妊娠初期にマイスリーを服用する場合

妊婦さんが妊娠前から飲んでいるマイスリーを服用することは妊娠に影響がでないのでしょうか?

view410

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • マイスリーとは?

  • マイスリーとは、即効性のある睡眠薬の一種であり、正しく利用することで、眠れない夜の心強い味方になってくれます。特に、なかなか寝つくことのできない不眠症などの症状を患っている方に処方されることが多いです。また、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬であることから、ハルシオンなどのベンゾジアゼピン系睡眠薬と比べて、副作用の症状も軽くなっています。
    出典 :睡眠薬「マイスリー」の特徴と正しく利用するために知っておくべきこと | iGotit
     

    妊娠前から不眠症の症状があったひとにとっては大事なお薬です。やはり妊娠してしまうと服用にも慎重さが必要になります。

  • マイスリー

  • 妊婦さんとマイスリーの関係

  •  

    睡眠が十分とれないと妊婦さんにとってもお腹の赤ちゃんにとってもマイナス要因が増える結果になります。

  • マイスリーは、睡眠薬の中でも、胎児への影響がかなり少ないという分析結果が出ています。精神科医も、産婦人科医も、意見は分かれます。「服薬中の妊娠は絶対にNG」と言う医師もいれば、「胎児へのリスクの少ない薬を選びましょう」と言う医師もいます。
    出典 :マイスリー服用中の妊娠について - Yahoo!知恵袋
     

    医師によっての見解がわかれると妊婦さんは困惑してしまいますが実際によく話を聞いて判断をする必要があります。

  • 学会からの報告では、マイスリーを継続的に服用した場合の副作用は以下の通りです。 ①一般的な副作用として、起床した後の眠気、倦怠感、ふらつき、めまいなどがある。②また場合によっては、睡眠歩行、睡眠運動、奇怪な行動などの危険な睡眠行動を引き起こす可能性がある。③薬物(マイスリー)依存性があり、服用を中止した場合に精神錯乱や発作が発症するケースがある。
    などです。
    出典 :マイスリーの副作用・妊婦 睡眠薬「マイスリー」の解説・口コミ
     

    どうしてもマイスリーを服用しなければならないか?代用できるものはないのか?などを妊娠中ということを念頭に考える必要もあります。

  • 睡眠障害と妊婦さん

  •  

    一人の体ではないということを自覚した時に迷うのは当然だと思います。

  • これまで睡眠障害がありマイスリーを長く服用していた人にとっては既に依存性が
    出来ている場合もあります。妊娠中ということを捉えて今このマイスリーを断薬できるのか
    否かということを専門医を交えてよく話し合うことを最優先してください。

  • マイスリーを断薬できるか・・・?

     

    睡眠を確保するのかリスクを抱えるのかとても厳しい選択になる場合もあります。

  • 妊娠中の妊婦の方が睡眠薬を服用する場合には、そのリスクにおいて十分に理解し、睡眠薬を服用することによる生じるリスクと、不眠症状を解消することによるメリットを天秤にかけ、睡眠薬の服用を考える必要があります。なぜなら、妊娠中の睡眠薬の服用は、睡眠薬に含まれている成分が胎児の体内に流入することで、様々な悪影響を胎児に与える可能性があるからです。
    出典 :妊娠中の妊婦の方が睡眠薬の服用を検討する際に知っておくべきこと | iGotit
     

    難しい選択になりますがやはり胎児への影響をゼロにしたいのはどなたも考えることなのです。

  • 9ヶ月以降の妊娠後期においては、エストロゲンという卵胞ホルモンの分泌量が増えていきます。プロゲステロンとエストロゲンのバランスは、眠りに大きな関係があり、エストロゲンの分泌量が増加すると夜に寝つくことができなくなったり、夜中に目が覚めてしまう不眠症状を引き起こすことがあります。
    出典 :妊娠中の妊婦の方が睡眠薬の服用を検討する際に知っておくべきこと | iGotit
     

    ここをうまく乗り越えられるか否かがマイスリーの服用の続行か断薬かを決めるボーダーになります。

  • 睡眠障害と漢方薬

  • 漢方の場合は自然な眠りを妨害している体の原因を取り除くことで、不眠を解消していきます。つまり、漢方を服用して不眠を解消する場合は、根本から不眠を改善できる可能性があるわけです。
    出典 :不眠に効果的な漢方は?漢方で体質から睡眠を改善! | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    マイスリーのリスクを回避しながら睡眠障害を治していくという選択があります。