光を浴びるだけ!朝の光がもたらす健康効果

実は、太陽の光、朝の光は人間の身体にとって、とっても重要な要素だって知ってました?ここでは、朝日がもたらす健康効果についてまとめました。

view348

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 私たち人間を含む地球上の動植物の生理現象は、24時間周期で変動しています。朝に目覚め、昼に働いて、夜に眠るといったことだけでなく、体内の各部で起こるさまざまな働きや変化も、24時間周期でくり返されています。このような、24時間周期で規則的にくり返される生理現象は、「概日(がいじつ)リズム」と言い、このリズムを調整する重要な役割を担うのが「体内時計」です。
    出典 :あなたの体内時計は正しく働いていますか?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    体内時計を正常に整えることが基本となります。

  • 体内時計は、朝に強い光を浴びることで正常に働くことができますが、忙しい現代人は、夜になっても明るい環境にいることが多くなっています。したがって、本来はあまり光を受けないはずの夜にも光を浴び続けることで、体内時計は狂ってしまうと考えられており、その結果、体にさまざまな悪影響が出てくると言われています。
    代表的な悪影響のひとつが睡眠障害です。体内時計のズレによる睡眠障害は、睡眠の時間帯が狂ってしまうことで引き起こされるもので、不眠症とは症状が異なります。
    出典 :あなたの体内時計は正しく働いていますか?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    体内時計が狂うと睡眠障害につながることがあります。

  • 朝、太陽の光を浴びることの効果は大きくわけて2つあります。
    1つ目は「体内時計を25時間から24時間へと調整すること」で、これにより毎朝スッキリと目覚められ、規則正しい生活を送ることが出来るようになります。

    2つ目は「メラトニンという眠気と深く関係するホルモンの分泌を抑えること」です。
    メラトニンの分泌レベルが下がると、眠気は吹き飛びます。
    出典 :メラトニンの活用 ~太陽の光を浴びる2つの効果とは~
     

    朝起きたらすぐに太陽の光を浴びることで、すっきりと目覚めることがきますよ。

  • メラトニンは、睡眠を考える上で非常に重要なホルモンです。
    人はメラトニンの分泌レベルが上昇することで眠くなり、メラトニンの分泌レベルが低下すると眠気を感じなくなります。
    従って、朝、太陽の光を浴びることによって、メラトニンの分泌レベルを低下させることが出来るのは、あなたが毎朝スッキリと目覚める上で、非常に効果的だということです。
    出典 :メラトニンの活用 ~太陽の光を浴びる2つの効果とは~
     

    メラトニンの分泌を太陽の光でコントロールできるようになれば、あなたの生活が向上しますよ。

  • 脳内物質のセロトニンは、心と体のバランスをコントロールする役割を持ちます。
    このセロトニンは、太陽の光を直接浴びることによって分泌量が増えるのです。

    セロトニンは、人に穏やかな感情を与える作用があり、セロトニンの不足はうつ病の原因のひとつであると考えられています。
    神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンなどの働きをコントロールしたり抑制したりする作用をもち、精神を安定させるという働きを持ちます。
    ですから、セロトニンが不足すると、感情や考えのコントロールが効きにくくなり、情緒・気分を不安定にしたり、うつ病の原因になると考えられているのです。
    出典 :太陽の日光を浴びる - メラトニン・セロトニンの働き
     

    太陽の光を浴びることはうつ病の予防にもつながるのです。

  • 欧米諸国の人たちは子供の発育や大人のダイエットには太陽の光が大切だと言う事と、その効用を良く知っていますから天気の良い日は公園で上半身裸で遊ばしています。

    メラトニンは夜に分泌されますが、日中に、戸外で太陽の光を浴びますと夜にメラトニンの分泌量が多くなります、そうすると熟睡できるのです。
    出典 :効果的なダイエットは朝の太陽の光を浴びることです。 | Angel i Times               天使の 「お・め・ざ」 - 楽天ブログ
     

    太陽の光を浴びて、夜に熟睡することはダイエットにもつながります。

  • 太陽の光で1時間リセット

     

    人間の体内時計は、朝、太陽の光とともにリセットされます。1日が24時間であるのに対して、体内時計のサイクルは25時間なのです。したがって、1日のどこかでリセットをしないと、毎日1時間ずつズレていくことになります。

    それが太陽の光。

    朝、日光を浴びると体は1日の始まりを意識します。この時、1時間ズレていた体内時計をリセットしてくれます。

    一方、朝に日光を浴びないと体内時計のズレはどんどん拡大していきます。これが規則正しい生活リズムを崩すことになり、結果、「なかなか寝られない…」や「朝、起きるのが辛い…」となるのです。

  • セロトニン神経を活性化する基本は、太陽の光を浴びることとリズム運動をすることです。

    もっともお勧めしたいのは、朝、太陽を浴びて、30分程度ウォーキングすることです。
    早朝出勤前に疲れない程度にウォーキングするのがベストです。

    毎日続けることが基本ですが、冬は、朝早い時間は寒くて億劫なものです。
    冬場は明るくなるのも遅く、太陽の日差しが弱いので、そのぶん歩くことが大切で、できれば夏場よりは長く歩きたいものです。

    なぜ30分程度なのかといえば、セロトニン神経を活性化するには、疲れない程度というのが大事なのです。
    だらだらと1時間歩くよりも、15~30分、集中して歩くのが効果的です。
    出典 :ストレスを受け流すには、まず朝のウォーキングを習慣にしよう: 縁処日記
     

    朝ウォーキングのすすめ。

  • 手のひらを太陽に!金運UP

     

    朝起きたら、手のひらを太陽に1分当てる
    「これは超簡単な手相を良くする方法です。実践している人は非常に少ないですが、私はこれをもう3ヶ月以上やっています。
    最近薬指の下の金運線が出てきました。それと共にお金の流れが良くなってきている感じがしています。曇りでも雨でも太陽がある方向に向かって手を当てます」

  • 朝起きて、太陽の光を浴びる時間は、5分以上、15分ベター、30分ベスト
    出典 :【寝起き改善】朝起きて、太陽の光を浴びる時間は? - 睡眠ハック的なあれこれ
     

    浴びる時間は30分がよいそうです。

  • 太陽礼拝の効果・効能•冷え性改善/血行促進
    •ストレス解消
    •気分リフレッシュ
    •自律神経の調整
    •全身強化
    出典 :太陽礼拝のやり方や効果効能
     

    太陽礼拝は、冷え性の改善や血行促進にもつながります。

  • なぜ早朝なのでしょうか。そしてなぜ早朝の太陽は気分を
    爽快にさせるのでしょうか。

    近年の研究でうつ病の原因は、脳内伝達物質の働きが弱まる(放出量が少なくなる)ことによって生じるということがわかってきました。

    脳内伝達物質の代表的なものにセロトニンがあります。
    うつ病患者さんは、このセロトニンの放出量が、健康な人よりも少ないのです。
    出典 :早起き療法で自律神経を活性化|うつ病克服ねっと
     

    朝も、早朝がよいそうです。

  • 朝目が覚めて、カーテンを開け太陽の光を浴びるとまぶしいかと思います。

    でも、頭がスッキリとして爽快感をあじわえることができます♪



    この爽快感こそが、ストレス解消に必要な「心の復元力」を鍛えることになるのです。
    出典 :ログイン|カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
     

    朝の光がストレス解消になります。