妊婦必見!腹帯はいつから?

妊娠数か月… そろそろ腹帯の時期じゃないのなんて人から言われるけれど、腹帯ってなに?腹帯はいつから着けたらいいの?腹帯しなかったママもいるの?はじめて子供を産むお母さんに、腹帯の基本をご紹介♪メリット・デメリット、腹帯したママ・しなかったママの体験談ご紹介!

view12821

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腹帯ってなに?

  • サラシの布をグルグルとおなかに巻く腹帯、伸縮性のある筒状の帯でおなかをすっぽり包む妊娠帯、サイズ調節が可能で、おなかとおしりを下からしっかり支えるマタニティガードルなどがあります。
    出典 :妊婦帯・腹帯・マタニティガードル |プレママタウン
  • 腹帯のメリット・デメリット

  • 腹帯の主な役割は?

     

    【腹帯をする主なメリット】
    ◆母子の健康
    ・腰椎周辺の負担を軽くする
    ・骨盤が広がり過ぎてしまうのを予防する
    ・子宮が安定する
    ・子宮が下がってくるのを防止する
    ・子宮、お腹の張り感を防止する
    ・お腹の冷えを軽くする
    ・お腹への衝撃を緩和する
    ・お腹の皮膚のたるみを予防する

    腹帯のメリットも沢山あります。実際使ったママの中には、「腹帯をつけていた方が腰がラクに感じて動きやすい」「なんとなく着けていたけど、暖かくて重宝した」などの意見が挙げられていました。
    マジックテープ式の手軽な腹帯から、さらしタイプ、履くタイプのガードルなど自分に合ったものを選べます。

    また、腹帯は妊娠中はもちろん出産後の体型が戻るまでの時期に「産後のお腹引き締めにも使えて、長期間愛用した」という声もあるので、妊娠から出産後まで長期間使うことを見越して少々高くても使い心地の良いものを選ぶのがオススメです。

  • 腹帯によって妊娠中毒症が引き起こされやすくなる!?

     

    正式に報告されているわけではありませんが、日本人女性が妊娠出産時に妊娠中毒症(むくみ・高血圧・尿たんぱく)が多いのは腹帯と関連があると言われているようです。

    腹帯などでへそ上までお腹を締めることによって、子宮の中で赤ちゃ んがお母さんの背骨部分に押しつけられ、その間にある大静脈が圧迫されてしまう可能性が!!
    そうするとお母さんの身体にも変化が現れます。ます、下半身から静脈血が心臓に戻ってきにくなり、その結果、足のむくみや静脈が太く 浮き出るといった症状が出るようになるんです!

    大動脈も圧迫されると腎臓に行く血液が減ってきます。すると、腎臓で尿が作られにくくなりますので、腎臓から血圧を上げてより多くの血液送る働きを促進するホルモンである「アンギオテンシン」が分泌されます。そのため、高血圧になり、腎臓の機能が低下して蛋白尿が出たりします。

  • 腹帯はいつから着けるもの?

  • 妊娠5ヵ月頃から着けはじめるもの。
    出典 :妊婦帯・腹帯・マタニティガードル |プレママタウン
     

    妊婦さんが腹帯をつけはじめるのは妊娠5カ月頃。

    というのも、日本では、妊娠5か月目の戌の日に腹帯をつけて神社に安産祈願に行く風習があります。そういう風習もあってか、5か月頃から着け始めるママが多いのですね!

    「自分でも腹帯を購入したけど、神社もらった腹帯が一番使いやすかった!」と言っている先輩ママの意見も多数見受けられました。
    まだ腹帯購入を迷っている方は、腹帯は祈願に行く際に神社で購入して気に入ればそのまま使い、必要無いと感じれば安産のお守りとして取っておくというのも賢い選択かもしれません。

    5か月だと、まだ体調も安定せずつわりが有る妊婦さんも多くいるでしょう。
    5か月目にあたる時期が気候的に暑すぎたり寒すぎたりすれば母体に負担がかかってしまいます。ムリして参拝して、体調を崩してしまっては良くないので体調と相談して、参拝を決めましょう。

  • 腹帯は必ずしもつけなければいけないものではありません

     

    妊婦さんによっては、腹帯があったほうが腰が楽で歩きやすいという方や、腹帯をしてしまうとお腹に圧迫感を感じてしまったり、温めすぎて湿疹やあせもになってしまうという方、どちらもいらっしゃいます。
    腹帯にはいろいろなメリットが考えられますが、妊娠中毒症になりやすいという報告があるなどデメリットがあるとの情報もあります。
    実際、腹帯が使われているのは日本と中国の一部の地域だけとのことで、日本人の妊婦に妊娠中毒症の方が多いのは腹帯の着用と関連があるのではないか?といわれているそうです。腹帯は世界的に見ると一般的でない妊娠用品なのです。

    腹帯を使わなくても元気な赤ちゃんは生まれてきますので、自分の身体の状態に合わせて使うか使わないか決めましょう。