健康管理・予防にコレステロールを下げる治療

健康管理・予防にコレステロールを下げる治療にはこのようなものがあります。メタボなど、生活習慣病にかかってしまった人・予備軍の人は参考にしてくださいね。

view493

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • コレステロールが高いとダメなの?

  • コレステロールには善玉といわれるHDLコレステロールと、悪玉といわれるLDLコレステロールがあります。
    LDLは食物から取り入れられたり肝臓で合成されたコレステロールを、血液中を通って全身に運んで、細胞膜やホルモンの合成に使われます。 ところが、血液中のLDLが増えすぎると血管壁の傷ついたところなどに付着し、結果的に血管を細くして、動脈硬化の原因になってしまいます。
    出典 :コレステロール |病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • HDLという善玉コレステロールは、高くても問題ありません。

  • 善玉コレステロールHDLの主な働き

  • HDLは体の不必要なコレステロールを回収し、肝臓に運ぶほか、血管壁に沈着したコレステロールを引き出して回収してくれます。これは動脈硬化の予防に役立ちます。
    出典 :HDLコレステロールとは | HDLコレステロールの特性・働き
  • 善玉コレステロールHDLは血管をきれいにしてくれる

  • ですから、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすことが、コレステロールを下げることにも繋がるのです。

  • 悪玉コレステロールの危険水域

  • 体の中でどの程度まで増えてしまったら危険なのか?どれくらいが基準値なのか?を見てみましょう。

  • LDLコレステロールの算出方法
    LDLコレステロール=総コレステロール-HDLコレステロール-(中性脂肪)÷5
    注)ただし中性脂肪が400mg/dl以上の場合は、この式はあてはまりません。

    基準値と変動の範囲
    LDLコレステロールの基準値は、一般男女で60~139mg/dlですが、閉経後の女性の基準値は、70~159mg/dlと高めに設定されています。異常値と判断されるLDLコレステロールの値140mg/dlは、総コレステロールでは220mg/dlに相当すると覚えておくとよいでしょう。
    出典 :LDLコレステロール:動脈硬化の最大の危険因子で異常値の方は要注意!
  • 悪玉コレステロールを下げるには?

  • いよいよ本題。
    ここからは、健康管理・予防に大切な悪玉コレステロールを下げる方法を、病院での治療も含めて見ていきましょう。

  • 食生活を改善する

  • 簡単に言うと「ちょっと昔の日本食」がベストだそうです。
    今の一般的な食事のようにお肉や卵といったタンパク質をたっぷりと摂るのではなく、野菜を多めにして味を薄くするというのがいいようです。

  • 魚介類には悪玉コレステロールを下げる効果がある!

  • 肝臓機能が強くなければ、悪玉コレステロールを処理することはできません。肝臓の機能が低下すると、コレステロールは処理できなくなり、血液中に溜まってしまい、動脈硬化や高コレステロール血症などを引き起こしてしまうのです。


    肝臓機能をアップさせる食品は、タウリンを含む食品です。

    タウリンとは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。肝機能をアップさせ、コレステロール処理能力を高める働きを持っています。

    魚介類の食事で肝臓機能をアップさせましょう。
    出典 :悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす食事・食品
  • 食べ過ぎないことや1日3食以外に間食をしないこともポイントです。

  • コレステロールを下げるには、たま~にたっぷり汗をかく運動のやり方ではなく、ちょっとした運動でいいから毎日続けることが大切です。

  • 運動の種類には、酸素を取り込まず、一気に大きな力を出す無酸素運動と、酸素を取り込みながらゆっくり少しずつ力を出していく有酸素運動の2種類があります。
    無酸素運動には、短距離や重量挙げ、有酸素運動にはウォーキングや水泳などが代表的ですが、LDLコレステロールの高い方におすすめなのは有酸素運動になります。
    有酸素運動は脂肪をエネルギー源とするため、体脂肪を燃やし、HDLコレステロールを増やす働きがあります。
    出典 :コレステロールを下げるために気をつけること【運動編】 : タニタ運営[からだカルテ]
  • このように、食事を変える・運動をすることがコレステロールを下げる治療として主に挙げられますが、数値が高すぎる人や可及的速やかにコレステロールを下げる必要がある人は、薬を使って治療が行われる場合もあります。

  • 薬を使ったコレステロールを下げる治療

  • 高コレステロール血症の治療に用いられる薬には、次のように様々な種類があります。

    ★LDL(悪玉)コレステロールを下げる
    強力なコレステロール低下作用のあるブラバスタチンやシンバスタチンなど、
    肝臓でのコレステロールの合成を抑える薬がメジャーです。
    また、肝臓へのLDLの取り込みを促進するプロブコールなどもよく使われるようです。

    ★HDL(善玉)コレステロールを上げる
    ベザフィブラートという薬が有名です。

    ★中性脂肪を下げる
    フィブラート系薬やニコチン酸誘導体、EPA製剤などがよく使われるようです。
    フィブラート系薬やニコチン酸誘導体は、
    コレステロールと中性脂肪の両方を下げたい場合にも使われています。
    出典 :コレステロールを下げる治療
  • これらの薬はそれぞれのコレステロールを下げる治療に用いられていますが、薬ですから副作用がつきものです。

  • コレステロール治療薬の副作用

  • コレステロールの薬の副作用の一つに筋肉障害がありますが、まれに横紋筋融解症が発症することがあります。
    横紋筋が壊れてしまう病気です。

    症状には、筋肉痛や筋力低下、赤褐色の尿が出る、マヒなどがあります。早期発見・早期治療が必要です。
    副作用による筋肉障害に気付いたら、すぐに医師に相談するようにしましょう。
    出典 :【薬物療法】LDLコレステロールを下げる薬?副作用は?
  • コレステロールを下げる薬に限らず、どんな薬でも副作用はつきもの。
    ですからできるだけ薬を使わずに、食生活や運動だけで治療できるのがベストですね。