毎日の食事が身体を作る。女性の育毛・発毛に良い食事・レシピ

髪の毛を育てる栄養と食べ物にはどんなものがあるの?どのような栄養素を含む食材が髪の毛を育てるために欠かせないのでしょうか?

  • osugi 更新日:2014/01/07

view797

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 髪の毛の主成分・タンパク質は必要不可欠!

  • 大豆製品

     

    特に豆乳がオススメ
    女性ホルモン、エストロゲンに似た働きをします。心を落ち着ける作用もあるので、積極的に摂りたい栄養です。

    また大豆には毛穴をキレイに保つビタミンB、血流を良くし若さを保つビタミンEなど、髪の毛の健康を保つのに必要な栄養素が豊富です。

    しかも大豆で摂るイソフラボンは過剰摂取の心配はありません。

  • 納豆

     

    納豆の成分のうち、特に育毛に効果的と言えるのは、イソフラボン、ヨウ素、ポリアミン、アルギニンです。

    納豆に含まれるヨウ素は、育毛に大きくかかわっている物質です。ヨウ素は甲状腺に作用します。ヨウ素により活性化された甲状腺ホルモンが、栄養を吸収しやすくし、新陳代謝を加速させることで、髪の毛の成長を後押ししてくれます。

    他にも納豆にはポリアミンが含まれていますが、ポリアミンは細胞分裂に深くかかわっており、不足すると細胞分裂が出来なくなるといわれています。つまりポリアミンには、アンチエイジング効果があることになります。育毛効果が期待できる食材・素材の納豆には、アルギニンも含まれます。アルギニンには成長ホルモンの分泌を増加させる作用があります。成長ホルモンが増えれば、発毛の働きも活発化されるので効果的と言えます。

  • 大豆と卵は良質なタンパク質の宝庫であるとともに、レシチンも多く含んでいるのです。

    レシチンには、血管の内壁に付いたコレステロールを溶かしたりして、
    動脈硬化を予防する働きがあります。

    お肉をよく食べる方ならレシチンが、血行を良くしてくれますし、
    和食中心の方であれば、血行の良さを保つことができます。

    また、レシチンには1つ1つの細胞を包む、細胞膜の材料になるため髪の毛の生成には欠かせません。

  • 青魚

     

    青魚(サバ・イワシなど)には良質なタンパク質を含むので、これが髪の元になります。またコレステロールや中性脂肪を低下させるので、ある意味で最強の食材です。

  • 新しい細胞を作るのに必要な亜鉛
     

  • 牡蠣

     

    食品の中で亜鉛がたくさん含まれているのが「牡蠣」。
    厚生労働省が提示している1日に必要な亜鉛の量は約10mgですが、牡蠣は一匹あたり、約10mgの亜鉛を吸収することができます。

  • うなぎ

     

    実はウナギは育毛効果が期待できる食材・素材なんです。ウナギに含まれている成分の多くは、夏場の疲労回復だけでなく、育毛にも効果的です。

    さらにウナギには亜鉛の他にビタミンAが含まれています。ビタミンAは細胞の分裂を適正に保つ作用があります。特にこれは皮膚細胞に効果的です。頭皮の細胞の働きを活発化させ、活きが良い皮膚になりますので、ウナギは育毛効果が期待できる食材・素材と言えるでしょう。

    他にも髪の毛のもとであるタンパク質の生成を加速させる、ビタミンB群も豊富に含まれています。

  • レバー

     

    フレッシュなままの状態でないと、ビタミンB6は壊れてしまいます。冷凍はしないように。

  • 必須ミネラルの鉄分

  • ほうれん草の胡麻和え

     

    鉄は育毛と深い関係がありますので、鉄分豊富なほうれん草は、育毛効果が期待できる食材・素材と言えます。ゴマも育毛効果が期待できる食材・素材ですので、ほうれん草のゴマ和えは育毛に最適な1品と言えるでしょう。

  • ビタミンEは女性ホルモン分泌にも◎

  • たらこ

  • キャベツ

     

    女性ホルモンを活性化させるボロンという成分が含まれています。かつて「キャベツでバストアップできる!」といわれていたのは、ボロンのはたらきに注目したものかもしれません。

    キャベツにはホルモンバランスを調整したり、解毒作用もあり食物繊維も豊富。野菜炒めにも、シチューやお味噌汁にも、プレートにスライスして添えるだけでもOKの食材なので、積極的に活用しましょう。

  • アーモンド

     

    素焼きのアーモンドをお菓子代わりなどに。1日10個が目安です。

  • 育毛と更年期に効くハーブティー

  • フィーバーフュー

     

    育毛に限っては、AGA(男性型脱毛症)に効果があったという報告しかされていませんが、他にも良い効果をもたらしてくれます。

    頭痛、疲労回復、生理痛、冷え性に効くなど、更年期女性に嬉しい効果があるということで、ヨーロッパでは古くから民間療法として愛されてきたハーブすで。

    これだけでは飲みにくいので、香りの高いハーブとブレンドして飲みやすくなるよう、工夫してみて下さい。

  • ルイボスティー

     

    ルイボスティーに育毛効果があるらしいです。活性酵素を除去し、美肌にも良いといわれています。

    髪の毛の生成に必要な微量栄養素である、銅や亜鉛などミネラル類が豊富に含まれています。

  • 緑茶

     

    「緑茶が育毛に効果的!」とまでは言いませんが、健康効果という点では、西欧のハーブティーに負けていません。

    カテキンが中性脂肪やコレステロールを下げてくれることは有名ですが、粘膜や皮膚の健康維持に必要なビタミン2が入っています。

    緑茶は抹茶のように、茶葉まで飲んだ方が薬効が高いので、すり潰すか、粉末状の緑茶を販売店に求めるのも良いと思います。

  • 血行をよくしてくれるシナモン

  • シナモンティー

     

    毛細血管の構造を安定化する作用があり、血管からの血液の漏れの90%を防ぐ効果があると実験により確かめられています。
    これはびまん性脱毛症の問題点である頭皮の毛細血管の減少を防ぎ治す効果があります。
    1日に必要な摂取量は0.6gでシナモントーストやお茶を一杯飲む程度で大丈夫です。

    香りが気になる方は カレー、肉じゃが、などの料理に混ぜると 気になりませんよ。

    ただし、過剰摂取は禁物です。育毛効果が期待できる成分・物質だからといって、シナモンを過剰摂取すると、肝機能障害を起こす可能性があります。

  • 以上の食材は成分的に育毛効果が期待できると言われています。
    即効性はありませんが、普段の食事に取り入れてみて下さい。