妊娠初期の症状としてよくあらわれる「ゲップ」どうやって改善?【妊娠初期のげっぷ 】

妊娠初期のげっぷについて。妊娠初期症状には精神的なものから、身体に現れるサインまで様々なものがあります。その中でも多くの妊婦さんがあげるのが「げっぷ」の症状です。
妊娠初期のげっぷが増える理由と、改善方法について調べました。参考にしてみてください。

view58251

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期は、げっぷが増える?

  •  

    妊娠初期の症状としてよく聞くのが、吐き気・だるさ・眠気・味覚の変化などですが、妊娠初期に、つわりの症状とともにげっぷが増えた、苦しいなどと訴える妊婦さんがとても多いってご存知ですか?

  • 妊娠初期のげっぷに悩む妊婦さんの声。

  • 間もなく22週に入る初妊婦です。 私のつわり初期症状は正にゲップです。
    なかなか止まりませんでした。
    出典 :妊娠初期の段階で、つわりではなく、ゲップがたくさんでたって方いませ... - Yahoo!知恵袋
  • つわりで、ゲップが出る回数が急増しました。空腹時もゲップが出ます。ゲップとともにもどしそうになりますが、なんとかこらえる毎日です
    出典 :つわりとゲップの関係。つわりで、ゲップが出る回数... - Yahoo!知恵袋
  • 妊娠初期にげっぷが増える原因は?

  • プロゲステロンの分泌

    「プロゲステロン」とは、妊娠中にたくさん分泌される女性ホルモンの一種のことです。
    この「プロゲステロン」というホルモンは、腸の動きを弱めてしまいます。
    腸の働きが弱くなるということは、胃に送られてきた食べ物が、腸まで下りていくのに時間がかかってしまうという事になります。そのため、食べの物は通常の時よりも長く胃の中にとどまることになります。
    食べ物と一緒に入ったわずかな空気や消化に伴って生じたガスが逆流してげっぷを起こすのです。

  • つわりと関係が深いげっぷ

     

    つわりが始まったと感じ始めた頃にげっぷが出る回数が増えてきます。
    妊娠初期のつわりでは、胸焼けがしたり、胃がムカムカして唾液が増えます。つわりのピークをむかえると、げっぷが原因で嘔吐してしまう事も多いようです。

  • げっぷだけでも不快なのに、嘔吐につながる事もあるので、体も心もストレスを感じてしまいますよね。

  • 臭いもキツイ・・・。

  •  

    食べ物や胃酸が長時間胃の中にとどまっているので、妊娠初期のげっぷは、いつものげっぷよりも嫌な臭いがします・・・。

  • 妊娠初期はとにかくげっぷがたくさん出てしまいます。できれば他人の前では出したくないですが、我慢できずに出てしまい、落ち込む人も多いです。
    しかし、大人の女性として周りの人には非礼を詫びつつも、心の中では、自分を責めずに誇りに思ってくださいね。赤ちゃんが元気に育っている証なのですから(*^^*)☆

  • ゲップを改善する方法は?

  • ●妊娠初期のゲップの症状を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

  • 食事は、小分けにして少ずつ食べる。

     

    一度の食事で一気に食べずに、小分けにして少しずつ食べるようにしましょう。
    胃腸の負担にならないような、消化の良い食べ物を選ぶといいです。

    消化の良い食べ物・・・
    おかゆ・にゅうめん・白身魚・半熟卵・ささみ・キャベツ・じゃがいも・長いも・バナナなど。

  • 寝る数時間前は食べないようにする。

     

    食べ物を消化しないまま寝ると、血流が抑制されて、胃腸の動きは鈍くなります。
    すると、消化不良を起こしてゲップはでやすくなりますし、「逆流性食道炎」の原因にもなります。
    食事は寝る3時間前くらいまでに済ませると良いでしょう。
    ※食べ過ぎるとその分、消化に時間がかかります。

    どうしても体がきつい時以外は、食べてすぐは横にならないようにしましょう。

  • 寝るときには、体の右側を下にする。

     

    体の右側を下にして横になると、胃の消化物が腸に下がっていきやすいからです。

  • 乳製品を食べる

     

    乳製品(牛乳、ヨーグルトなど)を食べると、胃に粘膜が作られます。
    食前に食べると効果的です。

  • げっぷはいつおさまるの?

  • 一般的には、つわりの症状がおさまる頃には、げっぷもおさまってきます。
    しかし、あまりにもげっぷがおさまらなかったり、胸焼けがひどかったり、ムカムカして込み上げてくるような感じがする場合は、胃酸が逆流して、逆流性食道炎を起こしている可能性があります。
    ですので、げっぷや胸やけがあまりにもひどい場合は、産婦人科に行って診てもらって下さい。