コレステロールを下げるのに薬は不要かも!

医者に行けばなでもかんでもクスリ。そんな薬漬けにならないために、もうすこし生活を見直してみましょう。薬にたよるのはそれからでも遅くはないかも!

view2257

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロールとは?

  • 善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあるのを聞いたことがあると思います。

  • コレステロールは細胞を包む膜(=細胞膜)の材料で、
    すべての細胞に含まれています。
    でも、細胞の中のコレステロールは
    善玉でも悪玉でもありません。
    いわば、ただのコレステロール。

    出典 :本当に血管が若返る!コレステロール調節術 : ためしてガッテン - NHK
     

    どうやら食品に含まれているコレステロールに善玉、悪玉という区別はないようです。

  • 実は、善玉・悪玉と呼ばれるのは
    「血液中を運ばれているとき」だけなのです。
    血液中でコレステロールを運ぶのは「たんぱく質」です。
    たんぱく質には、大きく2種類あり、

    肝臓から細胞へと新しいコレステロールを配達するものと、
    細胞から古いコレステロールを回収して
    肝臓へ捨てに行くものがあります。
    いわば配達トラックと回収トラックです。

    この、配達トラックと積み荷のコレステロールをあわせて
    “悪玉コレステロール”と呼び、
    回収トラックと積み荷のコレステロールをあわせて
    “善玉コレステロール”と呼んでいます。

    積み荷のコレステロールそのものは同じ。
    運んでいるトラックと、
    運ばれていく方向が違うだけなのです。
    出典 :本当に血管が若返る!コレステロール調節術 : ためしてガッテン - NHK
     

    肝臓から細胞に新しいコレステロールを運ぶたんぱく質を悪玉コレステロールと呼び、
    細胞にたまった古いコレステロールを回収して肝臓に持ち帰るたんぱく質を善玉コレステロールと呼ぶのですね。

  • そしてどちらかが悪いと言うことではなく、両者のバランスが大事なのだそうです。

  • 配達トラックは増えすぎると動脈硬化を起こしてしまうので、
    “悪玉”と呼ばれているのです。
    一方、回収トラックは、
    細胞から余分なコレステロールを回収する役割なので
    “善玉”と呼ばれます。
    出典 :本当に血管が若返る!コレステロール調節術 : ためしてガッテン - NHK
     

    まず薬を飲む前に、この回収トラックの回数を増やすために、いろいろな努力をしてみるのが良いと思います。

  • ここはやはり食事療法でしょう

  • とくに、アボカドと納豆はいいみたい。
    コレステロールと言えば、この2食品をどこのサイトでも勧めてます。

  • ■椎茸には、コレステロールを下げる作用もあります!!現代人には欠かせない食べ物です(*^_^*)
    http://t.co/5nrbyImHh5
     

    椎茸もです。
    しかし、椎茸茶には塩分が入っているものがあるので、高血圧の方に注意です。

  • 適度な運動

  • 家族親戚に高コレステロールの人や糖尿病の人がいる
    現在、喫煙の習慣がある
    少し歩くだけでも足が痛い
    アキレス腱が少しはれている
    中性脂肪が150mg/dl以上だ
    LDLコレステロールが140mg/dl以上だ

     どうでしょうか?

     2項目以上もし心当たりある方は、直ぐにでも改善すべきです。なぜなら、動脈硬化をはじめとする血管系の病気(心筋梗塞、脳出血、脳梗塞)を引き起こす可能性が高いからです。
    出典 :【自宅で出来る!】コレステロールを下げる方法
     

    あちゃー。と思っている人は、運動療法も強くお勧めします。

  • 漢方薬や民間治療薬

  • 効果はあるのか、個人によって差もありそうですが、上記サイトでのランキングに名前の上がっている商品。
    名前の通り、血液サラサラ作用のあるナットウキナーゼやDHA・EPAを配合したサプリメントは小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット。
    肝機能を高める主に魚介類に多く含まれるタウリンをたっぷり配合し、余分なコレステロールを減らすという肝パワーEプラス。
    コレステロールが高めで気になる方、おなかの調子が気になる方の食生活の改善に役立つ特定保健用食品、えがおのコレステール。
    DHAとEPAの配合の多い、小林製薬のDHA&EPA EX。
    そしてイマークSは、中性脂肪や血圧、コレステロールが気になる人に最適な特定保健用食品。

  • いつまでも若くていたい

     

    それは、外見だけでなく身体のなかから変わっていくこと。健康で初めて美しい外見も保てます。
    こうして正しい身体によい生活をしていると、副産物として肌がキレイになったりダイエットにもなったりします。
    お陰でアンチエイジング。

  • 油断大敵 あなたももうすぐレッドゾーンかも!

  • 病気になる前に!

     

    結局自堕落な生活が健康を害し、年以上老けて見せることにもなりかねません。
    食事は偏りなく、適度な運動をとって、規則正しい生活を送ることが全ての解決法なのかもしれませんね。