妊娠したら!今すぐやめるべき生活習慣病☆

タバコ、アルコール、カフェイン等妊娠すると赤ちゃんも悪影響を与えかねません!今のうちからしっかりとした生活習慣を送り実りある人生にしましょう(^^)/

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • タバコが引き起こす不妊。

  • 妊娠している場合には、タバコを吸うと、流産、死産の率が高くなり、胎児の発育も悪いことも知られていると思います。
    また喫煙は男性不妊にも影響を与えています。喫煙は精子の状態も悪化させ、喫煙している人の精子濃度、総精子数、総運動精子数に有意な低下をもたらします。
    出典 :煙草・アルコール・カフェインって妊娠にどう影響するの?やめなくちゃダメなの?【妊活応援団】
  • タバコが女性、男性問わず、身体に害をもたらしています。不妊治療がはやっている現代。日々のちいさな積み重ねが自分の子供にまで悪影響を及ぼすのは本当に怖いことです。
    友人、家族にもし喫煙しているひとがいたら正しい知識を教えてあげたいですね。

  • アルコールが不妊を引き起こす本当の理由

  • アルコールは【・月経不順・無排卵月経・着床障害・卵管閉塞・流産】
    などの原因になるとされ、また子宮内膜症などの原因にもなるのではないかとされています。
    出典 :アルコールが不妊を引き起こす本当の理由:山田光敏の子宝マッサージ&子宝はり - スタ☆ブロ -
  • アルコールも飲み過ぎには注意☆
    若いことはお酒に飲まれる事もありますが、節度を持って飲酒はおこないましょう。
    そしてタバコ同様、自分の体に何かしらのリスクがあることも頭に入れておくといいと思います。

  • カフェインが及ぼす不妊への影響

  • カフェインの影響は妊娠前だけというわけでありません。出産後への影響も問題視されているのです。妊娠中に一日4杯以上のコーヒーを常飲していると、出産後の乳児に突然死症候群の危険性が出てくるという報告があります。
    出典 :不妊症の人はカフェインを取りすぎないように注意
  • 眠いからといって、よくコーヒーを飲みカフェインをとっている人たちがいます。
    毎日のカフェインは間違いなく身体に影響を及ぼします。
    何事もバランスよく、身体を気遣いましょう。

  • まとめ☆

  • ● 生活習慣を見直そう!
    不妊症の大きな原因としては、日常生活の習慣に影響されるものが多いです。たとえば、ホルモンバランスの乱れなどは、睡眠不足や疲労の蓄積、あるいは無理なダイエットによる栄養の偏りが原因となることが多いです。
    出典 :生活習慣を改善して妊娠
  • 以上、調べた事を見てみると身体に悪いという事はどこかで聞いた事があるものばかり。
    けれど、それを常習してしまっている人もいるはず。それは間違いなく、生活習慣からきています。
    今一度、自分の行動を振り返って、『意識』を強く持つことが必要なのかもしれません。