胃がんについての疑問まとめ

胃がんの死亡率は40歳代後半から増加し始め、男女比では男性のほうが女性より高い病気である。ただし、死亡率の年次推移は、1960年代から男女とも減少している。早期発見・治療が効果的で、摘出手術ほか、様ざまな治療法がもちいられている。

view511

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胃がんの基礎知識

  • 日本のガン死亡率2位は胃がん?

     

    現在、日本のガン死亡率1位は肺がんだが、胃がんは2位と、未だに死亡率の上位を占める。

  • 胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になったものです。細胞の分類としては、組織型(顕微鏡で観察したがん細胞の外見)のほとんどが腺がん用語集アイコンで、分化度用語集アイコンは大きく分類すると、分化型と未分化型に分けられます。同じ胃がんでも、細胞の組織型や分化度で治療方針は異なります。
    出典 :胃がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 最近は胃がんの早期発見の大切さがかなり認知されてきました。自分自身を守るために、必要な知識を得ましょう。
    出典 :胃がんの基礎知識 | 日本対がん協会
     

    正しい知識を得ることが、治療の第一歩。

  • 胃がんの原因

  • 胃がんの原因には食生活が関係している?

     

    野菜、果物が不足しないような食生活が大事。

  • はっきりとした胃がんの原因は解明されていませんが、日本人の生活様式の変化、特に食生活を中心とした生活習慣に強く依存しているようです。
    出典 :胃がんの解説 症状│生活習慣病を予防する 特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
  • 胃がんによる非喫煙者の死亡危険度を1.00とすると、男性喫煙者の胃がんによる死亡の相対危険度は1.45になるという調査結果があります。非喫煙者と比較すると、喫煙者の胃がんで死亡する率は約5割増しというわけです。
    出典 :胃がんの危険性も喫煙者は50%増し|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 禁煙で胃がんのリスクは改善される。

     

    タバコは肺がんだけでなく、胃がんの原因にもなる

  • 10年位前までは日本の世界一胃がんが多い国だと言われていました。現在は、日本は世界のうちでも肺がんが多い国と言われるようになりましたが、胃がんに苦しむ患者さんは今もなお、非常に多い状況です。
    出典 :胃がんの原因としてのピロリ菌
  • 胃がん検診

  • 胃がん検診を行うことで、早期発見が可能になる。

     

    胃がん検診を受けて早めの発見・治療を行うことで、生存率もアップ。

  • がん検診の目的は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことでがんによる死亡を減少させることです。
    出典 :がん検診について:[がん情報サービス]
  • がんの中で最も患者さんが多いのが胃がんです。ふだん、胃の調子がおかしいなと思わないうちに早く見つけて治療すればほとんど治癒が可能です。
    出典 :胃がん検診について | 日本対がん協会
  • @8131mmd 明日は早起きして胃がん検診でした…8時以降は食べちゃダメ…なんか緊張してきたので、今日のところは遠慮します。(というかもうなくなりましたよね?w)
  • 朝6時半起きで市の総合健診に参加、なんとか低血糖にならずに超音波・胃がん検診受けられました。でも低血糖よけにBasal下げたりしてたら血糖値が260やら280やら。。。検査が終わるまで絶対に補食できない、と思って、150前後を狙うんだけど、上がりすぎちゃいました。--;
  • 胃がんの治療法

  • 胃がんの治療方法には様ざまなものがある。

     

    近年は症状や程度に応じて、大きな手術が必要ないケースも。

  • 通常の胃がんの手術は、お腹を縦に大きく切って行われます(開腹手術といいます)。
    最近では、お腹に開けた小さな孔からカメラや手術器具を挿入して行う腹腔鏡手術が早期がんを中心に行われるようになりました。
    出典 :胃がん|がんの種類について|がん研究会
  • 胃癌の進行の程度が速く、病変部の大きさもある場合、胃全摘出術が実施されることがあります。
    出典 :胃全摘出術 | 胃がん調べるネット
  • 胃早期癌については、内視鏡治療が長足の進歩を遂げています。施設によっては、早期癌治療は内視鏡を第一選択としている施設も増えてきました。
    出典 :胃癌の手術 イラストでみる胃疾患 飯原医院.jp
  • 摘出後の食事

  • 胃がん手術のあとは、どんな食事が好ましいか?

     

    胃がん手術後の食事について。

  • 胃がん手術後の食事:1回の食事量は無理をせず少なめに、たくさん食べられないときは、回数を多くしましょう。
    出典 :胃がん手術をうけられた患者さんへ:食事のとり方 | 竹村雅至先生のウェブサイト
     

    無理な飲食は避けるようにしたい。

  • 胃は食物を貯留し、消化する働きをしています。胃が切除されると、これらの機能が障害されますが、退院後の食事に、原則的には制限はありません。また、手術後しばらくの間は胃の機能が低下しているので、細かくきざんだり、やわらかく煮込んで、消化の良い食事をするようにしましょう。自分の体の状態に合わせて、いろいろな食品からいろいろな栄養をとることが大切です。
    出典 :手術を受けたあと:[がん情報サービス]