改善しよう「低血圧で朝起きられない」のは治る!

低血圧で朝起きられない事ってありますよね。そんな症状はしっかりと改善しましょう

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低血圧で朝起きられないという人は多い

  • 「低血圧だから朝起きられない」という人、若い女性には結構多いようです。低血圧の人には、ほかにもめまいや立ちくらみ、頭痛、肩こり、疲れやすい、体がだるい、気力がわかないなど、さまざまな症状がみられます。そして春から夏にかけて、症状は強くなることが多いのです。
    出典 :朝起きられないのは低血圧のせい? - goo ヘルスケア
  • 低血圧で起きにくいというのは、身体を物理的に起こす時のめまいやふらつきを指していることが多いと思います。これは起立性低血圧というもので、血液が心臓にきちんと押し上げられないために起こる低血圧障害です。
    出典 :朝起きれない
     

    改善をしましょう

  • 時には危険な事も

  • 起立性低血圧の人は横になっている状態から身体を起こすと、交感神経がうまく働かず、血液が心臓に戻りにくくなるため動悸や疲労感を伴う症状が現れ、ひどい時には失神を伴います。それとは別に、朝目が覚めても身体全体に活力が湧かず、動き出すことがとても辛いというのが低体温の症状です。
    出典 :朝起きれない
     

    これは怖いですよね

  • 私たちの体温は血液のめぐりによって決まります。低体温の人は血行が悪いので代謝が上がらず、体内にエネルギーが生まれにくくなっています。低血圧の人は同じく血行が悪くなりますので、低体温を同時に伴っていることが多く、それが原因で朝起きられない症状を起こしている可能性が高いです。
    出典 :朝起きれない
     

    このようなものも原因になります

  • 夜型生活が原因へ

  • 血圧は眠っているとき低くなり、朝目覚めるころだんだん高くなりますが、低血圧の人はこの血圧の上昇がうまくいかないため、朝起きるのがつらかったり、だるかったりします。起きて活動しているうちに血圧も上がって、夕方から夜にかけては人より元気になったりする人もいます
    出典 :朝起きられないのは低血圧のせい? - goo ヘルスケア
     

    辛さが中々理解してもらえない傾向になりますよね

  • 朝弱いからと夜型の生活を続けていてはだめ! 夜更かしすれば朝はますます起きるのがつらくなり、午前中をボーっと過ごしてまた夜更かしといった悪循環に陥ってしまいます。低血圧だからこそ早く起きて、血液循環をよくしてあげることが大切なのです。
    出典 :朝起きられないのは低血圧のせい? - goo ヘルスケア
  • 生活を見直そう

  • 生活サイクルが乱れていたり、嗜好品を常用している人には、生活改善も有効です。生活サイクルが整うと交感神経と副交感神経のバランスや働きが良くなり、低血圧症の諸症状改善に役立ちます。
    出典 :朝起きられないのは怠けのせいじゃない!生活を狂わす低血圧とは | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
  • 煙草は

     

    血液の循環を悪くしてしまい脳へ十分な血を送るのを妨げてしまうのです。これも結果低血圧の症状がでやすくなるので注意しましょうね!

  • 早めに就寝する事

  • 交感神経の活動性が早く高まるようにすることが大切です。そのために、早めに就寝するように心がけましょう。朝起きられない時の具体的な対策としては、起床したらラジオ体操などの軽い運動を行う、コーヒーのようなカフェインの入ったものを飲む、ウォーキングを、朝風呂などといった方法があります。
    出典 :朝がおきられない症状【低血圧症状】
  • が苦手な方でも海外旅行にいくとか、大事な試験をうけるとかいう場合には、絶対に朝きちんと目を覚まします。つまり精神的な緊張が交感神経の作用を高めているからです。このように、朝起きられない問題の鍵は、【交感神経の作用】にあります。
    出典 :朝がおきられない症状【低血圧症状】
  • 病院へ行くときに

     

    もしかかりつけ医が専門外で診られない、なおかつ他病院の紹介もしてくれないのであれば、循環器科か循環器科を標榜する内科に行くことをオススメします!内科ならある程度見てもらえますよ