坐骨神経痛は運動、ストレッチで治ります。痛みから解放されましょう。

坐骨神経痛は、痛みやシビレが強く、毎日の生活に支障がある症状です。放っておいても改善されることが期待できません。運動やストレッチで改善しましょう。

view6710

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 坐骨神経痛とは

  • 坐骨神経痛

     

    痛みやしびれが、腰、お尻、足に現れます。

  • お尻から足の後ろ側にかけてあらわれる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことを「坐骨神経痛」といいます。
    坐骨神経痛とは、病名ではなく症状を表す言葉です。何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで生じる痛みやしびれなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

    坐骨神経痛は、多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが現れるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。
    出典 :坐骨神経痛とは?|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
     

    坐骨神経痛を抱えている人は、けっこう多いようです。
    その痛みは、放置していても治りません。
    治すために行動することが望ましいです。

  • 坐骨神経とは

  • 坐骨神経

     

    坐骨神経が関係する箇所はこんなにも多いのです。
    そのため、坐骨神経痛で痛みやシビレは下半身の広い範囲に現れます。

  • 坐骨神経は、腰から骨盤、お尻を通って足の指先にまで伸びている末梢神経で、ペン軸ほどの太さがある、最も太い神経です。また非常に長い神経でもあり、末梢までの長さは1m以上もあります。

    坐骨神経は、太ももと足の筋肉を支配している神経で、脳からの運動指令を伝え、歩く、身体のバランスを取る、といった働きをしています。
    出典 :坐骨神経痛とは?|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
  • 坐骨神経痛の症状はこんなにあった!

  • 歩くのが辛い…

  • いつもお尻に痛み、しびれがある

    足が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる(間欠跛行)

    腰(身体)を動かすと足の痛みが激しくなる

    安静にしていても、お尻や足が激しく痛んで眠れない

    足だけではなく、腰にも痛みがある

    身体をかがめると痛くて靴下をはけない

    痛みやしびれ以外に冷感やだるさ、灼熱感(チリチリと焼けるような痛み)がある

    立っていると足が痛んできて、立っていられない

    太ももの外側や裏、ふくらはぎ、かかとなどに痛み、しびれ(ぴりぴりとした感覚)が続いている.

    お尻が痛くて座っていられない.

    足に力が入らなくなる.

    足の裏に正座の後のようなジリジリとした不快な感覚(しびれ)がある.

    足の筋肉が左右で差が出ている.

    足の裏の皮膚が厚くなったような感覚がある
    出典 :坐骨神経痛の症状|腰痛症や坐骨神経痛、糖尿病神経障害に伴う痛みなど、「神経の痛み」情報サイト - 疼痛.jp
     

    坐骨神経痛は、日常生活にも影響を与えてしまいます。
    歩くのが辛いので外出が減り、運動不足になり健康に害を起こします。

  • 坐骨神経痛になる「原因」は?

  • 【椎間板ヘルニア】
    椎間板は背骨を構成している椎骨の間にあり、体への衝撃を吸収するという重要な役割があります。
    椎間板は弾力性はありますが、負荷によってはみだしてしまうことがあります。
    この時、神経が刺激されると、坐骨神経の通っている範囲に症状が出ます。

    【脊柱管狭窄症】
    神経が通っている背中の中央にあるトンネルが、老化などによって狭くなってしまうことで症状が出ます。
    長時間歩いていると、腰の痛み・足の方へ痛みやしびれ・つっぱり感が出るようになり、休憩を入れなければ足が前に出なくなることもあります。

    【腰椎の分裂・すべり症】
    腰椎の分離症は、腰の骨のある部分が切れてしまうことでレントゲンで確認することができます。

    【カルシウム不足によるもの】
    人間に体は副甲状腺ホルモンの働きを使って骨からカルシウムを取り出し、血液中のカルシウム濃度を維持しようとします。
    この時、筋肉細胞中のカルシウムイオン濃度のバランスが崩れ筋肉の異常収縮・異常緊張がおこります。
    慢性的な異常緊張は、骨格筋周辺の末梢神経を圧迫して傷つけ、肩こり・腰痛・坐骨神経痛の原因を作ります。

    【腫瘍】
    背骨に癌が転移した場合や、年齢に関係なく脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などが挙げられ、腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合は、痛みが非常に強く保存的治療で治りにくいのが特徴です
    出典 :坐骨神経痛の原因・症状と治療法(治し方)
     

    坐骨神経痛には様々な疾患が原因となることがあるのです。

  • ストレスを感じると、交感神経が優位な状態になり、その状態が長期間続くと、血流の流れなどが悪くなり、筋肉も緊張状態が続いてしまい、神経が圧迫され、頭痛、肩こり、また坐骨神経痛などの症状が出ることが考えられます。
    出典 :【坐骨神経痛の原因】|神経を圧迫する疾患やストレス|坐骨神経痛で困ったら見るページ
     

    ストレスを解消するように心がけることも大切ですね。

  • ストレスを解消しよう。

  • 病院での治療法

  • 【薬物治療】
    辛い痛みや痺れを抑えるために、非ステロイド性消炎鎮痛剤の飲み薬や座薬が使われます。

    腰脊柱管狭窄症では、神経組織内での血流障害が痛みの原因と考えられており、血液の循環を改善する薬が処方されることもあります。

    薬物治療を長期にわたって続けると、副作用で胃腸障害や心臓疾患を引き起こすことにも繋がるため、あまり漫然と続けてはいけません。
    出典 :坐骨神経痛の原因・症状と治療法(治し方)
  • 【理学療法】
    温熱治療として、ホットパックや極超短波などが用いられます。

    腰痛がある時には、牽引治療もよく用いられます。
    出典 :坐骨神経痛の原因・症状と治療法(治し方)
  • 【ブロック注射】
    ブロック注射には様々な種類がありますが、最も効果的で即効性があると考えられているのは『選択的神経根ブロック』です。

    この選択的神経根ブロックは、痛みの治療としてだけでなく、疼痛の再現性を確認することにより、診断方法の一つとして用いられています。

    ブロック直後は、ほとんどの場合痛みが消えるような効果的な方法ですが、穿刺時の痛みが強く、神経根損傷の可能性もあるため、漫然と繰り返すことはできません。
    出典 :坐骨神経痛の原因・症状と治療法(治し方)
  • 過程でできる対処法にトライしよう

  • 冷えないように

     

    冷え対策をしっかりしましょう。

  • 【冷えを防ぐ】
    坐骨神経痛になってしまう原因は、腰・下肢の冷えが多いため、まずは日常的に下半身を冷やさないようにする必要があります。

    【天候に気をつける】
    神経痛は湿気と寒さを好むので、季節と気圧の変化も症状に影響します。
    天気の悪い日や寒い日、冬は症状が悪化しやすいので、特に気をつけましょう。

    【正しい姿勢をとる】
    坐骨神経痛を軽減させるためには、正しい姿勢で腰に負担をかけないことが大切です。
    畳や床に座る時は、正座を崩す横座りや両足を両側に崩す座り方、両膝を立てて座る体育座りを避けましょう。

    【肥満に注意】
    高いヒールや、硬い靴底の靴は、腰に負担をかけますので避けましょう。
    特に体重が増加すると、テキメンに腰の負担が増えるので、食事や運動には注意してください。
    出典 :坐骨神経痛の原因・症状と治療法(治し方)
     

    一番大事なのは「冷え」に注意すること。
    寒い日の外出時には、あたたかグッズを忘れずに。

    また、「姿勢」も重要です。正しい姿勢を保つ努力をしましょう。

  • 正しい姿勢

     

    腰を曲げて座ると坐骨神経痛には良くありません。
    きちんとした座り方をしましょう。

  • 坐骨神経痛には 「ストレッチ」が効果的

  • 毎日のストレッチ

  • 坐骨神経痛で困ってる人は、ストレッチで腰の筋肉のこわばりをほぐすことが効果的です!
    筋肉のこわばりをとって、神経痛を軽減させましょう!

    《急性期と慢性期 》
    坐骨神経痛の治療にストレッチは有効ですが、まず自分の症状が『急性期』なのか『慢性期』なのかを見極めましょう。

    急性期の痛みが激しいときや、患部に熱があるような場合は、安静が基本です。
    ストレッチは軽いものにしましょう。

    慢性期のストレッチは、神経痛に有効といわれています。
    力いっぱい無理して体を動かすのではなく、ゆっくりと無理のないストレッチから始めましょう。
    ストレッチをしていて、足や腰の痛みが強くなったり、痺れなどの症状が悪化するようであれば、すぐにストレッチは中止しましょう。
    出典 :坐骨神経痛の原因・症状と治療法(治し方)
     

    ストレッチは毎日続けると効果が出ます。
    けれども、無理はしないようにしましょう。

  • 坐骨神経痛を緩和するストレッチです。

  • http://www.youtube.com/watch?v=inzd9qAPsNo

  • サイクリングで解消しよう。

  • 自転車で改善

     

    サイクリングだけでなく、日常生活でも自転車に乗ってみましょう。
    痛みがひどいときは、歩くより腰に負担がかかりません。
    交通ルールを守って、安全に走ってください。

  • 坐骨神経痛の場合、自転車に乗っても良いのでしょうか?

    答えは「車種による」です。

    一般的なママチャリやマウンテンバイク、
    クロスバイクであればお尻に負担はかかりませんし、
    ゆっくりと動かしてあげることで筋肉も柔らかくなるので、
    とても効果的なリハビリになることが多いです。

    でも、ロードバイクでドロップハンドルの場合だと、
    あまりにも前傾姿勢がきつい状態ですから、
    長時間乗り続けていると坐骨神経痛が増強する可能性が高いです。
    出典 :坐骨神経痛では、自転車に乗っても良いのでしょうか?
     

    自転車は、足や腰に負担をかけることなく、適度な運動ができますので、坐骨神経痛のトレーニングや予防に効果が高いとされています。
    けれども、症状に合わせて無理なく行ってください。

  • 坐骨神経痛のときにやってはいけない運動

  • 症状がある中でのウォーキング

    坐骨神経痛の症状が軽い状態であると私生活に支障が出ることはあまりありません。しかしこの状態でしっかりと治療を開始することが本当は大切になってきます。この状態であまり影響が無いからと運動をしてしまうことはあまりオススメできません。特にウォーキングなどを定期的に行っている人は足の痺れなどを感じた時はしっかりと休む必要があいます。痺れが一時的なものであってもあまり無理をしてはいけないことになります。無理をしていくことで症状はどんどん蓄積されていくことになるでしょう。蓄積されていくと軽い症状でも、大きな症状のように思えてしまう時もあります。
    出典 :2012年7月 | 坐骨神経痛のココが知りたい!「坐骨神経痛こむ」
     

    散歩、ウォーキングは坐骨神経痛を悪化させる可能性があります。
    特に症状がひどい時は、歩く時間を短くしましょう。

  • プールの運動にも注意

    プールの場合当然水圧がかかってきます。そのため普段とは違う環境の中で運動をしていくことになります。疲れやすいということもあると言えるでしょう。そのような時に無理をしてしまうと過剰な筋肉を使ってしまい、筋肉をほぐすことができなくなってしまう場合もあります。せっかくのプール効果を上手く生かすことができなくなってしまうでしょう。プールでの運動の負荷を上げていくときはある程度プールでの環境になれて入ってからにした方が良いと言えます。その方が体に与える影響や負荷なども小さくなっていくことになるでしょう。何より楽しく行なえるようになります。
    出典 :2012年7月 | 坐骨神経痛のココが知りたい!「坐骨神経痛こむ」
     

    プールは冷えることもあり、お勧めできない運動です。

  • 坐骨神経痛を改善して爽やかな毎日を

     

    ストレッチやサイクリングで、坐骨神経痛を改善しましょう。