精神病にならないために心がけたいこと

誰でもなる可能性がある精神疾患。今回は精神病にならないために心がけたいことをまとめました。

view1611

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 完全主義をやめる。

    物事に取りかかったら、寝食を忘れて徹底的にやろうするために生活リズムも崩れてしまう人がいますが、そうならないようにしましょう。
    また共同作業の場合には、自分にとっての完全を求め過ぎると周囲の人たちとの軋轢を生じるので、そうならないようにしましょう。
    出典 :「うつ」からの回復。うつ病 うつの予防 精神病 世田谷区 明大前 江畑クリニック
     

    完璧主義は疲れるだけです。ほどほどが一番です。

  •  

    いつでも完璧にできる訳ではありません。それを忘れず仕事をしましょう。

  • 今ストレスを抱えた生活をしているので

    あれば、なるべく体を動かして、「汗」をかきましょう。。

    汗をかく事はストレス発散しますので、気分がスッキリします。
    出典 :うつの予防法を教えてください。私は以前うつ病を患っており、今はまだ通院・服薬... - Yahoo!知恵袋
     

    運動でストレス発散は基本ですね。

  •  

    運動嫌いでもやっているうちに好きになられる方はたくさんいらっしゃいます。運動は他の病気の予防にもなりますから、やって損にはなりません。

  • 近くの公園で数分の深呼吸。出来る限り仕事で外出時は、歩くこと。
    出典 :精神病の予防: 精神病の真実について
     

    深呼吸で心を落ち着かせるのも効果的です。

  •  

    深呼吸をして心を落ち着かせると、楽になることもあります。簡単にできますので、ぜひやってみましょう。

  • 睡眠は1日5時間以上とるようにする。4時間未満の睡眠だと精神障害の発症率が急激に高くなります。
    睡眠の質を高めるには決まった時間に寝るそして起きるようにする。午前中に太陽の光をあびると15時間後に体内にメラトリンというホルモンが作られ、睡眠と覚醒のリズムを調整し、夜自然と眠くなるよう作用します。
    出典 :心の健康とストレス予防
     

    睡眠時間が影響するのですね。

  •  

    睡眠時間が短いと仕事にも影響しますので、ある程度はとれるようにしましょう。

  • 余計なかかわりをもつのをやめる。

    頼まれたら断らないではなく、自分の時間、体力、能力に合わせて引き受ける。上手にノーと言えるようになりましょう。
    出典 :「うつ」からの回復。うつ病 うつの予防 精神病 世田谷区 明大前 江畑クリニック
     

    自分の状態を把握して、できないものは断りましょう。

  •  

    できないものを無理に引き受けると相手にも迷惑です。できないものはできないと言えるようになりましょう。

  • 「出たとこ勝負」と言って、いわば開き直りをすることです。考えないと言っても無理ですので、とにかく先のことはくよくよ考えず、調子悪くなったらその時考えようということです。
    出典 :うつの予防法を教えてください。私は以前うつ病を患っており、今はまだ通院・服薬... - Yahoo!知恵袋
     

    あんまり考え過ぎないということですね。

  •  

    開き直りばかりするのも問題ですが、ときには必要な場合もあります。

  • ストレスによる不調を感じたとき、1人きりで悩まず、家族、友人、地域などから支援を受けることが大切です。非常に重要なことです。

    困ったときやつらいときに話を聴いてもらうだけでも、気持ちが楽になることがあります。話すことで自分の中で解決策が見つかることもあります。相談に乗ってもらえたという安心感も、気持ちを落ち着かせるでしょう。友人、家族、同僚、地域や趣味の仲間など、日頃から気軽に話せる人を増やしておきましょう。
    出典 :心の健康とストレス予防
     

    話し相手をたくさん作っておくことも重要というわけですね。

  •  

    自分ひとりで抱え込まないということです。

  • 見栄を張って助けを求めないのをやめる。

    弱点のない人はいないし、体調を崩したことのない人はいないので、お互いにそれを補いながら仕事をしましょう。
    出典 :「うつ」からの回復。うつ病 うつの予防 精神病 世田谷区 明大前 江畑クリニック
     

    一人でできないとわかったらすぐに助けを求めましょう。

  •  

    助けを求めるのは勇気がいることですが、助けを求めないで、他人に迷惑かけるよりはマシなはずです。