【出産を控えている方へ】出産についていろいろ知っておきましょう

出産は大変なものです。感情も安定させて、臨みましょう。また、出産についてたくさんの知識を知っておきましょう。出産予定日計算などやさまざまなことを覚えておきましょう。また、予定日を過ぎると赤ちゃんはどのような状態になるのでしょうか?

view71

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 知っておきたいこと

  • 妊娠中は、単純なメカニズムで陣痛のスイッチが入らないように安全装置が働いています。そのおかげで、胎児が子宮の中を居心地が良いと感じている間は、簡単には出てきません。
    出典 :前駆陣痛と本陣痛の違いって? [出産の基礎知識] All About
  • 酸素や栄養の吸収、代謝物の排出など、胎児が「子宮内では不自由だから生活環境を変えたい、もう外で生きていける」と感じるから生まれてくるのです。
    出典 :前駆陣痛と本陣痛の違いって? [出産の基礎知識] All About
  • 「毎晩、前駆陣痛で寝られなくて辛かった」という方から「突然、陣痛が始まり、前駆陣痛は全くなかった」という方まで、人によって千差万別です。
    出典 :前駆陣痛と本陣痛の違いって? [出産の基礎知識] All About
  • 出産予定日

  • 出産日は予定日より2週間以上前だったので、ダディはちょうど飲み会でした。連絡をすると酔っぱらったまま病院に来てくれたのですが、酒臭いし言っていることがめちゃくちゃだし、看護婦さんに笑われてしまいとても恥ずかしかった。
    出典 :出産予定日|プレママタウン
  • 予定日3週間前の診察で、子宮口が3センチ開いていると言われ、いつ陣痛がくるのかドキドキしていました。連休明けの火曜日に「赤ちゃん出てきて!」と呼びかけていたら本当にその日に出てきました。が主人は心の準備ができていなく、物凄い慌てて空回りしていました。
    出典 :出産予定日|プレママタウン
  • 出産予定日を過ぎると?

  • 原因は不明ですが、予定日を過ぎたころから、羊水の量が減少すること。クッションになる羊水が減少すると、臍帯が圧迫され、赤ちゃんに酸素が十分に届かなくなります
    出典 :予定日を過ぎると赤ちゃんはどうなるの? - gooベビー
  • 出産についていろいろ記事を書かせていただきました。出産について知っておきたいこと、出産予定日などについてもご理解いただけましたでしょうか?また、出産の時に伴うものがあります。それは陣痛です。陣痛はどのように痛いのでしょうか?子供を産むときには誰でもお腹が痛くなりますよね。全身麻酔をしてお腹が痛くならない方法もありますがとても危険ですので、使わないことをお勧め致します。しかしこの痛みがくることで、自然と赤ちゃんが生まれてくるのです。人間の一つのメカニズムですよね。あまり痛みに気を取られすぎずに出産のことに注意を向けましょう。恐怖に陥ったり恐れたりすることのないようにしましょう。お腹が痛くなるのは正常なことなのです。むしろ出産が近付いているということを意識しておきましょう。まずなぜあなたが痛くなるのか説明さしていただきます。子宮が収縮しているのです。

  • どのような痛みが知っていますか?生理痛がとても痛くなったと考えておくと良いでしょう。すごく痛いと言われる方も多いので少し心配になってくると思いますが決して死んでしまうわけではありませんのであまり恐怖に陥らないようにしましょう。体験談としては汗がすごくでてしまった、寒気などが起こったなどといったことが報告されていますよ。やはり生理に近いものですよね。お腹が突っ張ったような感じになり、寒かったり暑かったりするそうです。そして吐いてしまうこともあるそうですし、下痢も起きることがあるそうです。これらの知識を覚えておきましょう。知識が豊富なことで、様々な症状が起こってしまった時にもこれは陣痛だから仕方がないと理解して割り切ることができますよね。ですので出産に関して沢山の知識を取り入れることが必要になってくるのです。いろいろな本を読んだりインターネットで検索したりなどしてたくさんの知識を備えましょう。例えあまり使わない知識だとしても持っておくだけでとても役に立ちますよ。

  • 陣痛の間は不思議な現象が起こります。感覚が変化してくるのです。頭がぼーっとしてくるそうですよ。これは脳内物質が頭の中からでており、少しでもお腹が痛いのを下げる効果があるそうです。人間の体は出産に備えてとてもよくできていることが分かりますよね。この脳内物質の名前は、べータエンドルフィンという快楽物質だそうです。出産の負担から体やお母さんを守るための保護する脳内物質と言えます。そのために眠くなったりするそうです。出産のときにとにかく大事なのはリラックスして臨むことです。当たり前のことなのですが、なかなか難しいのも現状です。初めて出産される方などはとても緊張していることでしょう。深呼吸をしてゆっくりと臨みましょう。赤ちゃんが外にでたがっていることを思い描いて出産に臨めばきっと少しは気分が軽くなるかもしれませんね

  • また、妊娠をしてしまった以上、出産しなければどうすることもできませんので、腹をくくる事も大切です。怖いなあと思う気持ちや嫌だなという感情は、近況を強くしてしまい、痛みを大きくしてしまいますのできっと生まれてきた赤ちゃんは可愛いんだななどポジティブな思考に移行していきましょう。楽しい事を考えることによって緊張もほどけとてもリラックスした状態になります。むつかしいことをあれこれと考えるのではなく出産の時は何も考えずに臨むのが1番いいと思いますよ。元気な赤ちゃんを産むためにもお母さんの体力が一番必要となってきます。日頃から無理をせずに、十分な休息や栄養をとって出産に向けて準備をしていきましょう。出産は人生で何回もあるわけではありません。現代は平均して2回くらいです。無理をせず休みましょう。