あなたのお子様が朝起きられないのは、起立性調節障害が原因かも!?

朝起きられず、学校に行けない…
「怠け」ではなく、病気かもしれません。

view197

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 起立性調節障害で学校に行けない小学生、中学生が増えています。

  • 起立性調節障害って?

  • 軽症も含めると、小・中学生の5~10%が起立性調節障害と言われています。

  • 自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)の一種で、起立時に起こるはずの血管の反射が失調して、血液が下半身にたまり、ほかの部分の血圧が一時的に低下して、めまいや立ちくらみなどのいろいろな症状を起こす病気です。
    出典 :起立性調節障害 とは - コトバンク
  • 起立性調節障害は夕方から夜になると気分がよくなり、夜には目がさえて寝つけない。布団に入ってもいつまでも眠くならない。
    出典 :起立性調節障害とは?|子どものこんな症状は、起立性調節障害|起立性調節障害 Support Group
  • わが子が朝起きられなくて学校に行けない、夜は元気でいつまでも夜更かし、そんな状態が続いたら…
    親としては怒鳴ったりなだめたり、あの手この手で学校へ行かせようとしますよね。
    でもちょっと待って。あなたのお子さんは起立性調節障害かもしれません。

  • あなたのお子さんは大丈夫?チェックしてみましょう。

  • 主に以下の症状が見られます。

  • 朝に起きられない ・立ちくらみ ・全身倦怠感
    食欲不振 ・立っていると気分が悪くなる
    失神発作 ・動悸 ・頭痛 ・夜になかなか寝つけない
    イライラ感・集中力低下
    出典 :起立性調節障害とは?|子どものこんな症状は、起立性調節障害|起立性調節障害 Support Group
  • いかがでしたか?
    周りから見たら「怠け」との見分けがつきにくいのも確かですね。
    でも子供自身は本当につらいんです。

  • 原因は?

  • 原因は、自律神経のバランスが崩れていることです。
    また、心理的ストレスも悪化させる原因となります
    出典 :起立性調節障害ガイド 治療、原因、症状、大人、チェック
  • ストレスで悪化することはありますが、もともと心の病気ではありません。

  • 「起立性調節障害は身体の病気であり、起立や座位で脳血流が下がり、思考力・判断力が低下する」ということを、保護者や学校の先生などの周囲の人がまず理解してあがることが大切です。
    出典 :日本小児心身医学会
  • 一見病気とはわからず、家族や教師は理解しづらいかもしれません。
    でも無理をさせるのは禁物です。
    きちんと診断を受けて、ゆっくり治していきましょう。