何がある!?「大腿骨骨折の後遺症」についてのまとめ!

大腿骨骨折の後遺症は何があるのでしょうか?出来れば元通りに治ってほしい所ですよね。

view678

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腿骨骨折の問題点は

  • 大腿骨骨折が特に問題になるのは、どうしても力が入る部分だけに、動かすと痛みも大きいことから、身体を動かすのがおっくうになることです。もし、高齢者が身体を動かさなくなれば、身体の筋肉が衰えてしまい、寝たきりとなり、床ずれや肺炎などの合併症などを引き起こす原因となるからです。
    出典 :大腿骨の骨折の問題点と注意点とは | 大腿骨近位部骨折の対処方法 | リハビリネット
     

    このような事になりかねないのです。

  • 骨折をすると

     

    嫌でも低下するのが、日常生活動作と呼ばれるものになります。私生活をふつうに過ごすのがとても困難な状態になると言えば分りやすいかもしれませんね。

  • 実際には、ヒトは下半身より上半身の方が重いことから、その上半身を支えるために脚の骨は、非常に強靭な構造になっています。そのため普通の状態であれば、なかなか骨折したりはしません。もし若い人が骨折するとすれば、高い所からの転落、交通事故、ラグビーなど激しい運動などで外部から激しい衝撃があった場合です。
    出典 :大腿骨の骨折の問題点と注意点とは | 大腿骨近位部骨折の対処方法 | リハビリネット
  • 高齢者、特に閉経した女性の高齢者では骨粗鬆症(こつそしょうしょう)にかかっている場合が多く、布団の上で転倒しただけでも骨折してしまいます。実際、我が国では2007年で約15万件もの発生があり、さらに高齢化が急速に進んでいることもあって、今後15年で1.5倍~2倍に増え、何と2042年には32万件もの数が予想されています。
    出典 :大腿骨の骨折の問題点と注意点とは | 大腿骨近位部骨折の対処方法 | リハビリネット
     

    問題点と注意点という訳になりますね。

  • 後遺障害等級との関係もある

  • 大腿骨頚部骨折により股関節に一定の可動域制限(健側の3/4以上制限)などが残った場合には、12級以上の等級が認定されます。 可動域制限が認められない場合でも、痛みなどの症状が残った場合には、12級もしくは14級の等級が認定されることがあります。
    出典 :大腿骨頚部骨折の基礎知識
     

    このような事が起きる場合も少なくはありません。

  • 1.手術や修復技術による後遺症 2.怪我による後遺症 3,薬剤による障害 等が考えられますが、何がどのように出るかは全く解りません
    出典 :大腿骨骨折の後遺症 - その他(健康) - 教えて!goo
     

    このようなものが後遺症として現れる可能性があります。

  • 膝に近い部分の骨折ですのでうまく治療しても、膝の動きが悪くなったり歩行に支障をきたしたりして日常生活が不便になる可能性がある、治療の難しい骨折の一つです。
    出典 :大腿骨遠位部骨折-日本骨折治療学会
  • 簡単に後遺症をみていこう

  • 特に高齢者の方では、例えば骨折前に普通に歩いていた方が杖が必要になったり、骨折前に杖で歩いていた方が家の中では何とか歩けるものの外出時には車椅子が必要になるなど、歩く能力が落ちる可能性があります。若い方でも重労働の仕事やスポーツには制限が残ることがあります。
    出典 :大腿骨遠位部骨折-日本骨折治療学会
  • 膝がまっすぐ伸びない、完全に曲がらないなど膝の動きが悪くなる事です。この骨折をしますと特に高齢者の方では正座ができない、和式トイレが使えないなどの不便な状態が残る可能性があります。若い方でも骨折自体が重度のものが多いため、膝の動きに制限が残ることがあります。
    出典 :大腿骨遠位部骨折-日本骨折治療学会
  • 骨折は

     

    手術法や手術機械等の進歩により以前より良くなってきていますが、やはりまだまだ難しい骨折となるのです。

  • 悪循環に陥る前に

  • 悪循環におちいると、元の良い動きはしにくくなります。そこで頑張って動かしても一旦みについた悪い動きのクセは良くなりません。この悪い動きのクセが負担となり更なる痛みや問題を引き起こすのです。当院では、痛みや不自由になる直接の原因を探り、負担や体のこわばりを取りのぞきながら痛みをへらしてゆきます。
    出典 :大腿骨骨折後遺症のリハビリ・マッサージについて | 大阪市の訪問マッサージならリピート率90%以上の心躰堂 すずき訪問リハビリマッサージセンター/東大阪市
  • 運動パターンや

     

    筋肉を鍛える感覚を覚えていく必要があるそうです。大腿骨は治療も難しいかもしれませんんが飽きらめなければいけませよ