産後、わが子にイライラ。それって病気かも

出産をすると精神的にきつくなり落ち込みがちに…
お母さんもお父さんも産後うつの存在を知っていますか?
きちんと治療しましょう。

view615

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 出産の後で気分が落ち着かない。それ、もしかしたら…

  • 「産後うつ」とはうつ病の一種です。

    出産後は、妊娠中に赤ちゃんを胎内に迎えるために変化していたホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るため、乱れます。

    それによって誘発されるのが「産後うつ」と考えられていますが、

    「産後うつ」になると
    訳もなくゆううつになってすぐ泣いてしまったり
    食欲不振
    不眠
    体がだるくなり起き上がるのも一苦労
    赤ちゃんの泣き声にもイライラ
    自分の存在価値が分からない

    などといった症状に悩まされることになります。
    出典 :産後うつ病を治そう!
  • 産後うつの可能性があるかもしれません

  • 産後うつになりやすい人

  • 原因の一つとなる性格的ことで言えば、まじめで努力家、完璧主義、責任感のある人などが産後うつに多いタイプのようです。

    このタイプの人はあまり人に相談することなく、一人で考えこんでしまいがちなので、ご主人をはじめとする家族が気をつけてあげてくださいね。
    出典 :産後うつ病を治そう!
     

    真面目すぎるのも考え物

  • 産後の苦労。抱え込まないで周りと分かち合おう

  • 産後に体に変化が

  • 産後うつを治そう

  • 心療内科・精神科でする治療は、主に
    カウンセリング
    投薬治療
    の二点を行います。
    出典 :産後うつ病の治療法
     

    基本的なうつ病の治療ですね

  • カウンセリングって何をする?

  • カウンセリングでは、悩みについてカウンセラーの方に話を聞いてもらい、精神の安定を図る自律訓練法の練習をする所も多いようです。
    出典 :産後うつ病の治療法
  • 自分も周りもしっかり把握する。

  • 産後うつは軽く考えてはいけません。
    「産後の肥立ちが悪い」「血の道」など日本語ではごく普通の
    表現になってますが、なにを示すのかは極端にあいまいな言葉で
    こういった表現の仕方が心の問題に気付かず、産後うつが認識で
    きない場合があります。

    産後うつは虐待や無理心中を引き起こす場合がありますから
    周囲は本当に気をつけなくてはいけません
    出典 :カウンセリングルーム M.heart 産後うつ #1
     

    適当はNG 周囲の人も気を抜かない

  • カウンセリングは受けられた方に好評です

  • カウンセリングを受け、自分の辛くなる原因がわかり少しずつ、心が楽になって行くのを感じました。ちょうどそのころNHKで九州医大の産婦人科での、産後の母親の為の精神的なケア及び産後鬱について、テレビで放映されていました。それを見て産後鬱の症状の経過が、私自身の辛かった症状とそっくりだと知りました。今になり思い返してみて、あれは産後鬱だったのでは?とあらためて思います。あの時カウンセリングを受けていなければ、今自分はどうなっていただろうと、ふっと思います。
    出典 :♥ 産後育児、子育ての悩み - ~ようこそ❤ティン空へ~心理カウンセラー今村範子
  • 投薬治療

  • 病院に通院して薬を飲み、医者の言うことを聞いて息子を保育園に預け、家で休んでいたら、
    とりあえずは安定してきました。
    出典 :産後うつで通院し、薬で治ったママさんいらっしゃいますか? 今一ヶ月半の娘を育て... - Yahoo!知恵袋
  • 落ち着いて何より

  • 効果が出るのに時間がかかるので、焦らずに

  • うつ病治療は「抗うつ薬」などの薬がもちいられますが、同時にうつ病を引き起こしたストレスを取り除く為にも十分な休養が必要となるようです。
    薬の効果がでるには2~4週間、回復には3ヶ月~1年程度となるようですが、何事も焦らないのが大切!
    抗うつ薬ははじめ少量、そして徐々に増やして服用することが多いようですが、この薬に依存性や習慣性はないそうです。
    出典 :【うつ病】産後のうつ by赤ちゃんがいる生活
     

    投薬と休みをしっかり

  • 薬の服用で母乳が心配…

  • 投薬治療については、母乳をあげている母親にとって、母乳育児できるか不安になると思いますが、薬の種類によっては大丈夫です。

    主治医とよく相談することが大切です。
    出典 :産後うつ病の治療法
     

    やっぱり母乳で育児がしたい

  • 大事なパートナーと乗り越えよう

  • 実は奥さんが産後うつになると、とても熱心に支えようとするダンナさんが多いんです。頑張りすぎるあまりに、ご主人もうつになってしまうケースも問題になっています。夫婦共倒れになってしまうと、一番かわいそうなのは子ども。いかに夫婦で乗り切っていくかと言うところに目を向けていただければと思います。
    出典 :さんきゅーパパプロジェクト:父親たちで考える“産後うつ”問題