ブヨブヨ体を何とかしたい!すっきり痩せられると噂のアトキンスダイエットの方法とは?

クリスマスにお正月…何かとイベントの多い年末年始は、体のラインがぼんやりしがち。
そこで、今のうちに知っておきたいアトキンスダイエットの方法についてお勉強しましょう♪

  • mippi 更新日:2014/01/07

view592

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アトキンスダイエットとは?

  • ロバートアトキンスが考案した炭水化物の摂取量を控えるダイエット法であり、低炭水化物ダイエットやローカーボダイエットとも呼ばれている。
    炭水化物(糖質)の摂取量を減らすことで脂肪をエネルギー源とするようになり、体脂肪を減らすことができるという理論によるものである。
    出典 :【アトキンスダイエット】 痩せる仕組み/各段階の方法/危険性 | ダイエットSlism
  • 彼のダイエットの特徴は、脂肪分解を誘導するとともに、血糖やインスリンを低レベルで安定させることを狙っていて、成人病の予防にも役立つ方法として知られています。彼のダイエット法は、脂質とタンパク質が高めで糖質が低い食事を摂るとともに、必要に応じてDietary Supplementで栄養補給するものです。
    出典 :アトキンスダイエット
  • つまり、ご飯やパンなどの炭水化物摂取を抑えることがメインのダイエット方法なのですね。

  • どうしてこの方法で痩せるの?

  • 低炭水化物ダイエットでは、炭水化物の摂取量を減らしてブドウ糖が不足している状態を作ることによって、脂質がエネルギーとして使われやすくなり、体脂肪を減らすことができると考えられています。
    出典 :【低炭水化物ダイエット】 方法/効果/危険性 | ダイエットSlism
  • 痩せられない方の多くは脂肪が分解しにくい体質になっています。アトキンス・ダイエットでは、まず最初に超低糖質、しかも脂肪を減らさない食事を14日間とることによって、体脂肪の分解を活発にさせます。分解された脂肪はエネルギーとして使用されたり、尿中に排泄されたり、再び体脂肪となったりしますが、大量に水分をとることにより、尿中に排泄する量を増やします。その結果、体脂肪を効率的に落とすことができるわけです。
    出典 :アトキンスダイエット
  • このダイエット方法が向いている人はどんな人?

  • アトキンス・ダイエット法の対象者となる人は、太っている肥満状態である→肥満のためインスリン抵抗性が高くなる→さらに肥満になりやすくなり糖尿病発症のリスクが上がっている状態→「炭水化物中毒」となっているという人です。
    出典 :アトキンスダイエット|低炭水化物・ケトン式で痩せる
  • アトキンスダイエットの方法とは?

     

    4つの段階に分けられます。

    ①誘導段階
     炭水化物の量を減らします。目標摂取量は1日20g以下です。
    ②減量段階
     炭水化物の量を調整します。体重の減る炭水化物量を見つけ出します。
    ③前体重維持段階
     目標の体重に近づいたら、少しだけ炭水化物を増やします。
    ④体重維持段階
     目標体重に達したら、炭水化物量を体重が保てる程度にキープします。

  • アトキンスダイエットの注意点とは?

  • ※ 本来必要な炭水化物(糖質)を極限まで制限するため、精神的ストレス、肝臓への負担や、だるさやふるえなどの低血糖症状や体調を崩すこともあります。
    ※ 炭水化物を抜き、必要摂取カロリーが不足すると 筋肉などを分解しエネルギーにするため、筋肉がやせることがあります。
    ※ 急に食事をすることで血糖値が急上昇を起こし、生活習慣病につながることがあります。
    ※ 体調を考え、理のない範囲で期間を決めておこないましょう。
    ※ 炭水化物を制限することで、普通食に戻したときにリバウンドを起こす可能性が高いダイエット方法です。
    出典 :低炭水化物ダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
  • アトキンスダイエットの効果とは?

  • 私は昨年四ヶ月程度で-13kg・体脂肪率-14%の減量に成功したのだが、方法は「低糖質ダイエット」でございます。
    出典 :ダイエット成功談
  • 【アトキンスダイエットは効果があった】
    アトキンスダイエットのような低糖質ダイエットが本当に効果的かという研究も相当数行われてきています。その中で信頼性の高いものとして、Samahaら(2003)、Fosterら(2003)が、最も権威のある医学誌モNew England Journal of Medicineモに報告した研究が挙げられるでしょう。これらの研究では、低糖質、高タンパクダイエットと、同カロリーでの低脂質ダイエットの効果を比べ、前者の方が6ヶ月で約2倍の体脂肪減量効果があったとしています
    出典 :健康とトレーニング|ウェブリーグ
  • 危険性も…

     

    効果的であるとの一方で、危険性も潜むということを知っておきましょう。

  • 糖質は脳にとってなくてはならない栄養素である。糖質をカットすることで脳にダメージを与える可能性があるといわれるんだ。実際、このダイエットに取り組んだ者には、無気力や倦怠感や偏頭痛を訴える者が多いらしいぞ。
    出典 :アトキンスダイエットの問題点(1)/危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
  • 「6ヶ月以上炭水化物を抜いた食事を続けていると
    腸相は確実に悪化していきます。
    私はアトキンスダイエットを実戦している人の腸を数多く診ましたが、
    どれも腸相はよくありませんでした。とくに、このダイエット法を
    一年以上続けているという人の腸はかたく、内腔(ないくう)も狭く、
    中には腸の左右に憩室ができるなど、危険なほど悪化しているケースも
    ありました」
    出典 :アトキンスダイエットが正しくないことは簡単に説明できます | 食育に栄養学も食事バランスガイドもいらない - 楽天ブログ
  • メリットとデメリットをしっかり理解して実践することが大切です!