【お腹のなかでも英才教育?!】胎教のあれこれ

皆さんは『胎教』をご存知ですか?
『まだお腹の中にいるうちから勉強なんて…』そう考える方もいらっしゃるかもしれません。ですが実はこの『胎教』、何も『勉強』だけが全てではないのです。おかあさんと赤ちゃんのコミュニケーションの一環としての『胎教』。これにとても良い効果があると言われているのです!

view270

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『胎教』とは?

  • 胎教とは胎内教育のことを言います。胎教となるとどうしても早期教育のことや、胎児に勉強をさせることをイメージする人が多いようですが、そうではないです。教育とは勉強やしつけだけをする事だけが教育ではなく、スキンシップをしたりコミュニケーションのことを教育といいます。
    出典 :胎教とは
  •  

    『胎教』というと、どうしても『英才教育』『勉強漬け』というイメージが強くなってしまいがちですが、『おかあさんと赤ちゃんのコミュニケーション』も立派な胎教の一つなのです!

  • 胎児期に親からよい情報を与えることにより、潜在意識に組み込まれた情報が赤ちゃんの記憶となり、その記憶の遺伝子が後の子どもの脳と身体の記憶になると言われています。この時期によい母子関係をつくると、人を思いやることのできる、しかも賢い子どもの土台づくりができます。
    出典 :胎教とは
  • 『胎教』のメリット

  • では実際に『胎教』を行うことで、どのようなメリットがあるのでしょうか?見ていきましょう。

  • 1 夜鳴きがなくなる。
    2 昼の時間におきてくれているので刺激がしやすい。
    3 言葉を覚えやすい。
    4 情緒の安定した子ができる。
    5 体の発達が早い。
    出典 :胎教とは
  • 胎教の効果で一番に注目したいのは、『親子間のきずなが深まること』です。お腹にいるときからお母さんと胎児とのコミュニケーションが築けているので、赤ちゃんが生まれたあとのコミュニケーションも比較的うまくいきやすい!!
    出典 :胎教が赤ちゃんにいいワケ | @安産のためのマタニティガイド マタニティヨガや胎教のはじめ方
     

    そもそも、胎児のうちからおかあさんの『言葉』や『英語の歌』等の意味を理解できているはずはありません。胎教で何よりも大切なのは『おかあさんと赤ちゃんのコミュニケーション』のスタートを早い段階からはじめてられる為、じっくり絆を深めていける、という点なのです。

  • 赤ちゃんはお腹にいるときから、いろいろなことを学んでいます。
    そして、いろいろなことを感じ取っています。もちろん、お母さんからの愛情もですよ。
    出典 :胎教が赤ちゃんにいいワケ | @安産のためのマタニティガイド マタニティヨガや胎教のはじめ方
  • 胎教は『お母さん』にとっても必要なもの

  • お腹の子どもが健やかに育ち生まれてくるためには、妊娠中のお母さんの精神状態が深く影響します。妊娠中は情緒不安定になりやすく、イライラしたり不安になったりしやすいもの。それは赤ちゃんに伝わって情緒が不安定な子どもになってしまうかもしれません。
    出典 :出産前から始める手のかからない赤ちゃんを授かる為の胎教の効果 | 美容ブログ [女性の美学]
  •  

    おかあさんの心が乱れてしまっていると、お腹の赤ちゃんにまでその不安が伝わってしまうのかもしれませんね。
    おかあさんはリラックスし、幸せな気持ちを赤ちゃんにも届けてあげましょう!

  • お母さんがリラックスして、生まれてくる赤ちゃんに深い愛情を覚えながら妊娠中を過ごすことはとても大切なこと。胎教は赤ちゃんだけでなく、お母さんにもいい効果を与えてくれると言われています。
    出典 :出産前から始める手のかからない赤ちゃんを授かる為の胎教の効果 | 美容ブログ [女性の美学]
     

    『胎教』を通して、『自分と赤ちゃんの間に絆がうまれる』ことがおかあさんの精神状態に良いように作用するのです。

  • お腹の中の赤ちゃんには聞こえているの?

  • 妊娠5カ月くらいには赤ちゃんの聴覚ができるので聞こえますし、それ以前でも振動は伝わります。おなかを通して手のぬくもりも伝わることでしょう。
    出典 :安産と胎教|プレママタウン
  • 最近の研究では、妊娠後期の胎児はある程度五感が発達しているとは言っても、実際に声が声として聞こえているかと言えば、そうではない、と言う事実が判明したと言われています。
    出典 :胎教は赤ちゃんに聞こえない?聞こえている?
     

    胎児のうちから『耳が聞こえるようになる』とは言われていますが、実際にお腹の外で話しているおかあさん、おとうさんの声がはっきり聞こえているわけではないようです。

  • ただし、振動的には伝わっていると言う事ですから、全く何も伝わって居ない訳ではありません。要は、胎教に良いとされる音楽や語りかけなどは、私達が聴いている様に正確な声や音としては聞こえないが、振動として伝わってはいる、と言う事です。
    出典 :胎教は赤ちゃんに聞こえない?聞こえている?
  • 母親、父親、その他大勢の人々の話声全てが持つ振動は違っており、その振動の違いを胎児は感じ分ける能力があるとも言われています。
    出典 :胎教は赤ちゃんに聞こえない?聞こえている?
  • 『効果』を求めすぎないことも大切

  • 胎教は、胎児の「教育」だけではなく、 母と子の絆を深めるための、手段の一つにすぎないということです。ですので、胎教にあまり多くのことを求めすぎず、あくまでも母親の母性を大事にして欲しいと思います。
    出典 :胎教が持つ意味 - ベビープラスの口コミ評判と効果
  • いかがでしたか?
    今回は『英才教育』としての『胎教』ではなく、『おかあさんと赤ちゃんのコミュニケーション』としての『胎教』の重症性について学んできました。言葉はわからなくても、おかあさんのお腹の中にいる赤ちゃんなのですから、幸せな気持ちや、大切にしたい、と思う気持ちはお互い伝わるような気がしますよね!