この季節だから注意! 加湿器肺の予防

加湿器肺という病気を聞いたことありますか?乾燥するこの季節、部屋に加湿器は欠かせませんが、だからこそ注意したい病気です。

view260

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 加湿器肺とは?

  • 真菌類によって汚染された空調施設や加湿器内の水が空気中にばらまかれ,それらを吸入することにより発症する過敏性肺臓炎。原因菌には,真菌のほかに細菌や原虫類も考えられている。空調肺air conditioner lungともいう。1970年アメリカのバナザックE.F.Banaszackらにより初めて報告され,日常環境下でおこる新しい型の非職業性過敏性肺臓炎として注目された。日本でも最近,家庭用加湿器,セントラルヒーティングの普及とともに本症の重要性が強調されつつある。
    出典 :加湿器肺 とは - コトバンク
  • どのような症状が出るのか

  • アレルギー性の肺炎は、農家の人が穀物に付いているカビを吸って発症する職業性の肺疾患として知られていたが、居住環境の変化で最近、加湿器肺が増えている。原因は、加湿器から飛び散るカビ(真菌)類や雑菌類で、毎日少量ずつ吸い込んでいるうちに発症し、悪寒や発熱、息切れなどの症状が表れる。

     加湿器肺の原因となる菌を特定するのは難しい。繁殖するのはカビなどの菌のほか、原虫など多種類あり、それらの組み合わせで加湿器肺が起こる。病院に加湿器を持参して診断してもらった方がよいこともある。

     加湿器肺の予防には、加湿器を使用しないことが一番だが、使う際には加湿器を十分に清掃することが大切だ。水タンク内の水は毎日入れ替え、カビが生えないようにするほか、全体を十分に掃除する必要がある。
    出典 :【健百】加湿器による肺炎「加湿器肺」 | あなたの健康百科
  • 悪寒

  • 発熱

  • 息切れ

  • 悪寒や発熱など、風邪の症状と似ていたり、特に特殊な症状でもないため、なかなか判断が難しいところです。

  • 治療方法にはどのようなものがあるのか

  • 咳や発熱などの症状から加湿器病が疑われる場合は、病院で検査を受ける必要があります。症状が軽い場合や、以前から加湿器を使う時季になると、同じような症状が繰り返しあらわれるという場合も受診することをおすすめします。この病気は、何度も繰り返し発症しているうちに、肺が正常に機能しなくなってしまう可能性もあります。また、小さな子供などが発症すると、重篤な感染症を起こす場合があるので、注意が必要です。


    一般的な検査法

    白血球やC反応性タンパクの数値を調べるための血液検査、肺活量を調べる肺機能検査、それから胸部のレントゲン検査を行います。それらの検査結果から、加湿器病かどうかを判断します。症状が出るかどうかをしっかり確認するために、一度入院して症状が消えた頃に、自宅に戻るというようなことをする場合があります。

    一般的な治療法

    加湿器病に高い効果のある、特別な治療法というものはありません。病気の原因と思われる物質を遠ざけること…それが一番の治療法になります。そのため、何か特別な治療を行うわけではなくても、入院の措置が取られることも少なくありません。そのほか、発熱や咳などの症状には対症療法が施されます。 症状が治まっても、加湿器を使い続けていると再発するおそれがあるので、注意しましょう。
    出典 :【加湿器病】 - 加湿器の手引き
  • 胸部のレントゲン検査を受けることになります

  • さて、予防方法はどうしたらいいでしょうか

  • 健康のために使っていたはずの加湿器が、健康に悪影響を与えていた…なんて、嫌ですよね。厄介な加湿器病を予防するにはどうすればいいのでしょう?乾燥する時季は、加湿器の使用を止めるわけにもいかないので、とにかく加湿器をこまめに掃除することが、一番の予防法になります。使う都度、きれいな水に取り替え、タンク内の清潔を保ち、フィルターの定期的な交換も忘れないようにしましょう。 エアコンの真下に加湿器を置かないようにすることも、予防法の1つとして挙げられます。冬に暖房の温風が直に当たる場所に加湿器を置くと、その場が常に湿った状態になり、カビが発生するのです
    出典 :【加湿器病】 - 加湿器の手引き
  • こまめに加湿器の中を掃除し、清潔に保っておくことが一番の予防であることは言うまでもありません。
    面倒ですが。