バストトップのお悩みケア術 目指せ!憧れのピンク色♪

人と比べることがあまりないからこそ気になる、バストトップ。
黒ずみケアで憧れのピンク色を目指しましょう!

view410

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    デリケートゾーンと同じくらい「バストトップの黒ずみ」に悩み、コンプレックスを抱いている女性は多いようで、20~30代の日本人女性の9割以上が乳首の色にコンプレックスを抱いていると聞きます。実際、日本人女性の大多数が綺麗なピンク色とは程遠い色なのです。「デリケートゾーンやバストトップの黒ずみは遊んでる証拠」などという迷信を口にする人がいますが、医学的根拠は全くありませんし、経験人数と色には何ら関連性はないのです。しかし、これが女性の悩みを更に深刻にしているように思えます。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/article/000083/

  • バストトップの色や形の殆どが先天的な要因で決定され、元々黒っぽい人もいれば、ピンク色の人もいます。でも、パートナーに黒ずみを指摘されたりするとがっかりしてしまいますし、きれいなピンク色のバストトップには少なからず憧れを抱きます。そして、適切なケアをすることで、ある程度黒ずみを解消してピンク色に近づけることもできます。こちらでは、自宅で手軽にできるセルフケアから最新医療まで、簡単にご紹介したいと思います。
    出典 :黒ずみのケアで憧れのピンク色のバストトップに! | スキンケア大学
     

    先天的なものもあるんですね・・・。

  • バストトップの黒ずみの原因は?

  • バストトップの黒ずみの原因をご存知でしょうか。それは、自然に体内で生成されるメラニンという色素成分が沈着しているためです。メラニンは、紫外線や外的刺激から真皮を守るために生成されますが、バストトップの場合は、授乳する際に赤ちゃんが見つけやすいように、また、柔らかい先端部分を保護するため、色素が沈着しやすくできているのです。
    出典 :黒ずみのケアで憧れのピンク色のバストトップに! | スキンケア大学
     

    赤ちゃんが見つけやすいように、納得です。

  •  

    そして、バストトップの色は、「加齢」や「妊娠」によっても変化します。「加齢」については、お肌の新陳代謝が落ちるとお肌のターンオーバーも遅れて古い角質細胞とともにメラニン色素も残り、黒ずんでいきます。しかし、高齢になるとメラニン色素の生成も衰えるため、徐々に薄くピンク色に近づいていきます。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/article/000083/

  •  

    「妊娠」については、妊娠すると女性の体には様々な変化が生じますが、母乳を生成する準備段階として、徐々に乳首が固く、皮膚も厚くなっていきます。そして、赤ちゃんの吸う力から肌を守るため、メラニン色素の生成が促され、誰しもが黒ずんでくるのです。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/article/000083/

  • バストトップの黒ずみ対策 ~セルフケア~

  • まずは人知れずセルフケアして改善したい!と考えるでしょう。黒ずみの原因ははっきりしていますから、後はいかにして色素沈着したメラニンを除去するか?ということになります。顔やボディー用の美白化粧品を流用してもよいのですが、バストトップ専用のアイテムも多数市販されています。

    美白成分として、「ハイドロキノン」や「トレチノイン酸」、「ルミキシルペプチド」などが知られていますが、それぞれ一長一短があります。「ハイドロキノン」は、ビタミンCとトレチノイン酸と共に使用すると効果が高く、メラニン色素を生成する酵素の働きを抑えて、黒ずみを徐々に薄くしていきます。但し、漂白効果が強いため、使用方法や使用量には注意が必要です。
    出典 :黒ずみのケアで憧れのピンク色のバストトップに! | スキンケア大学
     

    バストトップ専用のものが売られているんですね。

  •  

    「トレチノイン酸」は、お肌のターンオーバーを促進し、ピーリング剤と同様に皮膚がポロポロと落ちることがあります。また、催奇形成がある点も注意が必要です。「ルミキシルペプチド」は、メラニン色素を生成する酵素の働きを阻害し、黒ずみを徐々に薄くしていきます。その美白効果はハイドロキノンの17倍と言われ、注目されています。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/article/000083/

  • エステや医療機関でできるケア

  • 徐々に薄くするというより、確実にしっかり黒ずみを除去したい方は、エステや医療機関に足を運ぶとよいでしょう。エステでは、塗り薬によるケアや、パックなどの施術が受けられるようです。クリニックでは、塗り薬による治療や、レーザーによる治療があります。塗り薬による治療でも、セルフケアよりは安心ですし、市販されているものと医療用のものとでは、同じ有効成分でも量が違う場合があるので、効果も高いようです。レーザーによる治療も、従来に比べ痛みは殆どないものもありますし、何より、高い効果が期待できます。
    出典 :黒ずみのケアで憧れのピンク色のバストトップに! | スキンケア大学
  • 黒ずみ以外のお悩み

  • 乳首周りのムダ毛を処理

  • 「乳首周りのムダ毛が生えている」という悩みを持っている女性は、決して少なくありません。毛の量や質には個人差がありますが、女性でも乳首周りに濃いしっかりとした毛が生えているなんてことも普通にあります。ただ、バストトップは他の部位に比べ、敏感な箇所です。単なるムダ毛処理と安易に考えず、丁寧にケアしましょう。
    出典 :デイリーケアでキレイなバストトップを手に入れる! | スキンケア大学
  • 気をつけるべきことは、ムダ毛処理のやり方いかんで、バストトップの黒ずみなどの肌トラブルを招く場合があるということです。剃っても抜いても、自己処理ではまた生えてくるため、定期的に処理を繰り返すことになりますから、注意が必要です。その点、エステや医療機関で脱毛するという方法は繰り返す負担がないのでオススメです。
    出典 :デイリーケアでキレイなバストトップを手に入れる! | スキンケア大学
  • 陥没乳首

  • 陥没乳首とは、正式には陥没乳頭といい、乳房の内側に乳首が埋没した状態をいいます。男女を問わず陥没乳首に悩んでいる方は多く、成人女性では10人に1人とも言われ、決して珍しいものではありません。美容的観点を除けば、男性は乳頭の機能は必要ないので放っておいてもよいのですが、女性の場合は出産して赤ちゃんに母乳を飲ませる時に問題が生じる可能性が高いのです。まず、乳首が陥没していることで、赤ちゃんが上手く口に含んで飲めない可能性、そしてもう一つが乳腺炎を発症する可能性です。

    また、出産・授乳と関係なく、陥没乳首に起因して起こるのが「慢性乳腺炎」で、若い女性に多く見られます。症状としては、乳房に膿みの溜まる袋が出来てしまい、固いしこりとなり、痛みを伴います。しこりが破れて膿みが出てもまた繰り返すため、袋を切除すると共に陥没している乳頭を外に出す治療を要します。
    出典 :デイリーケアでキレイなバストトップを手に入れる! | スキンケア大学
  •  

    美容的観点以外にも様々な問題を孕んだ陥没乳首ですが、医療手術以外でケアする方法として、マッサージがあります。1日1回、入浴時に数分間行うだけでOKです。ただし、効果が期待できない場合もありますので、ご注意ください。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/article/000082/

  • まず、片手で乳房を支えて、もう一方の手の親指・人差し指・中指の指先を使って凹んだ乳首をつまみ、優しく引っ張り出します(5回くらい。出てこない場合は無理に引っ張り出そうとせず、医師に相談してください)。

    続いて、三本指で、上下・左右から乳輪の外側から乳首に向かってゆっくり優しく圧迫していきます(5回くらい)。

    最後に、三本指で乳首をしっかりつまんで、軽く引っ張りながら"こより"をよる様な感じで優しくマッサージしておしまいです(5回くらい)。
    出典 :デイリーケアでキレイなバストトップを手に入れる! | スキンケア大学