喫煙が身体にもたらす弊害について

view206

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 喫煙をすることで、身体にどんな影響があるか、その弊害について解説していきます。

  • タバコに含まれる成分とは?

  •  
  • タバコが身体に吸収される経路は?

  •  
  • ニコチン

     
     

    ニコチンの大半は肺から肺胞に入るが、残りは口腔の粘膜や唾液に溶けて胃の粘膜などから吸収され、さらに血液中に入り各臓器に運ばれていく。ニコチンは吸収が速く、喫煙直後から血中に現れて各臓器に運ばれる。肺から脳までは8秒で到達するとも言われている。

  •  
  • 一酸化炭素

     
     

    一酸化炭素(CO)は赤血球中のヘモグロビンと結合しCO-Hb(一酸化炭素ヘモグロビン)として血中に存在し、全身に運ばれ、また肺から排出される。

  •  
  • 副流煙の害

  •  
  • すぐにあらわれる副流煙の害

  •  
  •  
  • まとめ

  • 簡単にタバコの害について、解説してきました。タバコには多くの害になる成分が含まれています。
    また、タバコを吸わない人にも副流煙という害を発生させる成分があるので、注意が必要です。