脳腫瘍の種類と症状、治療方法

脳腫瘍という言葉を聞いたことがありますか?腫瘍とは、いわゆる癌のことですので、脳にできる癌という意味です。これには、「転移性」と「原発性」の2つのタイプがあり、さらに良性か悪性かに分けられます。

view147

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳腫瘍について理解しよう

  • 脳腫瘍のほとんどが、転移性のものです。しかし、年間に1万人あたり、数人が原発性脳腫瘍を起こすと言われています。脳腫瘍は、大人だけの病気ではありません。小さな子どもも発症することがあります。

  • 原発性脳腫瘍と他の箇所に多発した脳腫瘍

     

    脳腫瘍になった場合、腫瘍がひとつだけという人もいますが、複数の腫瘍ができる人もいます。

  • 頭が痛い(頭痛)、吐く(嘔吐)、目がかすむ(視力障害)が代表的な症状で、これは頭蓋内圧亢進症状と呼ばれています。特に早朝頭痛と言われるような朝起床時に強い頭痛を訴える場合、食事とは無関係に悪心を伴わずに吐く場合などは、頭蓋内圧亢進が疑われます。
    出典 :Neuroinfo Japan:脳腫瘍について
     

    脳腫瘍になると、このような症状があらわれます。

  • また、腫瘍が他の神経細胞を刺激しますので、初期症状として、けいれんが起きる場合もあります。

  • 八王子クリニック新町 MRIによる脳ドック - YouTube

     

    脳腫瘍の検査は、CTやMRIを使って行います。自宅近くに、このような設備のある病院があれば、すぐに検査できるでしょう。また、脳神経外科やがんセンターなどでも検査ができます。

  • 脳腫瘍の診断には、画像診断(CTやMRI)が有用です。特に脳腫瘍の可能性が高ければ、造影剤MRIが極めて有効で、診察や他の検査所見の結果と合わせて良性か悪性か、またはどこから発生した腫瘍か、さらに腫瘍の組織型まで推測することが可能です。
    出典 :脳腫瘍は怖くない!|| 大阪医科大学脳神経外科
     

    MRIは、身体に無害です。心臓にペースメーカーが埋め込まれている人など、一部の人を除き、誰でも検査を受けることができます。

  • 脳腫瘍の治療方法

     

    脳腫瘍の代表的な治療として、外科手術によって腫瘍を摘出する方法と、放射線によって照射する方法があります。

  • 先進医療を用いた治療

     

    脳腫瘍になった場合、保険適用外ですが、先進医療によって治療することができます。

  • 手術による摘出術、放射線治療、化学療法(抗がん剤)、免疫療法が大きな柱となり、腫瘍の性格を見極めた上で、以上の治療を組み合わせることで腫瘍細胞の数を減らすことが治療です。
    出典 :脳腫瘍の治療|病気の話 診断と治療|医療法人社団 三喜会 横浜新緑総合病院
     

    脳腫瘍の治療には、いくつかの方法を組み合わせることがほとんどです。

  • 結節性硬化症を持つ人やその家族、および外傷、放射線、
    遺伝子異常などがあげられていますが、断定されていません。
    出典 :脳腫瘍:頭痛の症状と原因
     

    脳腫瘍の原因については、まだ解明されてはいません。しかし、上記のようなことや、パソコン、携帯電話などから発せられる電磁波の影響もあると考えられています。

  • 脳腫瘍の予防方法

  • 残念ながら脳腫瘍に予防はありません。早期発見・治療が最も大切な予防になります。
    出典 :脳腫瘍の早期発見と治療:京都新聞朝刊:ラジオ:メディア登場:武田病院グループ
     

    現在のところ、有効な予防方法は発見されていません。ただし、脳腫瘍は、転移によって起こることが多いので、健康診断など定期的に検査を受け、転移を防ぐよう心がけることは有効です。

  • コーヒーやお茶を毎日1~2杯飲むことが、日本人で最も多い悪性脳腫瘍のリスクを3割以上も下げると、ヨーロッパの大規模研究のデータが示しました。
    出典 :コーヒーやお茶が脳腫瘍を予防!
     

    まだ研究段階のようですが、カフェインは、「脳腫瘍の危険因子が増える速度を遅くする作用がある」と言われています。

  • 癌の罹患率を表したグラフ

     

    癌の罹患率で高いのは、肺がんです。脳腫瘍は、転移することも多いので、肺がんなど、他の癌に罹患しないよう注意することも予防につながります。肺がんは、喫煙しないなど、日常生活で予防できますので、生活習慣を見直すと良いでしょう。