これは知っておきたい!妊娠時に食べると良い食品

妊娠したら、元気な赤ちゃんが生まれるまで最適な環境で生活したいものですよね。食べ物だって気をつけて体内に摂り入れましょう。

view185

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • バランスを心がけて

     

    妊娠 でまず必要となるのは、筋肉、皮膚などを構成するたんぱく質です。良質なたんぱく性食品である魚、肉、大豆製品には異なった働きをもつ脂肪酸が含まれているので、やはりバランスよく摂ることが大切です。ビタミン、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムなど)、葉酸、食物繊維も多めに摂るように心がけてください。その一方、脂質、食塩は一般的に摂取量が多めとなる傾向にあるので摂り過ぎないようにしてください。

  • 妊娠 中は葉酸を摂るようにとよく言われますが、その主たる理由は、葉酸が赤ちゃんの脳神経の発達と神経管の形成に関係するからです。日本では二分脊椎などの神経管閉鎖障害という病気が1万人に約3人の割合で出るようですが、葉酸の摂取で発症のリスクが低減すると言われていて、妊娠 の可能性のある女性は1日0.48mg(2009年に0.4mgから改定)以上を食物かサプリメントで摂ることが勧められています。「妊娠の可能性のある~」というのは、神経管は妊娠7週(2ヶ月)には形成されるので、妊娠 がわかってから服用を始めても間に合わない可能性が高いからです。
    出典 :2/6 妊娠中の食べ物・飲み物の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
     

    葉酸は初期に摂取するといいんですね。

  • 妊娠中のサプリメントといえば、葉酸が推奨されていることもあり、妊娠中のサプリは日本でもだいぶ身近になってきました。それでも、外国人は妊娠 中に何種類ものサプリを摂りますが、日本人はまだ何となく抵抗がある方が多いようです。

    妊娠中は、各栄養素に付加量が決められていて、ビタミンやミネラルの一部では、サプリメントを利用することで付加量を比較的簡単に確保することができます。しかし、サプリは特定の栄養素を補給できても多くの成分を補給することはできません。食品は多くの栄養素を含む点でサプリメントに勝っています。

    サプリメントを利用する場合の重要な注意事項は、表示をよく見て、過剰摂取にならないようにすることです。
    出典 :4/6 妊娠中の食べ物・飲み物の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
     

    サプリメントは内容をよく理解して効率よく摂取しましょう。

  • つわり中の食事は「食べられるときに、食べられるものを、食べられるだけ食べる」が基本で、栄養面のことはあまり考えなくてもいいでしょう。空腹感が悪心(吐き気)や嘔吐を誘発すると考えられているので、少量で1日に5~6回に分けて食べるのが有効で、夜中にも3~4時間ごとに何か口に入れることが効果的と考えられます。

    嘔吐を繰り返すことの脱水を防止するために、水分摂取は大切ですが、大量の水が急に胃を拡張することで、反射的に胃が収縮して嘔気につながることがあるので、氷のかけらを口の中でゆっくり溶かして水分を補給するのもいいでしょう。
    出典 :5/6 妊娠中の食べ物・飲み物の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
     

    つわり中は体と相談しながら、水分補給も忘れずに。

  • 主食を精製していないものに変えてみましょう。
    精製していないものには、ミネラルが沢山含まれています。ミネラルは神経を静めたり肌の伸びをよくしたりする、とても大事な成分です。
    出典 :助産師が教える妊娠中に良い食べ物・食べ方
     

    妊娠を機に未精製の食べ物にチャレンジするのもよいでしょう。

  • 臨月になったら毎日納豆を食べましょう。
    納豆が嫌いな人には申し訳ないのですが、納豆に含まれるはビタミンKは赤ちゃんの出血傾向を抑えるビタミンです。狭い産道を通ってくる時の頭蓋内出血や、新生児メレナといい消化管出血の予防にもなります。苦手な人は薬味を沢山いれて、パンの上にのせて溶けるチーズをのせてトースターでピザ風にすると意外に食べられるようです。
    出典 :助産師が教える妊娠中に良い食べ物・食べ方
     

    納豆嫌いの人は、臨月までに克服できるとよいですね。

  • [1] 外食は洋食よりも和食をメインに
    [2] 揚げ物にはラードは厳禁
    [3] 肉は種類で選ぶ(牛・豚肉より鶏肉を、ささみがベスト)
    [4] 炒める時余分な油は一度捨てる
    [5] 脂身は食べない
    出典 :妊娠中の食事について|「妊娠から出産まで」 - はっぴーママ.com
     

    減脂を心がけましょう。

  • [1] ジャムは減糖タイプを使う
    [2] フルーツは無糖ヨーグルトにからめて食べる
    [3] 砂糖を三温糖や黒砂糖などに代える
    [4] 脂肪の多い食品と一緒に砂糖をとらない
    [5] 甘いお菓子は空腹時を避けて食べる(量が多くなり過ぎてしまうため
    出典 :妊娠中の食事について|「妊娠から出産まで」 - はっぴーママ.com
     

    減糖を心がけましょう。

  • 初期に必要な栄養素
     妊娠初期の流産を防ぐには黄体ホルモンが大切な役割を果たします。黄体ホルモンは良質なたんぱく質とコレステロールによって作られます。これらを手軽に摂取できる食品は牛乳と卵で、毎日牛乳1杯と卵1個をとることができれば十分です。その他、ビタミンA・B・C、鉄分も妊娠初期に必要な栄養素です。
    出典 :妊娠中の食事のポイントを月齢別に見てみましょう
     

    妊娠初期は、卵とビタミンと覚えましょうね。

  • 妊娠後期は特にのどが渇きやすくなりますが、妊娠中毒症を防ぐためにも水分と塩分は控えめにしなければなりません。水分は1日に1500mlが目安で、果物をとる際には含まれる水分にも注意をすることが必要です。もも、なし、りんごには1個に約150mlの水分が含まれています。利尿効果が高いカリウムを多くふくむ食品を上手にとるなどの工夫をするとよいでしょう。カリウムを多くふくむ食品には、きゅうり、スイカなどの瓜類があげられます。
    出典 :妊娠中の食事のポイントを月齢別に見てみましょう
     

    水分は摂り過ぎに注意が必要です。

  • 好きだったものが、ある日突然見るのもイヤになる、というようなことでつわりに気づくことも少なくありません。多いのがおなかがすくと気持ち悪くなるという症状です。解決法としては、胃をからっぽにしないよう、何回にも分けて食べることです。外出のときは、バッグにクッキーとかクラッカーを入れておく、朝も食事の支度前にバナナを1本を食べる、というようにするのもいい方法です。
    出典 :妊娠初期の食事(注意点・つわり)
     

    妊娠初期に気を付けましょう。

  • つわりのときは、酸っぱいものが好きになる、とよくいいますが、これは人によって違うようです。ただ、酸味のものは食欲のないときには食欲増進作用になるので試してみるのもおすすめです。きゅうりや、うどなどの酢の物もいいですし、焼き魚、肉のソテーなどにはレモン汁をかけるなどすると食欲増進になります。サラダにもレモン汁をたっぷりかければ、ビタミンCの補給にもなるのでおすすめです。梅干しは塩分が強いので食べ過ぎに注意してください。
    出典 :妊娠初期の食事(注意点・つわり)
     

    食欲減退は酸味で乗りきりましょう。

  • 食欲がないとき無理に食べる必要はありませんが、だからといって、お菓子や果物ばかりというのは問題です。料理を作るのが嫌だったら、さしみ、冷やっこ、サラダなど火を使わなくても食べられ、しかも低カロリーのメニューにするのもいいでしょう。食べられる範囲で、栄養のバランスは心がけるようにしましょう。
    出典 :妊娠初期の食事(注意点・つわり)
     

    食欲のないときは、無理せず、軽くても身体によいものを摂取しましょう。

  • 野菜が余り得意でないママも一度野菜ジュースに挑戦してみてはどうでしょう。
     妊娠時期の嗜好は通常の時とは変わりやすいため野菜そのままで抵抗が
     ある場合など、最近の野菜ジュースは果物も入って口あたりがよく
     飲みやすいものも多く出ています。
    出典 :妊娠中のお食事に注意点とお勧めグルメ
     

    野菜はミックスジュースにすると飲みやすくなります。

  • ■貧血の改善には?■
     鉄分を含む魚や野菜をとるようにしましょう。レバーなどもお奨めです。
     またプルーン等でも鉄分は補うことが出来ます。
    出典 :妊娠中のお食事に注意点とお勧めグルメ
     

    貧血が気になる方は鉄分を意識して。