セラピーキャット!?【アニマルセラピー】猫もセラピー出来るのです!

猫でもアニマルセラピーがあるって知っていましたか?
そんなきになるセラピーキャットを
まとめてみました

view5089

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 猫のアニマルセラピー出来るの?

  • アニマルセラピーとは、動物と触れ合わせることでその人に内在するストレスを軽減させたり、あるいは当人に自信を持たせたりといったことを通じて精神的な健康を回復させることができると考えられている。

    出典 :元気になりたい: 猫を飼って、アニマルセラピーの効果はあるのかな
  • ネコちゃんも、頭なでなでした時に出す
    「ゴロゴロ~ゴロゴロ~♪」は
    人間の脳波に
    良い影響を与えるという説もあります。

    あと余談ですが、
    ネコのゴロゴロ音 (27~44Hz)は骨密度を上げ
    骨折や骨粗しょう症に良いという説もあります。

    出典 :心理カウンセラー、山中ショウセイのカウンセリングルーム ネコは名カウンセラー!?「アニマルセラピー」
     

    あのごろごろ音は甘えたい時に出す音なのですよ~

  •  

    動物は環境さえ整えば、人間と同じ感情を持つようになる、と知ってしまうと価値観は激変します。革製品を買う事や肉を食べる事に疑問を持ち、社会に対する疑問のようなものが次第に強まってはきましたが、心の中は「平安」そのものです。どうしてそんな事で怒るのか?どうして自分が悪いのに怒るのか?どうして見え透いたウソを付くのか?周囲の人が次第に子供ように見えてきて、なんだか自分が物凄く大人になってしまったかのような感覚に包まれました。とにかく、これまで以上に高尚で博愛的な考えが浮かぶようになったのです

  • 効果はきちんとあるのですよ~

  • 猫に限らず動物をペットとして飼っていれば、仕事から家に帰ったときに自分を迎えてくれる猫がいればどんなに心強いでしょう。
    猫とのふれあいのなかで、いつの間にか癒されていく、これが猫セラピーの効果の基本はここにあるのです。
    無償の愛を与えてくれる猫たちは、日常の緊張感や圧迫感また悩み事などから解放してくれます。
    動物への愛情からは、動物に対しての働きかけが身体的生理的機能の改善にも繋がると思うのです。
    出典 :アニマルセラピー◆猫のアニマルセラピー◆ペットと癒しの空間
  • 毛繕いの仕草を見ていて可愛いと思ったり、
    繊細な毛で覆われたからだをなでるとふわふわしているとか、
    優しい気持ちになれます。
    そういったネガティブな面も含めても、相殺して、
    飼ってて、猫が居てくれて嬉しい気持ちになれます。
    出典 :元気になりたい: 猫を飼って、アニマルセラピーの効果はあるのかな

  • 血圧を下げる作用がある?


    イヌやネコなどのペットを撫でていると、血圧の変化が見られ、最高血圧が10㎜hgも低下したとの報告があります。
    草食動物は生まれてすぐに自分の足で立ち、外敵から自分の身を守ろうとします。それに比べ、私たち人間は未熟な状態で産まれ、すぐに立ち上がることはできません。
    私たちは、幼いときより母親(母体)に抱かれることを本能的に強く望んでいるため、その要求がペットを撫でているときに満たされ、自らの赤ん坊時代に回帰し、精神も無条件に安心し、血圧が低下していくものと考えられています。

    出典 :回の壱-2
     

    猫は癒したっぷり~

  • ざっくりまとめると

  • 動物介在療法 まとめ
    ・動物は人間と同等の感情を持つ
    ・すさんだ時代に流されたくなかったら動物と接するのが一番
    ・動物に与えた愛情や安心感が「癒し」となって自分に帰ってくる
    ・動物と一緒に眠ると悪夢を見ずにグッスリと眠れる
    ・動物といると高尚で博愛的な考えが浮かぶようになる
    ・動物と過ごした時間は自分の人生の貴重な財産となる
    ・相手を信頼すれば死後もその愛は永遠になる
    出典 :動物療法(アニマルセラピー)の癒し効果は永遠: 心について研究する
  •  

    猫(動物)に触れるということは、リラックス効果があり、脈拍や血圧の安定にも効果があり、種々の精神疾患はもちろん痴呆からの回復にも、ひと役かってくれていることが分かってきているのです。

  • 非言語コミュニケーションが良い

  • ネコは
    ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)で
    癒してくれますから
    そこに我(が)が無いと
    最強のヒーリングツールになります。

    ノンバーバルコミュニケーションは
    時に言葉よりもっと深いです。

    潜在意識にダイレクトに伝わります。
    出典 :心理カウンセラー、山中ショウセイのカウンセリングルーム ネコは名カウンセラー!?「アニマルセラピー」

  • 高齢者とペット




    子供もすでに自立した夫婦世帯や一人暮らしの生活をしている高齢者にとって、心を支えてくれるのが意外と、ゲートボール仲間やパークゴルフ仲間ではなく、ペットだったりするのです。
    我が子のようにかわいがり、家族の一員として穏やかな気持ちや充足感を得られるなど、ペットに対する愛情の強さが感じ取れます。
    また、現在は高齢化が急速に進みつつあります。そんな中で、高齢者に対する動物を介したアクティビティケアの大切さが重視されているのも事実です。

    出典 :回の壱-2
  • 学校での飼育を基本にイヌやネコといった動物との付き合いの中で生まれるのは、『人の痛みが分かる』『自尊心や忍耐力が育てられる』『口の堅い話し相手ができる』 … そしてなによりも、生命観を育てることができます。
    子供達の精神的成長に、動物たちは大きな役目を果たしているのです。
    出典 :回の壱-2
  • アニマルセラピーためしてみてくださいね!