化学的流産【ケミカル・アボーション】とは何?まとめ

ケミカル・アボーションとはどのような
ものの事を呼ぶのでしょうか
化学的流産ともよばれるものをまとめてみました

view453

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 化学的流産【ケミカル・アボーション】って何?

  • ひとつの精子とひとつの卵子が受精し、その受精卵が子宮内膜に着床したことをもって妊娠といいますが、着床をしても、その発育が途中でとまり、出産にいたらない場合も多くあります。その時期により流産(初期、後期など)、死産と分類されますが、着床して、妊娠反応が陽性になった後に、超音波検査で子宮内に胎嚢(たいのう/GS:Gestational sac)という袋が見えてくる前に、発育がとまる場合を化学的妊娠(Chemical Pregnancy:ケミカル・プレグナンシー)といい、それに引き続いて起こる生理様の出血を化学的流産(Chemical Abortion:ケミカル・アボーション)といいます。
    出典 :化学的流産(ケミカル・アボーション) [流産の基礎知識] All About
  • 受精はしたものの着床が続かず、その後月経と同じように起こる出血のこと。妊娠検査薬の精度があがったことにより、月経開始予定日直後でも受精の段階で陽性反応が出てしまうことが多くなっている。

    本来は着床していなければ妊娠ではないため、医学的には流産にカウントされない。名前の由来は、妊娠検査薬で陽性反応が出る「化学反応」から。
    出典 :化学流産[ケミカル・アボーション]を経験して、今、思うこと。 | クリエイター連載 | 大人モテLAB.
     

    噛み砕くとこのような事です
    難しい事は苦手です!

  • 流産にはカウントされないと言われている

  • 生理痛があまりに痛くて、通常数時間で終わるのだが、
    大きな痛みが引いた後でも、少し嫌な感じが残る。
    今までにない感じ。
    でも、こうやって妊娠を意識してない状態で同じような症状になっても
    きっと気づかないだろうなと思う。
    検査薬で陽性が出たから、なんでだろうと思ってその症状を見ると、
    確かに、と思うが、そうじゃなかったらただ単に生理が重いと思って終わりだと思う。
    妊娠検査薬が普及されてから、化学的流産というのが多く見つかるようになったそう。
    だからといって、昔もきっと同じ確率で、ただ気づかなかっただけなんだろうけどさ。
    流産にはカウントしないらしいです。
    まだ超初期のため。
    出典 :化学的流産(ケミカルアボーション) - あっははーん的家族計画
  • ケミカルアボーションは、超初期で完全流産のため、
    遅れた生理だと思って気がつかない人も多く、
    この流産を含めたら、全妊娠の20%以上の確率で流産は起こるそうです。
    つまり単純に言えば、
    5人に1人は流産を経験する、ということです。
    ケミカルアボーションを抜いても
    10~15%はあるので、
    初期流産はよくあることで、多くの人が経験しています。
    出典 :流産体験
  • 染色体の異常が原因と言われている

  •  

    着床しても妊娠が継続しないほとんどの理由は、受精卵の染色体異常によるものです。実は受精卵の約45%に染色体異常があると言われています。その内訳ですが、受精する卵子と精子それぞれに、すでに約25%、15%の染色体異常があります。そして、受精の時に約8%の異常が生じるので、あわせて約45%の受精卵が異常になります。(すべてたすと48%になるが、精子と卵子が共に異常があるなどの重複ケースがあるため)

  • 染色体異常のある受精卵は着床障害を起こしやすく、約半数(45%の受精卵のうちの20%)が着床せずにそのまま生理となります。着床できるのも約半数。約45%だった染色体異常率は、着床後には約25%となります。

    ちなみに、超音波検査で胎嚢が見えてくる染色体異常のある胚芽(全体の15%)は、その後、初期流産、後期流産、子宮内胎児死亡となることがほとんどで、出産まで至るのは、約0.6%です。
    出典 :化学的流産(ケミカル・アボーション) [流産の基礎知識] All About
     

    まとめればまとめるほど落ち込みます・・・

  • ほとんどの女性が経験するので

  • そういうことはずいぶん前から知っていたはずなのに、目の前に突きつけられた「陽性反応とからっぽの子宮」という矛盾にどうしても納得がいかず、私は車に戻ってから泣きじゃくりました。しばらくは「どうして、どうして」と泣き続けていましたが、突然、閃きのようにある言葉を思い出しました。

    「赤ちゃんは空に帰ってしまったのではなくて、忘れ物を取りにもどっただけ」

    これは化学流産について調べている時にネットで見つけた励ましの言葉です。心の中で反芻するうちに、私は少しずつ我にかえっていきました。
    出典 :化学流産[ケミカル・アボーション]を経験して、今、思うこと。 | クリエイター連載 | 大人モテLAB.
  • 流産は、初期流産(~11週)で
    母体の原因ではなく、受精卵側の問題であると言われています。
    受精の段階の異常、完全に着床できなかった、
    細胞分裂がうまくできなかった、など。
    多くの方は、流産の後、妊娠中に自分がしたことを後悔して
    自分を責めてしまいがちです。
    初期流産は、どんなに安静にしていても起こることなので
    自分を責めないでください
    出典 :流産体験
  • 医療処置はいらないという事

  • 化学的妊娠は基本的には医療処置は必要ない

    妊娠反応が陽性で、産婦人科を受診して、胎嚢が見えないとき産婦人科医は
    1.まだ初期で見えてこない
    2.化学的妊娠
    3.子宮外妊娠

    の3パターンを考えます。通常は妊娠4~5週で胎嚢が見えてきますが、現在の妊娠反応は胎嚢が見える前に陽性となるので、下腹痛などがない場合は、通常1~2週後の再診を指示されるでしょう。それでも胎嚢が見えてこない場合は、化学的妊娠か子宮外妊娠を考えます
    出典 :2/2 化学的流産(ケミカル・アボーション) [流産の基礎知識] All About
  • 化学的流産は

     

    流産にカウントされず
    その上、妊娠の超初期症状はわかるという事ですね

    誰でも経験する事なので
    気を落とさず

    受精した
    という事実はしっかり受け止め
    妊活を進めて行く事をお勧めします