失明の恐れも!ヘルペス性角膜炎について知ろう

ひどい場合には失明するかもしれないヘルペス性角膜炎
どんな症状があるのか、どういう治療方法があるのかを調べてみました。

view553

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヘルペス性角膜炎とはどんな病気?

  • ヘルペス性角膜炎

     

    ヘルペス性角膜炎の症状です。

  • ヘルペスは性器や口唇以外にも感染します。例えば、角膜にも感染し、角膜ヘルペスと呼ばれます。 この角膜ヘルペスは病気の名前ではヘルペス性角膜炎と呼ばれます。原因となっているヘルペスウイルスの種類は単純ヘルペスウイルスです。 このウイルスが感染するとことで角膜炎を引き起こすのです。
    出典 :ヘルペス性角膜炎について // ECP Medical Book //
  • ヘルペスウイルスの多くは乳幼児の頃に初感染を起こし、身体の中の神経組織に潜むようになります。 神経組織に潜んでいたウイルスは、発熱・紫外線・ストレスなどをきっかけに再び活動を開始し、角膜へ移動して角膜炎を起こします。これがヘルペス性角膜炎です。 ほとんどの人は発症しませんが約0・05%の方が発症します。
    出典 :ヘルペス性角膜炎について // ECP Medical Book //
     

    重症例では失明する可能性のある緊急性の高い病気だとか。気をつけないと!

  • 複数回再発すると、角膜表面の損傷がひどくなり、角膜に濁りを生じて視力障害を残したり、角膜が薄くなって穿孔したりすることもあり、最悪の場合、角膜移植が必要となることもあります。
    出典 :単純ヘルペス性角膜炎の症状と治療法
     

    何回も罹るとやっかいです

  • ウイルスが病変部にいるかどうかによって区別されます。 角膜の上皮に角膜炎を起こす上皮型の角膜ヘルペスは、活動性です。 角膜のさらに深い部分である実質で、ウイルスに対する抗原抗体反応が起きている実質型の角膜ヘルペスでは、すでにウイルスがいない非活動性のことが多いんです。
    出典 :角膜ヘルペス
     

    ヘルペスウィルスにも種類があるんですね

  • ヘルペス性角膜炎の症状は?

  • 目が濁ってます

     

    角膜が痛んでます。これが角膜炎の症状です

  • 眼の痛み・ゴロゴロ感・充血・涙・眩しさ・まぶたの腫れなどが症状としてでてきます。また、角膜が白く濁って視力が低下することもあります。ヘルペス性角膜炎の場合は両眼同時に発症することは少なく片眼のみに発症することが多いです。
    出典 :ヘルペス性角膜炎について // ECP Medical Book //
     

    片目で発症します。

  • 膜ヘルペスの症状としては、目が痛んだり、涙がよく出るようになったり、黒目のまわりが充血するようになります。 これらの症状に一致すれば、間違いなく角膜ヘルペスです。 ウイルスが角膜に住み着くと、角膜炎になったり、角膜が白く濁ってしまうのです。
    出典 :角膜ヘルペス(ヘルペス性角膜炎) | ヘルペスは正しい知識で、上手に対処・治療しましょう!!
  • 単純ヘルペス性角膜炎の初期の症状は、目が少し痛んだり、目が赤くなったり、涙目、明るい光に過敏になったりします。目の周りの皮膚に小さな水疱がみられることもあります。まれに炎症が悪化して角膜が腫れ、視界がかすむこともあります。
    出典 :単純ヘルペス性角膜炎の症状と治療法
  • ヘルペス性角膜炎の治療法

  • 治療には、トリフルリジン点眼薬、ビダラビン軟膏などの抗ウイルス薬が処方されます。抗ウイルス薬のアシクロビルを内服することもあります。
    出典 :単純ヘルペス性角膜炎の症状と治療法
  • 治療で症状は無くなってもウイルスは神経に潜み続けています。発症の原因はよく分かっていませんが、角膜の屈折矯正手術や、ある種の点眼薬を使い続けていると再発することが知られています。上皮型で、抗ウイルス剤が効けば治るのですが、実質型では再発を繰り返すことがしばしばあります。
    出典 :角膜ヘルペス
     

    再発を防ぎましょう

  • もともと感染しているかもしれないヘルペスウィルス。
    これが角膜に感染してしまうと、角膜炎になってしまいます。ヘルペス性角膜炎の場合は、再発防止に気をつけて、何度も発症しないようにしましょう。角膜が傷付いてしまったらいけません。