放置すると死に至る!?増加中!【大人の喘息】

ぜんそくのイメージが変わってきました
大人でもぜんそくが増えているのです
まとめてみました

view347

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大人の喘息

  •  

    “喘息”というと、子どもの病気のようなイメージがありますが、近年、大人になってから喘息を発症する人が増えており、約30年前と比較すると実に3倍に増加しています。
    「風邪薬を飲んでいるのに、咳が治まらないなぁ」と思っていたら、実は喘息にかかっていたということも。しかも大人になってからの喘息は、子どもの喘息より治りにくいという特徴があります。

  • 大人のぜんそくの場合、子どものころのぜんそくが再発するケースもありますが、大半は成人してからの急な発症です。とくに40歳を超えてからの発症が、半数以上を占めています(※1)。また軽症や中等症の人でも、生命にかかわる激しい発作を起こすこともあるので油断できません
    出典 :油断できない大人のぜんそく(喘息) | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
  •  過去に小児喘息にかかった経験がある場合、成人になって再発するケースは少なく、全ての成人気管支喘息の3~4%といわれています。
    出典 :成人気管支喘息(ぜんそく)
     

    このような研究結果もあるのですね

  • 喘息とは?

  • 喘息は、正式名称を「気管支喘息」といいます。
    口・鼻~肺の空気の通り道の一部である気管支が、常に炎症を起こして狭くなったり、塞がってしまうことで起こります。炎症が起きていると、正常な状態に比べて刺激に対し非常に敏感になっているため、ホコリやタバコなどの小さな刺激にも反応。さらに気道が狭くなって、激しい咳や息苦しくなるといった発作を起こしてしまいます。
    出典 :放置すると死に至ることも…増加中!大人の喘息|ヘルスケア情報|eo健康
  • 喘鳴というのは、呼吸のたびに気道がヒューヒュー、ゼーゼーと鳴る症状です。ぜんそくの特徴的な症状のひとつですが、実際には喘鳴がなく、咳だけが続くタイプもあるため、風邪や気管支炎などと間違えやすいのです。
    ただ、風邪などの場合には、昼間でも咳が出ます。一方、ぜんそくの場合は、夜間とくに明け方ごろに激しい咳や息苦しさなどの発作がよくみられます。反対に昼間は、ケロッとしていることも少なくありません。
    症状に加えて、こうした特徴がみられたら、ぜんそくの可能性を考え、早めに受診するようにしましょう
    出典 :油断できない大人のぜんそく(喘息) | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
  • ぜんそくの常識が変わった

  • ぜんそくは従来、気道が狭くなったり、過敏になることが原因で起こると考えられてきました。しかし最近は、もともとの原因は気道の炎症とされています。気道の炎症を繰り返すことで、ちょっとしたことで過敏になり、咳や痰が出やすくなります。また、気管支壁も厚くなり、気道が狭まりやすくなるのです。 ぜんそくの患者さんの気道には、肥満細胞や好酸球・リンパ球といった、炎症に関係する細胞などがたくさんみられます。
    肥満細胞がぜんそくとどういう関係があるの?と思われるかもしれません。私たちのからだにアレルギー物質などの異物が入ると、免疫の働きによってさまざまな抗体がつくられますが、肥満細胞の表面にはIgE抗体がつくられます。
    このIgE抗体の働きによって、ヒスタミンなどの物質が放出され、気道の収縮を引き起こします(※3)。また、気道の粘膜にはさまざまな生理活性物質がつくられ、炎症を起こし、過敏になります。その結果、咳や喘鳴、呼吸困難などが起こりやすくなるのです
    出典 :油断できない大人のぜんそく(喘息) | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
  • 主なアレルゲン

  • ・ダニ
    ・ハウスダスト
    ・花粉
    ・ペット
    ・カビ   など
    出典 :放置すると死に至ることも…増加中!大人の喘息|ヘルスケア情報|eo健康
  • アレルギー以外の喘息の原因

  • ・風邪
    ・大気汚染
    ・ストレス
    ・タバコ
    ・温度や湿度の変化
    ・解熱鎮痛剤   など
    出典 :放置すると死に至ることも…増加中!大人の喘息|ヘルスケア情報|eo健康
  • [喘息の症状]

  •  喘息は、主にアレルギー性の炎症によって気管支が狭くなる病気で、炎症を鎮めないでおくと、発作の起こりやすい状態が慢性化してしまいます
    出典 :成人気管支喘息(ぜんそく)
  • ・咳き込む
    ・息苦しさを感じる
    ・呼吸をするとゼーゼー、ヒューヒューという音が出る
    ・咳き込んだり息苦しくなって夜中や明け方に目を覚ます
    ・運動した後は息苦しくなる
    ・安静にしていても、突然激しく咳き込むことがある
    ・激しく咳き込むようなことがくり返し起こる
    出典 :放置すると死に至ることも…増加中!大人の喘息|ヘルスケア情報|eo健康
  • 発作も起きるので注意

  • 喘息の発作が起こると、気道(空気の通り道)の粘膜がさまざまな刺激に過敏に反応して炎症でむくみ、狭くなります。その後、痰(たん)がたくさん分泌されて気道をふさぎ、呼吸が困難になります。
     発作は治療によって通常は数分から数時間でおさまりますが、激しい発作が長く続くと危険な状態になる場合もあります。
    出典 :成人気管支喘息(ぜんそく)
     

    子供だともっと大変だと思います・・・

  • 治療法

  •  

    喘息の治療ではその原因を特定し、原因を除去することが重要です。
    アレルギー検査を行い、アレルゲンが特定されればそれを除去します。たとえば、ネコがアレルゲンだと分かったら、ネコに近づかないような生活をします。アレルゲンが特定されない場合は、発作が起こった状態をなどから原因を推測し、できるだけその原因を遠ざけるような生活をするようにします。 喘息になってしまうと、完治させることは難しい場合が多いですが、薬によってうまくコントロールすれば発作を起こりにくくすることもできるほか、改善してくれば薬を飲まずに経過を見るということも可能です。

  • [喘息の薬]
    喘息患者の場合、発作が起こっていなくても、気道は常に炎症状態にあります。したがって、その慢性の炎症を鎮める「長期管理薬」と、発作が起こったときや起こりそうなときに使う「発作治療薬」という2種が用いられます。
    長期管理薬で主に用いられるのは吸入ステロイド薬。ステロイドというと副作用があるのでは?と不安に感じるかもしれませんが、吸入することで気道に直接届くうえに、全身への作用が少なくなっているため、長期間の使用にも適しています。発作が起きなくなったから…と勝手にやめてしまうと、再び悪化してしまうことも。薬の服用は医師の指示をきちんと守ることが大切です。
    出典 :放置すると死に至ることも…増加中!大人の喘息|ヘルスケア情報|eo健康
  • 予防的治療の場合、現在、炎症の改善にもっとも効果があるとされているのは、吸入ステロイド薬です。吸入器を使い、患部(炎症が起こっている気道)に浸透させるタイプの薬です。ステロイド薬と聞くと「副作用が怖い」と感じる人もあるかもしれませんが、飲み薬とは違って患部にだけ作用するので、長期の使用にも適しています
    出典 :油断できない大人のぜんそく(喘息) | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア