子供にする予防接種【B型肝炎ワクチン】

諸外国では定期接種になっていますが
日本ではリスクがある人だけになっています
子供にもしっかり予防として接種させてあげたいですね

view313

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • B型肝炎とは

  • B型肝炎とは
    肝臓に炎症を起こすウイルスは数多くありますが、特に肝臓に感染しやすいウイルスを肝炎ウイルスと言い、種類としてA型、B型、C型、D型、E型があります。

    B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが主に血液や体液を介して感染して肝炎を起こす病気です。感染すると、約30%の人が急性肝炎と言って、黄疸、発熱、倦怠感などが見られます。多くは自然に治ってしまうのですが、約2%に肝炎が急速に進行し、肝臓が数日で機能しなくなる劇症肝炎があります。劇症肝炎になってしまうと死亡率が70%と重症な肝炎です。
    出典 :B型肝炎ワクチンの接種・時期・副作用 [予防接種・ワクチン] All About
     

    恐ろしい肝炎にも
    予防があったのですね

  • B型肝炎ワクチンとは、B型肝炎の成分を使って免疫をつける不活化ワクチンです。免疫を高めるためのアジュバントという免疫増強剤にアルミニウムを使っています。しばらくすると抗体が下がってしまうため、何回かワクチンをする必要があります。B型肝炎ウイルスを持った母親から生まれた赤ちゃんには保険診療で予防ができますが、一般的には任意接種として自費になっています。

    医療従事者には、労働災害の観点から勤務先の医療機関負担で行っていることが多いです。私自身も研修医になった時に、ワクチンの接種を受けて、現在もB型肝炎の抗体の値を年に1回チェックしています。
    出典 :B型肝炎ワクチンの接種・時期・副作用 [予防接種・ワクチン] All About
  • 接種時期と回数は

  • 接種時期と接種回数

    母親が妊娠中に検査を行ってB型肝炎キャリアであることがわかった場合は、母子感染予防として、健康保険で接種できます。その際は、出産したかかりつけの医療機関で接種スケジュールの指示があります。
    母親がキャリアでない場合は、任意接種で生後すぐから接種可能です。しかし、生後2か月からヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンなどとの同時接種がおすすめです。4週間隔で2回、さらに20~24週経ってから1回の合計3回接種。
    出典 :B型肝炎ワクチン- Know VPD!
     

    将来の肝臓がんへの予防にもなります
    是非受けたい所ですね

  • 予防接種は

     

    大事なお子様を守る意味も考えて
    接種しておくのが無難と考えるべきでしょう

  • ■B型肝炎ウイルスを持った母親から生まれた赤ちゃん

    B型肝炎
    赤ちゃんにB型肝炎がうつらないように予防接種をします
    赤ちゃんにB型肝炎ウイルスの侵入を防ぐことが大切です。まずは、生まれてから48時間以内にB型肝炎ウイルスに対する免疫グロブリンを注射します。生後1カ月の時に検査して、B型ウイルス感染を起こしていないと判ると、B型肝炎ワクチンの接種を行います。生後2カ月、3カ月、5カ月の3回行います。生後6カ月時に免疫ができているかどうか確認します。接種量は0.25mlです。
    出典 :B型肝炎ワクチンの接種・時期・副作用 [予防接種・ワクチン] All About
  • おすすめの受け方


    B型肝炎は母子感染(垂直感染)や輸血だけでなく、知らない間にかかることも多いVPDなので、WHO(世界保健機関)では、世界中の子どもたちに対して生まれたらすぐにこのワクチンを国の定期接種として接種するように指示し、ほとんどの国で定期接種になっています。日本ではかかる確率は低いとされてきましたが、よく調査をすると毎年大人を含めて約2万人がかかっていると推定されています。
    また、3歳以上で感染してもキャリアになりやすい遺伝子型AというタイプのB型肝炎が日本でも広がっています。知らない間にキャリアになった家族などから子どもへの感染もめずらしくありません。そのために日本でも、全員接種が望まれます。
    今後、定期接種になる見込みですが、定期化を待って接種時期を遅らせないでください。

    日本では妊婦がB型肝炎キャリアかどうかの検査をしていますので、母子感染(垂直感染)の心配がない子どもは必ずしも、生後すぐに接種する必要はありません。3歳未満で感染すると慢性化しやすくなりますが、できるだけ早く接種すれば免疫もでき易く、将来の肝臓がんを予防できます。
    ワクチンは生後すぐから受けられますが、通常は生後1~2か月から接種を始めるのがおすすめです。十分な免疫を獲得するには2回目まででは不十分で、3回目の接種が大事です。また、ワクチンの効果は10~20年前後とされています。10~15歳頃に追加接種をすることが望ましいと思われます。女児は11歳頃に、HPVワクチンとの同時接種もすすめられます
    出典 :B型肝炎ワクチン- Know VPD!
     

    3回する事になりますが必要だといえるでしょう
    強制でないので、考えて行ってくださいね

  • ポイントは

  • スケジュールを立てる時のポイント

    生後2か月で受けるヒブ、小児用肺炎球菌、ロタワクチンとの同時接種ができます。
    たいへん重要なVPDですので、お子さんの年齢にかかわらず、ワクチン接種がまだの方はできるだけ早く受けましょう。
    出典 :B型肝炎ワクチン- Know VPD!
  • B型肝炎ワクチンの副作用
    副作用としては、接種を受けた10%程度の人に、打った後の体のだるさ、頭痛、注射部位が赤くなったり、腫れたり、痛くなったりします。
    出典 :B型肝炎ワクチンの接種・時期・副作用 [予防接種・ワクチン] All About
     

    副作用がある事も必ず念頭に入れておいてくださいね

  • B型肝炎ワクチンの課題
    B型肝炎ワクチンは世界の多くの国では定期接種となり、WHO(世界保健機関)は1992年、B型肝炎の感染源の撲滅と肝硬変や肝臓がんなどによる死亡をなくすために、子どもたちに対して、生まれたらすぐにB型肝炎ワクチンを国の定期接種として接種するように指示しています。そして、ほとんどの国で定期接種になっていて、これを「ユニバーサルワクチネーション」と呼んでいます。

    日本は、B型肝炎の母親からの出生した赤ちゃんだけを対象にしています。
    出典 :B型肝炎ワクチンの接種・時期・副作用 [予防接種・ワクチン] All About
     

    現在は、このような制限がない為
    受けておくにこしたことはないでしょう

  • 東南アジアではまだB型肝炎が見られることから、日本では定期接種化が望ましいです。
    出典 :B型肝炎ワクチンの接種・時期・副作用 [予防接種・ワクチン] All About
  • 最後に

  •  

    日本ではまだまだ研究中と認可中なので
    強制とまではいきませんが
    外国では結構な頻度で使われているようです

    大切な赤ちゃんを守るためにも、行っておくと良いと思います