睡眠障害の4つの症状、5つの原因と対策

睡眠障害の主な症状は4つあります。

睡眠障害の主な原因は5つあります。

睡眠障害の症状と原因とを知ることは睡眠障害を防ぐ事にもなります。

view203

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  




    睡眠障害4つの主要症状・・・

  • 入眠障害

  •    寝付きが悪くて就床してから30分以上入眠できない。

  • 中途覚醒

  •    入眠後、十分な睡眠を摂り起床する時間までの間に目が醒めて再入眠できない。

  • 早朝覚醒

  •    朝、普段起きる時間に比べると早い時間に目覚めてしまう。

  • 熟眠感欠如

  •    普段と同じ程度の睡眠を摂ったにもかかわらずぐっすり眠った感じがしない

  •  




    睡眠障害5つの主要原因と対策・・・

  • 心理的原因 ⇒ 何らかのストレスが原因となる

  •  




    特に眠れなくなった前後の出来事を、詳しく検討することで、明らかになってくることがあります。

  • 身体的原因 ⇒ 身体的な疾病や症状が原因となる

  •  




    身体的な病気や症状を治療することで、改善されることがあります。

  • 精神医学的原因 ⇒ 精神的な疾病が原因となる

  •  




    専門医師に相談して適切な治療が必要な場合があります。

  • 薬理学的原因 ⇒ 服用薬や薬理作用のある飲料が原因となる

  •  



    服用しているお薬、飲酒、喫煙、カフェイン摂取の習慣がないかを確認することが大切です。

    ドリンク剤には意外とカフェインが多く含まれているので注意が必要です

  • 生理学的原因 ⇒ 睡眠を妨げるような環境が原因となる

  •  



    先ずは少しでも眠りやすい住環境、例えば就寝前には照明を落とし、起床時には上げるなど、光のコントロールを考えたり、心と体がリラックスできるよう工夫してみましょう。