不妊と生理周期の関係ってどんななの??長くても短くても妊娠できないって本当??

不妊と生理周期って一体どんな関係なの???
生理周期が短くても長くても妊娠できないって本当???
気になる情報をまとめてみました!!!

view179

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性の正しい生理周期とは???

  • 正しい生理周期とは???

     

    周期の日数によっても変わってくるようです!!!
    まずは自分の周期を知ることから始めてみましょう!!!

  • 一般的には正常な周期は28日から30日、きちんと周期的に排卵が起こっている場合は、ずれても1日から2日程度です。ところが見た目上は生理が起こっていても、実際には排卵をしていない人がいます(無排卵性月経)。この場合は生理の周期がその時々によって大きくずれる傾向にあります。
    出典 :【大人の生理】正しい生理周期って? | 女性の病院検索【もこすく】
  • 月経がはじまった日から、次の月経がはじまる前日までを月経周期(生理周期)と呼びます。月経周期(生理周期)は25~38日が正常、24日以内と周期が短いものを頻発月経、39日以上あくものを希発月経と呼びます。
    また、順調な月経の期間は、3~7日間ですが、1~2日で終わってしまう場合を過短月経、8日以上続くのは、過長月経といわれます
    出典 :月経のしくみ | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
  • 25日~38日の範囲内であっても、この範囲内で大きなばらつきがあるようなら「不整周期」と呼ばれています
    出典 :「月経周期の乱れ(生理不順)」 知っておきたい“妊娠”できる条件~中編~ | 子育てメディア
  • 妊娠と月経周期の関係とは???

  • 一般には「生理不順」とよく言われますが、月経周期の乱れは妊娠にはよくない・・・
    なんとなくそうだろうとは感じていても、少しくらいは別に大丈夫じゃないの?と思ってしまうもの。
    しかし、月経周期の規則正しさこそが妊娠できる大切な条件と言えそうです。
    出典 :「月経周期の乱れ(生理不順)」 知っておきたい“妊娠”できる条件~中編~ | 子育てメディア
  • 生理周期は正しいのに妊娠できないのはなぜ??

  • 無排卵の可能性もあります!!!

     

    生理周期は正しかったり毎月きちんと生理が来ているのに妊娠できない場合は無排卵月経の可能性もあります!!!

  • 胃腸薬や抗神経薬の常用により高プロラクチン血症という状態になっていると、脳からの性腺刺激ホルモンが上手く分泌されませんので、卵巣内での卵子の成熟が上手くいきません。しかし少しは成熟しようとしているので、子宮の内膜が少しだけ厚くなり、一定期間が過ぎるとそれを体の外へ出そうとします。生理の周期が短い、1回の生理での出血量が少ない、1回の生理の期間が長い、などの症状があれば、無排卵性出血(排卵していないが生理があるように見える)かもしれません。
    出典 :【大人の生理】生理と妊娠の関係 | 女性の病院検索【もこすく】
  • 無排卵でも治療すれば妊娠できます!!!

     

    無排卵でも治療をすることで妊娠することも可能になります!!!
    赤ちゃんが欲しい人は病院で相談してみるのがおすすめです!!!

  • (1)漢方薬などで体質改善を図る、
    (2)ピルでホルモンバランスを整える、
    (3)排卵誘発剤で排卵させる、です。

    今すぐの妊娠を望んでいなければ、(1)や(2)でも良いでしょう。すぐにでも妊娠したい場合は、(3)で卵子の成熟を促し、排卵させるようにします。
    出典 :【大人の生理】生理と妊娠の関係 | 女性の病院検索【もこすく】
     

    自分に合った治療法を見つけて治療するようにしましょう!!!

  • 月経周期が短いのと長いのは何が原因なの???

  • 稀発月経

     

    月経の正常周期は25~38日間のサイクル。個人差がありますが、39日以上あいだがあく長い周期を稀発[きはつ]月経といいます。

  • 原因は、卵巣の働きが不十分で、ホルモンが順調に分泌されていないことが考えられます。

     稀発月経でも排卵があれば妊娠・出産が可能ですが、無排卵周期になっている場合が多いことも。1~2ヵ月様子をみて、もとどおりになればいいですが、周期が長い状態が続くようであれば、ホルモンバランスの状態や排卵の有無を調べたほうがいいでしょう。
    出典 :月経不順 | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
  • 頻発月経

     

    当てはまる症状がある人も多いのでは???

  • 月経周期が24日以下という短いサイクルになることを頻発[ひんぱつ]月経といいます。原因としては、卵巣の働きが落ちているか、ストレスによるホルモン分泌の乱れが考えられます。

     頻発月経には、黄体ホルモンの分泌が不十分で、排卵日から月経開始までの期間が短くなる黄体機能不全の場合もあります。黄体ホルモンが不足すると、子宮内膜が十分に成熟しないため、妊娠しにくかったり、妊娠しても流産が起こりやすくなることもあります。妊娠出産を望んでいる人は、はやめに婦人科を受診し、ホルモン分泌の状態(→「女性ホルモン」の項で紹介)を調べてみたほうがいいでしょう。
    出典 :月経不順 | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
     

    妊娠しにくかったり流産の危険もあるようなので医師に相談して改善するのがおすすめです!!!