人前で話すときに緊張しないコツ

これから新学期・新年度の始まり。新しい環境で自己紹介をする機会がぐっと増える時期ですね。そんなここ一番の時に、緊張せずに話せる方法をまとめてみました。

view262

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 緊張してしまう(あがり症)原因は?

  • 「人から良く思われたい」「あがっていると思われたくない」「未知の体験への恐怖」「過去の経験からくる不安」などが、主とされている理由です。
    そして元を辿ればどれも自分に対する強い自意識により緊張を強いられているということです。
    出典 :なぜ緊張してしまうのか?あがり症(緊張症)の原因 | 緊張で声が震える…緊張克服LAB
  • 体には、ドキドキ具合をはかるセンサーがあります。心臓がドキドキし始めたことはこのセンサーを通じて脳が感知します。するとそのあがり状態を何とかしなくては…と思い、さらに「何とかしなきゃ」スイッチが入るわけです。これがあがりの悪循環です。つまり、頭であがりを何とかしようとしても、悪循環に陥るだけなのです
    出典 :ためしてガッテン:過去の放送:実力満開!あがり症克服大作戦
  • 「失敗したらどうしよう…」というネガティブな思考を、頭で「何とかしなきゃ」と考えることで、よりネガティブな思考を大きくしていることなのです。
    出典 :アルバイト・バイト検索 / an area(アン エリア) | バイトのとびら | 緊張しない裏ワザ、教えます!
  • 失敗しても大丈夫なんだ、というメンタルの強さも大事ですね。

  • 緊張しない方法とは?

  • あがりの症状の中で自分の意志によってコントロールできるのは呼吸と筋肉です。心拍数は呼吸によって変化します。呼吸を深くし、ゆっくり吐く事で心拍数は下がります。そこでリラックスする呼吸法としては力を入れエネルギーを取り込むつもりで吸い込み、吐く時は充分に力が抜けていく事を感じるようにする事が大切です。
    出典 :ためしてガッテン:過去の放送:実力満開!あがり症克服大作戦
  • 筋肉弛緩法:身体がリラックスしていることを感じるためには筋肉の力を抜くことが大切。しかし、緊張しているときにはなかなか力を抜ききることは難しいものです。そこで、いったん思い切り力を入れてから一気に抜くことが重要です。その差を大きくすることで力が抜けたことを感じやすくするのです。
    出典 :ためしてガッテン:過去の放送:実力満開!あがり症克服大作戦
  • 緊張していると、ゆっくり深呼吸することも忘れがちですよね。まずは深呼吸をして、気持ちを整えましょう。

  • 緊張しやすい人はどうしてもアガっていると受動的に捉えてしまい、そのマインドがその人を包んでしまいます。つまりその場の環境や雰囲気に振り回されてしまっている状態です。それでは本来の力の10分の1も発揮できないでしょう。まずは 「アガっている」 から 「アゲている」 と考えてみる。
    出典 :人前で緊張しない7つの方法
     

    考え方を変えるだけで、緊張の度合いも変わってきそうです。

  • 人前で緊張しないために準備は必要不可欠です。あのスティーブ・ジョブズでさえ、人前で話す時はとんでもない量と時間の準備と練習をしていました。準備をすればするほど自信が湧いてきます。プレッシャーも跳ね返すことができるでしょう。
    出典 :人前で緊張しない7つの方法
  •  

    一流のスティーブ・ジョブズですら、沢山の準備を重ねていたのですからね。入念な準備が緊張から解放してくれます。

  • 頭の中のイメージは、色もあり音も聞こえるほど克明なものです。そのとき身体では、運動に適した心拍に変化し、目の動きも見られ、競技時間まで正確に再現できるのです。ここまで正確なイメージをすると、脳がだまされます。初めてではないと思いこむ事で、不安を感じる扁桃体の過剰な反応が抑えられると考えられるのです。
    出典 :ためしてガッテン:過去の放送:実力満開!あがり症克服大作戦
  • プロのスポーツ選手もイメージトレーニングで成果を挙げています。

  • 人前で話すことに苦手意識を感じている人は……
    ・上手に話すことではなく、相手にメッセージを伝える気持ちで話す
    ・間違ったら素直に謝り、深呼吸をする
    ・原稿は箇条書きにし、キーワードを押さえる
    ・他人はそれほど自分のことを見ていない、という意識を持つ
    出典 :“評価されたい”願望のあらわれ!?「あがり症」を克服する方法 | 「マイナビウーマン」
  • 他人はそこまで自分をよく見ていないこと、多々ありますよね?自分の思い込みだけで、緊張を作りだしてしまっているのであれば、都合よく「他人はそこまで真剣に聞いていないし、失敗しても大丈夫。」と思うのも良いかもしれません。

  • 軽いストレッチでリラックス。
    軽く体を動かすと、全身の血の廻りが良くなり、緊張がほぐれます。ここぞという場面の前には、ストレッチでリラックスをしておく癖をつけておきましょう。また、グッと全身に力をいれてから、それをストンと抜くことを何回か繰り返すだけでも効果があります。
    出典 :あがり症(緊張症)対策としてすぐに出来ること
  • 音楽を聴きながら、軽くストレッチするのも、緊張をほぐすためには良さそうです。

  • あがり症のプロが伝授する緊張しないコツ

     

    「どんな人でも緊張する」「自分だけが緊張している訳ではない」ことを知っておくのも大事ですね。