ガスがたまって下腹部がはる。それって「過敏性腸症候群」かも!?

ストレスや過度の緊張なども発生要因となる「過敏性腸症候群」。下腹部に、ガスがたまってはりを感じたら、もしかすると疑った方が良いかもしれません。

view1764

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過敏性腸症候群ってなーに?

  • 過敏性腸症候群は、英語の頭文字をとって「IBS」などとも呼ばれています。

    この病気は、日本を含む先進国に多い病気とされています。

  •  

    下痢や便秘を繰り返す。

  • 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、Irritable Bowel Syndrome, 通称:IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで「過敏性大腸症候群」と呼ばれていたが、最近では、大腸だけではなく小腸にも関係することなどからこのように呼ばれている
    出典 :過敏性腸症候群 - Wikipedia
     

    IBSの方が呼びやすいですね。

  • もしかして、これって過敏性腸症候群?

  • ストレスや緊張を感じると急におなかが痛くなる、下痢になる・・・。
    このような症状をくり返すようなら、それは「IBS」かもしれません。
    ストレス社会といわれる今、だれもがなり得る現代病のひとつで、
    日本では5~10人にひとりがこの「IBS」で悩んでいると推定されています。

  •  

    電車の中で急にトイレに行きたくなる・・・

  • 日本人では10〜15%に認められ、消化器科を受診する人の3分の1を占めるほど、頻度の高い病気です。発症年齢は20〜40代に多く、男女比は1対1・6で、やや女性に多くみられます。便通の状態により、便秘型、下痢型、交代型の3つに分類されますが、男性では下痢型、女性では便秘型が目立ちます。
    出典 :過敏性腸症候群 - goo ヘルスケア
     

    10人に一人は過敏性腸症候群。

  • 過敏性腸症候群になる原因は何?

  • 過敏性腸症候群では、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常の3つが認められます。ただ、これらの異常を引き起こす真の原因はわかっていません。一部の患者さんでは、感染性腸炎のあとに発症することが明らかになっており、何らかの免疫異常が関わっている可能性も指摘されています。ストレスは、症状を悪化させる要因となります。
    出典 :過敏性腸症候群 - goo ヘルスケア
     

    ストレスは悪化の原因です。

  •  

    我慢などを繰り返しても引き金に。

  • 腸の運動を司る自律神経に異常があったり、精神的不安や過度の緊張などを原因とするストレスなどが引き金となる場合がある。また、元々神経質な性格であったり自律神経系が不安定であったりする人が、暴飲暴食やアルコールの多量摂取などを行ったり、不規則不摂生な生活、過労や体の冷えなどの状態に置かれた場合に症状が発生する場合がある。
    出典 :過敏性腸症候群 - Wikipedia
     

    過度な飲酒も引き金に。

  • 過敏性腸症候群にはどんな症状があるの?ガスがたまる?

  • 症状は主に便通の異常である。症状の現れ方によって、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分けられる。排便により、しばらくは症状が軽快するが、またぶり返す。

    >不安定型 腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互に現れる(交代性便通異常)。
    >慢性下痢型 少しでもストレスや不安を感じると下痢を引き起こす。神経性下痢などとも呼ばれる。
    >分泌型 強い腹痛の後、大量の粘液が排泄される。
    >ガス型 常に「ガスが漏れて周囲の人に嫌がられているのではないか」という不安に苛まれ、意識がその一点に集中し、余計におならが出てしまう症状。症状が重くなると、他人の前では無意識の内にガスやにおいがもれるようになる。おなら恐怖症等と呼ばれあがり症(対人恐怖症)の一つと見なされることもある。
    出典 :過敏性腸症候群 - Wikipedia
     

    一言でIBSといっても症状はさまざま。