眠れないのは、睡眠時無呼吸症候群ありき。

正確に中推型睡眠時無呼吸と閉鎖型・混合型と3つに分かれて分類されている。
今回は、閉鎖型「睡眠時無呼吸症候群」を取り上げてみました。

view310

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • いびきをかく人には体系にいくつかの特徴が

     

    1・(いびきと肥満・)・正常な場合、気道は開いています。
               肥満で大きくなった舌が気道をふさいでしまい、
               呼吸が妨げられているのです。
    2・(下あごの小さい人) 下あごが小さかったり後退していると
                舌を支えているスペースも小さいので、仰向けに寝た時
                舌がのどの奥に沈みこむ確率が高くなります。
    3・(首が太くて短い人) 気道にいっぱい脂肪がついて
               いびきをかきやすいタイプです。
    4・(篇桃が肥大している人)・のどの奥の口蓋篇桃が肥大していると
                  気道がふさがれ狭くなっています。
    5・口蓋垂のながい人・  軟膏がいの中央にある口蓋垂(のどちんこ)が
                 舌に届くほど長い人

  • いびきは気道が十分に開放できていない状態

  • つまり口から鼻からからの息だけではなく・胸郭や大角膜を使い呼吸している形跡がなくなると危険です。
    一般的には閉鎖型が群を抜いて多く、肥満や舌の肥大・咽頭部の障害によって起こります。
    閉鎖型無呼吸症候群の呼吸パターンは次のようなものです。
    1・睡眠・2起動の閉鎖。3.無呼吸・4・血中の酸素分圧の低下・息苦しさで良い睡眠とはいえません。
    呼吸は次第にいびきとなってばくれつします。

  • 歯医者さん考案、いびき防止マウスピース・

     

    スリープスプリント(マウスピース)これを歯に装着する。そして寝るだけ。
    いびきが静かになります。
    マウスピースが気道を広げるので呼吸がしやすくなり、
    頭にも酸素がゆき渡ります。
    あれほど悩んでいたことが嘘のように消えてしまいます。
    あなたの周りの人が安心して眠れますね。