生める体になるための「子宮エイジングケア」 

「赤ちゃんが欲しい」
そんな女性の皆さん。
体のケアはきちんとされてますか?

赤ちゃんを授かれるよう、
子宮のエイジングケアを心掛けましょう!

view695

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不妊症になる原因は?

  •  

    一般に不妊の原因は、排卵しにくいなどの排卵因子、卵管の通過性や働きに障害があるなどの卵管因子、受精卵が子宮内膜に着床できないなどの子宮因子があります。もちろん精子が少ないなど、男性側の要因もあります。また、原因不明の不妊も10%から20%と言われています。

    引用)http://woman.mynavi.jp/article/121030-004/

  • もちろん、基本として妊娠しやすいのは20代。37歳ぐらいから急激に妊娠しにくくなるそうです。

  • 老化のメカニズム

    老化は、年をとるに伴って、「神経機能の低下」や若さと健康を保つ「ホルモンレベルの低下」、活性酸素の攻撃による「酸化」、グルコースがたんぱく質と結合しておこる「糖化」、そして、「カロリーの過多と過少」が、老化遺伝子の働きかけて進行するものと考えられている。ただし、先天的な影響は3割、生活環境などの後天的な影響が7割と言われている。つまり、やりようがあるということ。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】注目のテーマ | 卵子、卵巣のアンチエイジングを考える
  • 妊娠に関係する「女性ホルモン」のバランスを整える!

  • バランスのとれた食事

     

    毎日の食事はカラダを作るために必要です。栄養バランスを意識して、1日30品目を摂ることが理想ですが、難しい場合は、添加物の多いインスタント食品や市販のお菓子を控えるよう心がけましょう。

    引用)http://woman.mynavi.jp/article/121030-004/

  • 適度な運動

     

    カラダを動かすことで血流がよくなり、代謝を高め、ホルモン分泌を活性化させます。ヨガやストレッチ、ウォーキングなど無理せず続けられる運動が理想です。

    引用)http://woman.mynavi.jp/article/121030-004/

  • ウォーキング 骨盤がよじれていると子宮もよじれるし、骨盤の動きが悪ければ子宮の温度は上がらない。骨盤に回転運動をさせるには、ウォーキングがぴったり。
    出典 :【ELLE】子宮をアンチエイジングする方法|エル・オンライン
     

    “子宮をよじる!”ことで子宮への血流が増えて良いそうです♪

  • 質のよい睡眠

     

    室温の調整をし、寒いときは生姜湯やホットミルクなどでカラダの内側から暖めると、ぐっすり眠ることができるでしょう。

    引用)http://woman.mynavi.jp/article/121030-004/

  • 健康な睡眠は、 ノンレム睡眠 → レム睡眠 → ノンレム睡眠 と交互に繰り返されます。そのうち、最初に訪れる「ノンレム睡眠」にホルモン分泌が活発に行われるため、妊娠とはとても関係の深いものであることがわかっています。睡眠中に70%が分泌されると言われる成長ホルモンは、女性ホルモンの分泌を調整する働きを持つそうで、妊娠に不可欠な女性ホルモンの分泌にもかかわりを持っています。
    出典 :妊娠しやすいからだと睡眠|ザクロ屋
     

    睡眠とホルモン分泌に深い関係があるんですね。きちんと“寝る”ことが大切!

  • ストレスの少ない生活

     

    過度なストレスは、月経不順やホルモンバランスの乱れによる自立神経の不調になることもあります。自分なりのストレス発散法を見つけ、ストレスを溜めないよう心がけましょう。

    引用)http://woman.mynavi.jp/article/121030-004/

  • ストレスは不妊の原因になるの?

    ストレスによって、ホルモンバランスが崩れ、生理の周期が乱れたり、排卵機能に異常をきたしたりします。疲れすぎていたり、ストレスがたまっていたりすると、生理が遅れたりすることって、割とよくありますよね。過度のストレスは、妊娠する上で良くありません。これは女性だけでなく、男性側の不妊の原因としても挙げられます。男性側の不妊の原因の一つである乏精子症は、ストレスもその起因となると言われています。このように、ストレスと不妊症は密接な関係があるのです。なので、子供を希望する人は、過度のストレスを抱えすぎないことが大切です。
    出典 :ストレスは不妊の原因になるの?
     

    女性だけじゃなく男性にも良くない「ストレス」!溜まらないように気をつけましょうね。

  • 足を温める

     

    静脈は子宮のそばを通るので、足からくる血液が温かいと子宮の温度が上がる。

    引用)http://www.elle.co.jp/wellness/trend/womb_power_12_0824/3