ノンシリコン?オイルシャンプー?もう迷わないシャンプー選びまとめ

筆者もダメ出しされました、、、笑

代官山の美容師さん直伝、正しいヘアケアはトリートメントよりもシャンプー選びにあり!!

view2935

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヘアケアに重要なのは、「トリートメント」よりも「シャンプー選び」by 代官山 美容師

  • 美容室で、「髪が痛んでるからトリートメントしてー!」と言ったら、、、

     

    夏の間、サーフィンしすぎでボロボロになってしまった筆者の髪。。。

    「痛んでるからトリートメントしたい!」と言ったら、
    「そういえばシャンプー何使っているの?という話に、、、

  • 「まさか、安いシャンプー使ってないよね?」

  • ”シャンプーなんてどれも一緒でしょ!?”

     

    シャンプーは安いの適当に買って、高いトリートメントにお金を使ってる!!

    というそこのアナタ!!! 筆者と同じミスを犯していますよ!!w

  • 先日読んでいた雑誌に「美容師が自分では絶対使わないヘアケア商品」という記事を発見。そこには、「大手メーカーが宣伝してまくっていて、なおかつ低価格のシャンプーは、粗悪な材料で作られているので絶対に使わない」と書かれていました。

    安いシャンプーの洗浄剤の成分は、AES系界面活性剤という石油をつくったときの産業廃棄物のようなものを使っていて、原価はゴミレベルだといいます。洗浄力が強すぎるため「使っていたら、自分でハゲを促進しているようなもの」だそうです。

    この洗浄成分の代表格が『ラウレス/ラウリル硫酸NA』というものらしいので、さっそく自分の使っているシャンプーの成分を見てみると…。
    出典 :ラウレス/ラウリル硫酸NAが入っていないノンシリコンシャンプーはこれ!
     

    そう、あの時の私はまさにこの人と同じ状態。。。

  • 界面活性剤とは?

  • 界面活性剤とは、水分と油分などのように、表面張力が違い、本来混じり合わない物質同士の媒介をすることで、混ぜ合わせた状態にする物質のことを言います。

  • ドラッグやスーパーに売っているような合成シャンプーには、非常に好ましくない成分内容のシャンプーが多すぎる。だからひとくくりで「合成シャンプーは良くない」と言われている実態があるのかもしれませんね。

    ひとことで合成界面活性剤といっても、1万種類もるといわえますので、その安心レベルもピンキリです。原材料によって雲泥の差があります。まずは、合成界面活性剤のレベルにも相当な差があるということを認識して頂きたいと思います。

    -(中略)-

    シャンプーは、“石けんシャンプー”しか安全なものはないと思い込んで使用しているけれども、クレンジング、口紅、頭髪剤、歯磨き粉、台所用洗剤、お風呂・トイレ用洗剤などは合成界面活性剤を使っている。

    “え~~!!口紅も合成界面活性剤なの!!”という悲鳴が聞こえてきそうですが、そうなんですよ。
    だからこそ、ちゃんとした知識を吸収する必要があるのです。
    出典 :生活用品の要注意成分 オーガニック 無添加石鹸,無添加シャンプー,無添加化粧品,モリンガ,ミネラル,亜麻仁油,オーガニック食品通販【魂の商材屋】
  • キシキシして髪をいじめちゃうなんて!!! by ローラ

     

    だめだめ!ってローラちゃんも言ってますね(´・ω・`)

    (注:当CMの商品とこの記事は無関係です。)

  • ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムを使用していないシャンプーがいいらしい

  • ラウリル硫酸ナトリウムとは

  • 乳化剤や発泡剤、洗浄剤として、日用品では歯磨き粉、シャンプー、髭剃りクリーム、泡風呂、リキッドファンデーションなど、医薬品では薬・サプリメントのカプセルなど、工業用としてはガレージのフロア用洗剤、エンジンの油落とし洗剤、洗車用洗剤などの多く用途に使用されている合成化学物質である。12個の炭素原子鎖が硫酸塩に結合した構造を持ち、洗剤に不可欠な両親媒性特性を有する。
    出典 :ラウリル硫酸ナトリウムが入っていないのが良いシャンプー?
  • 1970年代に発癌性が指摘され厚生労働省によって精密な追試が行われたが発癌性は確認されていない。東京都立環境衛生研究所の調査でも毒性は無いとの結論に達している[6]。また、米国化粧品工業会も化粧品原料評価を行い発癌性を否定しており、インターネットやE-mailで流布される発癌性懸念の噂は虚偽であるとのカナダ健康省や米国癌学会(en:American Cancer Society)の見解を紹介している[7]。さらに、2007年現在までIARCやNTPの発癌性リストに載ったことは無い。
    科学的、医学的な根拠が示されていないにも関わらず、現在においても発癌性が盛んに主張される背景には、天然石鹸を販売する業者が市販の歯磨き粉や洗剤の中に含まれる危険な成分としてこの物質を紹介しているという事情がある[8]。例えば、情報センター出版局が発行する『危険度チェックブック』には発癌性・アレルギー性のある成分と記されている。[要出典]
    出典 :ラウリル硫酸ナトリウム - Wikipedia
     

    Wikipediaに発癌性論争が上がっていましたが、どうなんでしょう?火のないところには噂は立たず?

  • なぜ、トリートメントをするのでしょうか?

    *傷んだ髪を治したいから
    *髪をキレイにしたいから
    *ツヤツヤ、サラサラにしたいから


    では、美容室で薦められたそのトリートメントで

    *傷んだ髪は治りましたか?
    *キレイになったと思う期間はどのくらいでしたか?
    *ツヤツヤ、サラサラの持続期間はどのくらいでしたか?


    で、答えは

    @傷んだ髪は、治りませんでした。
    @1ヶ月、持ちませんでした
    @1ヶ月経った頃にはまたバサバサになってました
    出典 :えっ、トリートメントしたら髪が治るんじゃなかったの?|paraisoブログ
  • 合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム等)が使用されている理由

  • ラウリル硫酸ナトリウムと言えば,合成界面活性剤の代表格でいわゆる「石鹸派」と呼ばれる方々からは蛇蝎のごとく忌み嫌われている存在であります。

    ―(中略)―

    合成界面活性剤が広く使用されている第一の理由は,コスト面よりも使用する水の性質を選ばない点にあります。いわゆる純石鹸は硬水中ではとてもじゃないですが使えません。温泉に備え付けられているのが,石鹸ではなくてボディシャンプーの場合が多いのにはちゃんとした理由があるわけです。
    出典 :ぷろどおむ えあらいん ラウリル硫酸ナトリウムはどのくらい怖いのか
     

    合成界面活性剤がつかわれるのにも理由があるんですね。

  • 長く洗わず、よくすすぐこと!

  • 合成界面活性剤は,一般的に石鹸よりも洗浄力が高いのでごく少量で十分な洗浄効果が期待できますが,「なるべく少量で短時間のうちに洗い,よくすすぐ」というのは石鹸をはじめとする洗浄剤一般を用いるときには必須の心構えであると思います。
    出典 :ぷろどおむ えあらいん ラウリル硫酸ナトリウムはどのくらい怖いのか
  • 【サロン専売品】 ルベル NHS(ナチュラルヘアソープ) SEAWEED(シーウィード)シャンプー

     


    いろいろ調べていくうちに「わからないーー!!」となった筆者が、担当美容師さんのアドバイスでたどり着いたのがこれ。

    シャンプーだけの使用でも、さらさらヘアが戻ってきた気が!!!




  • <まとめ>

     


    最近、さまざまな「新しい」シャンプーが発売されて
    どれを買うか迷ってしまいますが、
    シャンプー選びの基本は
    「自分の髪を知ること」
    「成分を調べること」
    ですね♪

    わからないときは、髪のプロ☆美容師さんに相談するといいですよ(^^)