か張る、痛む、出血があるときは中止
    ・空腹時、食後30分、入浴後などは避ける
    ・1日30分くらいが目安
    出典 :妊婦体操で安産
     

    きちんと勉強をし、注意点をまもって、安心なマタニティーライフを過ごしましょう。

  • Q.臨月妊婦です。子宮口を軟らかくする体操とか、開きやすいようにする体操はありますか?
    A.普段からあぐらをかくのはいいそうです★あとは開脚してストレッチ等できる範囲で(^ω^)早く生みたいのなら、無理のない範囲で床拭き・階段の上り下り等お腹を張らせるといいそうですよ!!
    出典 :臨月妊婦です。子宮口を軟らかくする体操とか、開きやすいようにする体操はありま... - Yahoo!知恵袋
     

    やっぱり、無理のない程度にやるのが大切なのですね。

    階段を下りる時は、ゆっくり降りるように気を付けましょう。

  • 大事なのは続けることです。
    「やらねば」ではなく、「楽しい」を習慣にしていきましょう!

  • 安産体操② - YouTube

     

    基本的に安産運動は、体に優しい運動ですので、程よく疲れる程度で良いのです。
    赤ちゃんを産む準備体操(主にストレッチ)ということを念頭に置いて、運動をしましょう。

  • ①体重管理&ウォーキング
    この2つは表裏一体。「体重管理」のための「ウォーキング」でもあったし、「ウォーキングを快適に行い続ける」ための「体重管理」でもあったのです。シンプルにいうと、体重は4kg増におさえました。
    出典 :お産総論⑤やってよかったランキング「妊娠中」: tekuteku-blog
     

    実体験が綴られており、人それぞれ違うけど、とても参考になると思いますよ!

  • 好きな花の匂いで気持ちをリラックスさせることも大切ですね。