母乳も関係している!?赤ちゃんのくる病の原因

子どものくる病の原因として、母乳も関係している!?骨の成長障害などが現れるくる病ですが、その原因とは一体何なのでしょうか?子どもの病気として知っておきたいくる病について、まとめてみました。

view93

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • くる病とは?

  • 骨の形成に関わってくる、くる病

     

    子どもの成長に影響を及ぼす恐れも。

  • 子どもが成長するために必要な骨の形成。その成長に影響を及ぼすというくる病。一体どのような病気なのでしょうか?

  • くる病とは、成長期(骨の発育期)の小児でカルシウムが骨に沈着せず、軟らかい骨様組織が増加している状態をいいます。多くの場合、骨の成長障害および骨格や軟骨部の変形を伴います。
    出典 :くる病<子どもの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • くる病(骨軟化症)は成長期に骨のカルシウムが作られず、骨が曲がったり、柔らかくなったり、骨折しやすくなる骨の病気。
    出典 :くる病(骨軟化症)の症状と原因 [子供の病気] All About
     

    骨が正常に形成されなくなる病気のようです。骨が柔らかくなる、というのはなかなか考えづらいですが、骨折しやすくなると日常生活にも影響が出てきますね。

  • 小さなお子さんのいるご家庭は注意が必要ですね。子どもの成長に関わってくる、くる病。骨にはカルシウムが必要とはよく聞きますが、くる病にもカルシウムの不足が関連しているようです。骨の形成のみならず、骨の質自体にも影響を及ぼすようですね。しっかりカルシウムを摂れば防げるものなのでしょうか?

  • 近年の日本では栄養不足の子どもがいなくなり、くる病の報告は少なくなりましたが、偏った食生活を続けているとリスクが高まる病気です。
    出典 :くる病(骨軟化症)の症状と原因 [子供の病気] All About
  • 食が充実しているとはいえ、やはりその内容、栄養分をどれだけ摂れているかが重要なようです。バランスの良い食事が大切なんですね。

  • くる病の原因

  •  

    子どもの成長は親にとっても嬉しく、楽しみでもあるもの。親として、くる病を防ぐためにできることとは?

  • 骨に関わる病気という点で、子どもの成長や運動機能にも関連してくる、くる病。その原因とは一体何なのでしょうか?やはり食生活が重要なのでしょうか?

  • 骨の成長に必要なビタミンDやカルシウム、リン不足が主な原因で起こります。
    出典 :くる病(骨軟化症)の症状と原因 [子供の病気] All About
  • 原因はビタミンD欠乏、ビタミンDの合成障害、ビタミンD受容体の異常、リンの不足、腎尿細管障害などさまざまです。
    出典 :くる病<子どもの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 骨にはカルシウム!と小さい頃から牛乳などの乳製品をとるように心がけていた人も多いのではないでしょうか?やはり骨といえばカルシウム。そしてカルシウムだけでなく、ビタミンDなどの栄養素も骨には欠かせない栄養素のようです。合わせて摂取したいですね。
    ただ、くる病の原因としては、栄養素だけの問題ではないようです。その他のくる病の原因とは、一体どのようなものなのでしょうか?

  • くる病の原因は様々ですが、主に以下の3つに分けられます。
    栄養不足……特にビタミンD、カルシウム、リンの不足
    遺伝……男性に遺伝する家族性低リン血性ビタミンD抵抗性くる病など
    日光不足……極端に日光を避けることによるビタミンD不足
    出典 :くる病(骨軟化症)の症状と原因 [子供の病気] All About
  • 日光もまた、ビタミンDとの関係で不足するとくる病のリスクが高まるようです。ただ、近年は紫外線による肌への影響も懸念されているため、積極的に日光浴を推奨することは少なくなってきたように思います。それでもやはりビタミンD、くる病の予防という観点からは、適度に太陽の光を浴びることは必要かもしれませんね。また、ビタミンDは食事からも摂取できるので、食事の栄養バランスを整えることが第一と言えるでしょう。
    遺伝的要素については、どういう原因なのでしょうか?さらに詳しく!

  • 低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病
     腎臓でのリンの再吸収および腸管でのリンの吸収障害の結果、著しい低リン血症と過リン酸尿、くる病を起こす病気です。
    出典 :くる病<子どもの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 一般に伴性(はんせい)優性遺伝形式をとりますが、散発例も少なくなく、未熟児くる病、腎性くる病を除けば、日本で最も発生頻度の高いくる病です。
    出典 :くる病<子どもの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 低リン血症などは生後早期には認めないことがあり、多くは生後1年ころに四肢の変形、歩行異常、歩行遅延、低身長などにより発見されます。
    出典 :くる病<子どもの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 遺伝型については生後1、2歳で判断されることが一般的なようです。

  • 母乳もくる病に関係している!?

  • ママのおっぱいが赤ちゃんのくる病の原因になることも!?

     

    生まれてきた赤ちゃん専用の食事として、その栄養価の高さが広く知られている母乳。そんな母乳が、くる病の原因かもしれない!?

  • 子どもの成長にも関わる恐ろしい病気、くる病ですが、栄養摂取の面からは現代日本では関係ないと思われがち。カルシウムもリンもビタミンDも、さまざまな食材から豊富に摂取することが可能です。栄養過多とも思える食生活を送っている私たちですが、そんな日本でもくる病患者は増えているそうです。

  • 食糧事情の悪い国でよく発祥する病気ですが、近年日本ではくる病の乳幼児が増えてきています。
    出典 :くる病が増加・症状と予防は?原因は母乳?.治療方法.完治は可能? | 気になるお役立ちニュース
  • 一体何故、日本でくる病患者は増えているのでしょうか?その理由は一体何なのでしょう?

  • 現在、日本に限らず先進国では母乳育児が非常に推進されています。
    事実、母乳はとても栄養価に優れていて赤ちゃんには最適の食物です。
    が、母乳にはカルシウムは豊富に含まれていますが、ビタミンDはほとんど含まれていません。
    出典 :くる病が増加・症状と予防は?原因は母乳?.治療方法.完治は可能? | 気になるお役立ちニュース
  • 母乳は栄養的にもすぐれているが、ひとつ欠点がある。それはカルシウムなどを豊富に含むものの、ビタミンDの含有量が極めて少ないことだ。そのため、皮肉なことに、ビタミンDの欠乏による、くる病になる子どもたちのほとんどは完全母乳栄養なのだ。
    出典 :母乳育児の弊害も !? 外で遊ばなくなった子どもたちを襲う「くる病」という脅威 | ビジネスジャーナル
  • どうやら、赤ちゃんにおけるくる病の発症原因は母乳にあるという説が有力なようです。母乳は赤ちゃんにとっては最適な栄養素を含んだものだと思われがちですが、そうではなかったようですね。
    さらに母乳だけでなく、その後に続く離乳食、幼児食における栄養素にも関連するようです。

  • 子どもたちは離乳食を経て幼児食に移行することになるが、ここで問題になるのが食物アレルギーだ。
    出典 :母乳育児の弊害も !? 外で遊ばなくなった子どもたちを襲う「くる病」という脅威 | ビジネスジャーナル
  • 食物アレルギーのアレルゲンの代表的な食品が乳製品と卵。どちらも身近で、栄養価が高く、ビタミンDも豊富だ。離乳食の頃から、食材を制限してしまうと、どうしてもビタミンDが不足ぎみになる。
    出典 :母乳育児の弊害も !? 外で遊ばなくなった子どもたちを襲う「くる病」という脅威 | ビジネスジャーナル
  • 好き嫌いがある場合は、食品ではなくサプリメントに頼らざるを得ない場合もあるようだ。
    出典 :母乳育児の弊害も !? 外で遊ばなくなった子どもたちを襲う「くる病」という脅威 | ビジネスジャーナル
  • アレルギーでは、卵と牛乳が大部分だと言われています。手軽にカルシウムやビタミンDなど、くる病予防に必要な栄養素を含む食材が摂取できないということは栄養面を気にする必要があると言えそうです。
    くる病の原因としては栄養不足が挙げられ、その対策としてやはり栄養摂取を見直し、骨を作るカルシウムなどの栄養素を適切に摂取する必要があるようです。