青汁にも使われているケールってどんな効果がある!?

青汁にも使われているケールというのは
どんな野菜でどのような効果が
あるのでしょうか

view88

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ケールとは何か

  • ケールは緑黄色野菜の一つであり、栄養価が特に高いことから緑黄色野菜の王様とも呼ばれる。独特の臭み・苦味があるため、日本では料理に利用されることは少ないが、青汁の主成分として利用されている。
    出典 :ケール - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism
     

    とあるCMでおなじみの青汁にもケールは使われています

  • ケール(アブラナ科)はキャベツの一種で、普通のキャベツは結球しますが、ケールは不結球性で、一年中栽培できる生命力の非常に強い緑黄野菜です。栄養価が高く、一年中栽培できることから青汁の原料として使われるようになりました。
    出典 :ケールの効果・効能|ケールはなぜ健康によいのか
     

    栄養価が高いので青汁に使われているようです

  • 効果・効能は

  • ビタミン類、ミネラル類は他の野菜を圧倒するぐらい栄養素が豊富で、ビタミン類、ミネラル類のバランスが絶妙。ほかにも豊富なカロチンが含まれ、食物繊維も多く含まれているのです。
    出典 :ケール 緑黄色野菜大百科
     

    これだけでもすごいですよね

  • 生活習慣病はもちろん、貧血、神経痛、骨粗鬆症、更年期障害など、たくさんの病気の予防には最適。
    出典 :ケール 緑黄色野菜大百科
     

    病気の予防に最適とは本当です

  • 「緑黄色野菜の王様」と呼ばれています。 なんとβ-カロテンはトマトの5倍、牛乳の2倍も多くのカルシウムが含まれています
    出典 :野菜の王様ケールとは
     

    日本人はカルシウムが不足しがちなので嬉しいです

  • 脂肪燃焼ビタミンとも呼ばれているビタミンB1・B2を含み、脂肪燃焼を促進することができる。また、食物繊維には余分な脂質を吸着して排出する効果や便通を改善する効果があり、ダイエット効果が期待できる。
    出典 :ケール - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism
     

    ダイエット効果も期待できるのは良いかもしれないです

  • 青汁ですが

     

    おすもうさんなんかも取り入れて
    飲んでいる人は多いそうです
    なんだか、意外と健康に気を使って
    いるのが可愛くも思えますね

  • 抗酸化物質であるルテインは特にケールに多く含まれています。
    出典 :ケールの効果・効能|ケールはなぜ健康によいのか
     

    これはアンチエイジングにも期待できるかも

  • 気になるカロリーは

  • ケールのカロリーは100g(1束)で28kcalのカロリー。ケールは100g換算で28kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は285.71g。炭水化物が多く5.6g、たんぱく質が2.1g、脂質が0.4gとなっており、ビタミン・ミネラルではビタミンKとモリブデンの成分が高い。
    出典 :ケール - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism
     

    カロリーはこちらになります

  • 効果的な食べ方は?

  • 日本では前述した通り、ケールはそのほとんどが青汁用として栽培され、健康飲料として市場に出回るのがほとんどです。
    出典 :ケール 緑黄色野菜大百科
  • ケールそのものを

     

    インターネットで販売している所も
    増えてきているようです
    健康管理をきにする日本の今の
    風習に合わせているのかもしれませんね