足のたこが痛い~!放っておくと魚の目に!!原因と対処法

足のたこが痛い方、必見です。足は毎日使う大切な体の一部です。たこができる原因は、足に合わない靴選びをしていることが多いようです。足のたこを改善するための方法や靴選びをしらべてみましょう。

view382

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 毎日皮靴をはいて一日中歩きまわったり、細いパンプスなどをはいているとどうしても足のトラブルが出てきます。

  • 足のたこが痛い、と思ったら

  • まず、たこってどんな状態?

  • 足の裏や指が靴などにあたり、その部分が角質化したことです。皮膚が厚く盛り上がり、手で触ると固く感じます。
    出典 :美足の大敵「タコ・魚の目」ってどんな病気?
     

    慢性化するとかさかさした状態になり、ストッキングが引っかかってしまうほど。

  • たこと魚の目ってどこが違うの?

  • たこと魚の目の違いは痛みに芯があるかないかです。たこは皮膚が厚く、硬くなっているので痛みに鈍感になっています。たこは、放っておくと魚の目の原因になっていしまう場合があります。
    出典 :足のたこ -【足のトラブル110番】
     

    「たこ」→「魚の目」に変化していったときに痛みが増すのですね。

  • たこのできやすい足があるのです。開帳足と呼ばれる足の形をしている人は、たこや魚の目ができスイカたちといわれています。開帳足は、親指と小指の間を結ぶラインにへこみがない足のことを言います。反対に盛り上がっている人もいるようです。
    出典 :足のたこ -【足のトラブル110番】
     

    自分の足はいかがでしょうか

  •  

    足の裏のアーチが逆に膨らんでいる状態ですね。

  • 開帳足は女性に多い?

  • 開帳足は女性に多く見られますが、これはヒールの高い靴を履くことで重心が前へ移動し、横アーチに無理な負担がかかるため、横アーチがつぶれるためだといわれています。
    出典 :魚の目と�たこ�の見分け方 写真で学ぶ!魚の目・タコの原因と治療法
     

    素敵なヒールでも足似合わない形の靴は足トラブルの原因になることもあります。

  • たこのくわしい症状

  • 皮膚が厚くなり、さらに固くなります。固くなった箇所は黄色味を帯びた色になり、少し盛り上がってきます。頬っておくと魚の目になる可能性もあり、ひび割れた場合は化膿してしまうこともあります。
    出典 :足のたこ -【足のトラブル110番】
     

    魚の目は痛みを伴う症状だそうです。

  •  

    たこのできやすい位置。こんなところが多くありませんか。

  • たこの治療法

  • 病気、とまではいかないのでやはり自然に治すことが基本です。

  • 気になるのはわかりますが、カッタ―などで削るのは絶対にしないようにしましょう。専用のやすりが販売されているので入浴後の皮膚の柔らかいときに、少しずつ削るようにしてください。
    出典 :足のたこ -【足のトラブル110番】
     

    一度に治そうとすると、余計な皮膚を削ってしまって帰って悪化させることがあるので少しづつ気長に治すことがよいようです。

  • 冷凍凝固法

  • 患部の皮膚を凍結→壊死させてとる方法。魚の目(たこ)の大きさや症状の進行程度によって異なりますが、複数回繰り返すことになるはずです。
    出典 :魚の目と�たこ�の見分け方 写真で学ぶ!魚の目・タコの原因と治療法
     

    ひどい魚の目やたこはこの方法がとられているようです。

  • 原因は靴?

  • 原因のほとんどは「足に合わない靴」です。小さめの靴を履いていると、足の指や付け根などが靴にあたり圧迫され続けます。くて幅が狭いと指が両側から圧迫され、指と指の摩擦が起こります。
    出典 :美足の大敵「タコ・魚の目」ってどんな病気?
     

    こうした足にストレスをかけた状態が続くと、たこや魚の目ができるわけです。

  • 合わない靴はやめ、そこにクッション性を持った靴に変えましょう。座りだこなら、硬い床に座るのをやめ、クッションや座布団を使うようにしましょう。
    出典 :足のたこ -【足のトラブル110番】
  •  

    足にあった靴選びをして、足を守りましょう。靴選びの専門家に足の測定をしてもらうことも良いですね。