理解しよう 更年期のココロの不調

突然ふさぎこんだり、ネガティブな気持ちを抱いてしまうことがある更年期。
ココロの変調や不調に自分自身が戸惑うばかり。
回りの人のほんのちょっとの配慮で、明るく過ごすことができます。

view182

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 更年期とは?

  • 「更年期」とは、閉経前後5年くらいのこと。年齢的には、45~55歳くらいの時期をいいます。ただし、個人差が大きく、人によってかなり違います。
    出典 :【更年期とは】 花王 ロリエ
  • 更年期のココロの変化

  • 気分がふさぎがちになります。

     

    体が辛くて外出できない。
    体の不調で渋っている表情を他人に見られたくない。
    さまざまな理由が重なって、何事にも億劫になりがちです。

  • 更年期の不定愁訴で、もっとも多くみられるものです。年齢的にも、女性が公私ともにいろいろな問題を抱える時期と重なるため、家族関係や人間関係、労働環境などでストレスの多い人は、症状が出やすいことが知られています。
    出典 :【更年期症状】 花王 ロリエ
     

    更年期の不定愁訴は、本人にとって最も辛い症状です。
    体のだるさ、なんとなくの不調なども不定愁訴の原因に直結します。

  • 日を追うごとに体が辛くなり、月経周期も狂い始めたのです。体はだるく 気力もだんだん失せてお客様にも笑顔を見せられなくなってしまいました。
    出典 :更年期障害ホームページ 更年期障害の辛さ体験談
     

    自分でわかっていながらもコントロールできない状況に陥ることもあります。

  • 更年期はココロだけではなく、体にも変化が現れます。

  • ホットフラッシュなどの更年期症状に悩まされるようになりました。
    冬でもクーラーをつけずにいられないほど、全身がカーッと熱くなったかと思うと、頭皮から汗がバーッとふき出し、ポタポタと顔に落ちてくるのは本当につらかったですね。
    出典 :40代、50代は病気や不調のオンパレード。 毎日を忙しくすることでそろそろ抜け出せそう│更年期女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト
     

    実際に経験しなければわからない、伝わりにくい症状です。

  • 女性ホルモンの分泌が過少になり、ほてりやのぼせ、肌のハリツヤが失われる、関節痛や肩こりなど様々な症状が現れます。

    生理不順や月経量がいつもと異なったり、性交痛があるのも更年期の一連の症状です。

  • 更年期のココロを明るく変えよう!

  • リラックス音楽 '更年期にやさしい音楽' ~柔らかな日差し~新緑から紅葉までの ...

     

    こういった環境音楽を聞いてみるのもいいですね。

  • アロマでリラックスもおすすめ。

     

    リラックスできるラベンダーやローズは女性ホルモンにも作用する香りなので、ブレンドしてみるのもいいですね。

  • 家族はどうしたらいい?更年期の乗り越え方

  • ココロの不調は、まじめで几帳面な方、完璧を求められるプレッシャーに常に追われている方が陥りやすい症状です。
    すべてを妻・母任せにせず、晩御飯作りを手伝ったり、スーパーのお総菜が続いても目をつぶるなど、寛容な心が必要です。
    また通院を促してあげることも大切ですよ。