どっちがいいの?「シアバターは未精製」の物が優秀?

シアバターは未精製のものとそうでないものがあるみたい。未精製の特徴にも触れてみたいと思います。

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • シアバターは未精製?特徴を見よう

  • 保湿効果とアンチエイジング効果です。肌をしっとりと保湿するとともに、細胞を活性化して若がえらせる働きが期待できるのです。こういった効果をもたらしているのがシアバターの有効成分であるトコフェロールやトリテンペンアルコールなのですが、精製を行うことでこういった成分の一部が減ってしまうということもあります。
    出典 :未精製のシアバターの特徴とは?|and D.E.L.O.N.
     

    未精製の場合はこのような心配は必要ないそうです。

  • 小麦や蕎麦などが有名ですが、天然の素材から作られるシアバターにもアレルゲンは微量ですが存在するのです。精製を施すことでこのアレルゲンはかなりの量を除外することができるため、精製したシアバターにはほとんど含まれていません。未精製の場合はこの工程がないためそのまま残っています。
    出典 :未精製のシアバターの特徴とは?|and D.E.L.O.N.
  • 使う前に

     

    未精製のシアバターを使う前には必ずしっかりとパッチテストを行いましょう。事前に栄枯油がない事を確認しておく事で不安なく安心して使用する事が出来るのです。

  • 精製を行うと、その色味や匂いも変化します。シアバターはもともとは茶色に近いクリーム色をしていますが、精製を施すことでその色が薄くなり、白に近づくのです。匂いに関しても本来の独特の香りが精製をすることによって薄くなります。
    出典 :未精製のシアバターの特徴とは?|and D.E.L.O.N.
  • 保存期間の違いもある

  • 本来、シアバター自体は酸化しにくい油脂なのですが、精製シアバターに比べると未精製シアバターの方が酸化しやすい。との情報も。※未精製は、半年から一年を目安に使いきらねばならない。
    出典 :【iHerb注文記】どっちがいいの!精製シアバターと未精製のシアバターを購入してみた29個人輸入目 iHerb個人輸入記 「オーガニックタイガーへの道」
  • 流通しにくいのは未精製の物

  • 。シアバター自体は、油脂の成分組成が、飽和脂肪酸のステアリン酸(約40%)、一価の飽和脂肪酸のオレイン酸(約40%)と安定した油脂が大半をしめており、一般的な植物油脂に比べ非常に酸化しにくい油となっています。けれども、保存状態(空気、光、温度などの条件)によっては酸化が進みやすくもなります。
    出典 :シアバターについて|アフリカ工房
  • 大量生産、均一の化粧品を作る場合には、シアバターの色や香りが問題となってきます。そのため一般的には、抽出や精製の過程でヘキサン等の薬剤を使って化学的処理を施し、油脂の酸化の原因となる物質を取り除き、色や香りを脱色、脱臭し、安定化させているのです。
    出典 :シアバターについて|アフリカ工房
  • 長期保存、大量生産、大量流通が前提の化粧品の場合、製品の安定性からすると、未精製シアバターよりも精製シアバターの方が安定していて扱い易いのです。このような理由から、日本では高品質な自然のままのシアバターはなかなか手に入りにくいのです。
    出典 :シアバターについて|アフリカ工房
  • 未精製は肌馴染みが良い!?

  • 未精製シアバターに比べ精製シアバターの方が融点が高いという結果が得られています。未精製シアバターの融点は35~37度程度で、人肌でスッと溶けることが特徴とされています。それに比べ精製シアバターは2~3度高い温度で溶けます。
    出典 :シアバターについて|アフリカ工房
  • 未精製シアバターの方が浸透性があり、油脂のわりにサラッとした使い心地がします。それに比べ、精製シアバターの方が肌に残り多少べたつく感じがします。肌への浸透性なら未精製シアバターの方が、肌をコーティングするようなイメージなら精製シアバターの方がそれぞれむいていると考えられます。
    出典 :シアバターについて|アフリカ工房
  • 未精製のものを選ぶ利点は

     

    オイルに加工をしないで天然の成分が含まれている事になるのではないでしょうか。自然から生まれたものだけが使用された製品を好む人には未精製のものがおすすめと言えますね。