妊娠中妊婦さんが注意すべき感染症について

妊娠中は特に感染症に注意する必要があります。今回は注意すべき感染症の一部をまとめてみました。

view137

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 風疹

  • 風疹が近年になく流行しています。妊婦さんが妊娠初期に初めて風疹に罹患すると、胎児に感染し白内障や緑内障などの眼症状、先天性心疾患、難聴などを引き起こすことがあり、先天性風疹症候群(congenital rubella syndrome : CRS)とよばれます。
    出典 :風疹と母子感染 2012年版
  •  

    赤ちゃんにも大きな影響を与えますのでかからないようにしましょう。

  • 先天性風疹症候群は、妊娠の早い時期ほど発生リスクが高く症状も重くなります。排卵前および妊娠20週以降の発症では基本的に永続的な障害を残しませんが、念のため妊娠24週頃まで、特に妊娠12週未満の妊娠初期は可能な限り人ごみを避け、子どもの多い場所への長居を避けるようにしてください。
    出典 :風疹と母子感染 2012年版 妊婦さんへ
     

    できることはなんでもやってみましょう。お腹の胎児のためです。

  • ご家族が家庭外で風疹にかかって妊婦さんのいる自宅に持ち込むことのないよう、同居のご家族は予防接種を受けてください。
    出典 :風疹と母子感染 2012年版 妊婦さんへ
     

    妊婦さん以外も注意しなければいけません。予防接種は一番予防効果が高いです。

  •  

    妊婦さん本人は風疹ワクチン接種を受けられないそうです。摂取するなら出産後になります。

  • 水痘

  • 妊婦が水痘に罹患した場合、母体においては重篤な水痘肺炎を引き起こす可能性があり、母体死亡率は13~14%とされる)。また、児に対しては、感染時期によって、流産、先天性水痘症候群(CVS)、早産、子宮内胎児発育不全、乳児期帯状疱疹、周産期水痘が発症する危険性がある)。
    出典 :妊娠中の水痘:帯状疱疹ウイルス初感染により妊娠第2三半期に子宮内胎児死亡に至った1症例―兵庫県
     

    かなり危険な状態になる場合があります。

  •  

    日頃から注意するしかありません。

  • リンゴ病

  • リンゴ病が原因で感染者が死亡することはほとんどないのですが、妊娠期間中に感染すると、胎児死亡などを発症します。産科医をしていると数年に1人くらいは妊娠中の感染者を診て、注意深く管理していくといった経験をしているかと思います。
    出典 :妊娠とリンゴ病(パルボ)
     

    可愛い名前とは裏腹に妊婦さんにとっては天敵です。

  •  

    妊婦とっては非常に危険な感染症です。

  • 感染経路は飛沫感染(咳などでうつる)と接触感染なので感染者が近くにいるときは、まずは近寄らないことと手洗いをしっかりやることが大切です。感染は5年毎に流行性がみられ、春から夏にかけて多いようです。
    出典 :妊娠とリンゴ病(パルボ)
     

    外出を控えるのが一番の予防法かもしれません。

  • 性器クラミジア

  • 女性の場合、自覚症状があまりない病気なので、感染を知らずに妊娠することがあります。治療しないまま経腟分娩をすると、赤ちゃんに感染する心配が。
    出典 :妊娠中のクラミジア検査|プレママタウン
     

    この感染症も赤ちゃんに影響を与えます。

  • 検査を受け、万一陽性とわかったら、きちんと処方された抗生剤を飲んで治療すれば、赤ちゃんに移す心配はまずありません。怖いのは、妊娠中に検査を受けずに感染を知らないまま、あるいは出産直前の性行為で感染したのを知らないまま、経腟分娩をした場合です。
    出典 :妊娠中のクラミジア検査|プレママタウン
     

    自覚症状があまりないので、検査しておく方が安全です。

  •  

    すぐに検査できます。ただし検査するなら30週までが目途です。

  • おたふくかぜ

  • 抗体保有率は高いので妊婦さんが感染する率は1000人に1人とか10000人に1人くらい珍しいものです。 妊娠との関係ですが、風疹などのように妊娠初期に感染すると効率で先天奇形を生じるというものではありません。感染すると流産率や胎児死亡率が上がるといわれていますが、頻度は少ないようです。
    出典 :妊娠とおたふくかぜ(ムンプス)
     

    抗体を持っている人が多いので他の感染症に比べるとそれほど心配する必要は無いかもしれません。

  • 染した場合は対処療法(痛み止めや解熱剤など)を行うことになります。ただ、できるだけ感染はさけたいのでもし抗体を持っていなければ(未感染)感染した子供さんなどには近づかないようにした方がいいですね。
    出典 :妊娠とおたふくかぜ(ムンプス)
     

    危ないところに近づかないようにするのはどの感染症にも共通していますね。