「B型インフルエンザ」の特徴を知ろう

「B型インフルエンザ」の特徴と症状をしって、A型との違いを知ろう

view144

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザには種類がある

  • インフルエンザと一口に言っても、原因となるインフルエンザウイルスにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴があることはご存じでしょうか。インフルエンザには、まず大きく分けてA型・B型・C型が存在します。
    出典 :influenza.jp | トピックス
     

    細かくわけるともっと複雑になります

  • A型はヒト・トリ・ブタ・ウマ等の間で感染します。A型の特徴は、さらに細分化された亜型の多様さで、その数は144種類。2009年に世界的な大流行(パンデミック)を起こした新型インフルエンザはこのA型の1つです。また、ニュースなどでしばしば話題になる鳥インフルエンザや豚インフルエンザもこのA型に属します。
    出典 :influenza.jp | トピックス
     

    A型は20年程度に一度パンデミックを引き起こすと言われています

  • B型はヒトの間でのみ感染するといわれています。亜型は存在せず、山形系統とビクトリア系統という2つの系統のみが存在します。毎年、冬場を中心に流行を繰り返すのは、このA型とB型です。C型もヒトのみで感染するのですが、ほとんど流行することはありません
    出典 :influenza.jp | トピックス
  • B型インフルエンザの特徴

  • インフルエンザb型の症状には風邪によく似た症状が含まれています。上気道炎や気管支炎などがそれに含まれます。インフルエンザb型によるこのような症状が表れると咳や痰といった症状が表れるため、風邪と区別するのがますます難しくなるでしょう
    出典 :インフルエンザb型の感染経路とその特徴、治療方法 | iGotit
     

    風邪だとおもって闘病していたらインフルエンザだったなんてことも

  • インフルエンザb型の症状には風邪によく似た症状が含まれています。上気道炎や気管支炎などがそれに含まれます。インフルエンザb型によるこのような症状が表れると咳や痰といった症状が表れるため、風邪と区別するのがますます難しくなるでしょう
    出典 :インフルエンザb型の感染経路とその特徴、治療方法 | iGotit
     

    風邪よりも高熱が出るのである意味わかりやすいですね

  • インフルエンザb型には体重減少も表れることがあります。発熱や咳、痰などに悩まされ、関節痛や筋肉痛、体重減少などの症状が表れるのであれば、インフルエンザb型を疑いましょう。これらに加えて、倦怠感や体のだるさが加わることがあります。
    出典 :インフルエンザb型の感染経路とその特徴、治療方法 | iGotit
     

    このような特徴があるのがB型です

  • AとBの違いは

     

    画像に書かれている通りです。C型は流行性が低いウイルスの為あまり耳にしないようです

  • B型は毎年のように流行することはありませんが、やはり数年おきに登場し猛威を奮います。
    出典 :インフルエンザB型症状の特徴 | A型とB型の違い【潜伏期間ナビ】
  • ★B型ウイルスは数年間隔で定期的に流行する傾向をもつ
    ★インフルエンザウイルスは3種類に分類される
    ★B型は抗原の突然変異が少ない
    出典 :インフルエンザB型症状の特徴 | A型とB型の違い【潜伏期間ナビ】
     

    A型はすぐに新しくなりますからね

  • B型に感染してしまったら

     

    どうしたら良いのでしょうか。他と変わりはないのか調べてみたので参考にしてくださいね。私はA型ばかりなので、なんだかよくわかりません

  • 10代以外の1歳以降の乳幼児と成人は、発症から48時間以内ならタミフルが非常に有効です。ほとんどの場合、タミフルを服用して安静にしていれば、4日程度で改善されてきます。しかし、48時間を経過してしまうとタミフルの効果はなくなります。
    出典 :インフルエンザB型
  • 感染してから発症するまで、その人の体調などによっても違いますが、24時間で発症するときもありまし、長い人では1週間近く潜伏期間がある場合もあります。
    常は感染してから4,5日程度で発症します。
    出典 :インフルエンザB型
  • 毒性が少し弱いインフルエンザB型だからといって、油断は禁物です。希に肺炎を起こして重症化するともありますし、甘く見ると大変なことになります。
    出典 :インフルエンザB型
     

    気をつけましょう