2人目不妊の原因について

原因・問題点・重要なことをまとめました。将来的に子供2人欲しい方は参考にしてください。

  • S 更新日:2014/03/09

view221

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 今、日本では女性の結婚年齢が上がっていることもあり、不妊症に悩む方が増えています。数字でいうと、妊娠を望むカップルの10組に1組は不妊ではないかといわれるほど。現在このエッセイを読んでいらっしゃる妊婦さんやお母さんは「エッ、不妊症? 私には関係ないわ。だって一人目を妊娠(あるいは出産)しているもの!」と思うでしょう。でも、脅かすわけではありませんが、“最初の妊娠はたまたまよい条件が重なっただけ。実は妊娠しにくいカップルだった”ということも少なくないんですよ。その証拠に……というワケではありませんが、『二人目不妊』で私のクリニックを受診するご夫婦もけっこういるのです。
    出典 :「一人目を妊娠(出産)しているもの。不妊症なんて関係ない!」と思っていませんか? - gooベビー
     

    医師によりお言葉

  • 1人目と比べて、なかなかできない

  • 2人目も普通に授かるだろうと疑わない夫婦は少なくないのでは?
    何らかの不妊原因があり、そのことに気づいてないだけなのです。
    1人目は偶然に妊娠できたというケースは意外と多いです。

  • 不妊原因比率

  • RT @NaOHaq: あと生理のときの痛みがひどいのを我慢してて、実は子宮内膜症だったとかだったりすると、不妊とか子宮がんの原因になったりするので、本当に我慢せず婦人科行ったほうがいい。
     

    婦人科は、いかに大切だということですね。

  • 授乳期にホルモン値が高くなって母乳に含まれるプロラクチンの分泌が多くなりま。
    二人目不妊の半分くらいがプロラクチンによるものだと考えられます。
    ホルモン値が高いとお薬を出して、ホルモン値を低くする。するとすっと妊娠される方がいます。
    お母さんの体が一人目のお子さんを育てるための体になっていて、二人目のお子さんを受け入れる準備がまだ整っていないんですね。
    出典 :滋賀県草津市にあるハピネスバースクリニック 院長 横江保彦先生にインタビュー|不妊.TV
     

    母乳が原因の場合です。

  • 多くの原因は。。。

  • 2人目不妊の多くの原因は、「卵子の老化と精子の活動率の低下」のようです。
    子づくり目的の性交をしたところ1年経っても妊娠しない。
    1人目はできているから自分たちは不妊ではないと思い込んでいる事も多くあります。

  • 卵子年齢

     

    1人目を産んで、数年経てばその分、卵子も老化します。

  • 卵子の老化が進んでいるだけではありません。
    男性側(父親)も歳をとると精子を作る力も低下しているのです!

  • 卵子は年をとる?! 卵子と精子の違い
    卵子と精子の違いには、数と年齢があります。
    女性の持つ、卵子のもととなる原始卵胞は、数を増やす事ができません。http://t.co/C99JjMsfmv
  • 1人目より2人目が授かりにくいのは、もっともな事と言えます。
    早く2人目が欲しい場合は、早めの受診をしましょう。

  • 加齢の問題

  • 「加齢の問題が一番大きいんですね。晩婚化で第1子を産む年齢が高くなっているので、30代前半で第1子を産んで育児で2~3年過ごしていると、すぐに37歳ぐらいになってしまいます。38歳を過ぎると、卵子が急速に老化してしまうので、妊娠しづらくなるんですね。それと、日本の場合、ひとりっ子だとわがままになる、などと周囲から言われたりして、ひとりっ子のイメージがあまりよくないので、2人目がほしいというのは通念のようになっているんです」
    出典 :2人目不妊|プレママタウン
  • 1人っ子

     

    日本の場合、ひとりっ子だとわがままになる、などと周囲から言われ、ひとりっ子のイメージがあまりよくないので、2人目がほしいというのは通念のようになっているようです。

  • 最近の出生率は1.29、つまり1人の女性が産む子どもの数が1.29のため、ほとんどが1人っ子。
    そのせいか、多くの人が、子どもは2人ほしいという気持ちをもっているようです。

  • 卵子の質

  • 重要なのは「質の良い卵子」です。
    卵子が成長するためのエネルギーは、ミトコンドリア細胞が担っていますが、このミトコンドリアはストレスによる酸化の影響をとても受けやすい細胞です。
    ストレスをためず穏やかな気持ちで、「質の良い卵子を作ること」を心がけましょう。

  • ストレスのはけ口を飲酒や喫煙に向ける事は逆効果。蓄積されたストレスで増えた活性酸素がさらに健康面にも悪影響を及ぼし卵子や精子の質にも良い影響とはいえません。抗酸化のある食品やサプリメントを心がけることがストレスの影響を減少させることに繋がります。