ものが二重に見える!?【眼筋麻痺】の症状・治療法

眼筋麻痺(外眼筋麻痺)の一番多い症状は「ものが二重にみえること」です。別の病気によって眼筋麻痺が引き起こされている場合がありますので、気になる症状があったら早めに病院へ行きましょう。

view227

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眼筋麻痺とは?

  • 主に外眼筋に運動障害もしくは麻痺を生じ、眼球運動障害をきたす外眼筋麻痺をいう。この他、内眼筋麻痺、核間性眼筋麻痺などを含めることが多い。
    出典 :眼筋麻痺 - Wikipedia
  • 私たちが物を眼で追いかける時には、眼のまわりについている筋肉がはたらきます。
    これらの筋肉が何らかの理由で動かなくなった状態を、外眼筋運動障害あるいは外眼筋麻痺といい、一般には単に眼筋麻痺と呼んでいます。眼筋麻痺の程度は、軽いものから重いものまでいろいろです。
    出典 :眼筋麻痺| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  •  

    眼の筋肉ってこんなにあるんですね!

  • 麻痺性斜視のイメージ

     

    眼筋麻痺によってどのように斜視が引き起こされるか示されています。

  • 原因は?

  • 大別して、外眼筋自体に障害が起こる場合と、外眼筋を支配している神経の障害によって起こる場合があります。
    出典 :眼筋麻痺| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • ①中枢に脳動脈瘤(りゅう)や脳梗塞(こうそく)などの異常がある ②外眼筋に異常がある ③外眼筋と中枢を結ぶ末梢(まっしょう)神経に異常がある ④神経と筋肉の接合部に異常がある(筋無力症) ⑤副鼻腔炎や眼球の周囲の骨の骨折や腫瘍(しゅよう)など眼の周囲との関連がある
    出典 :眼筋麻痺 - 徳島県医師会Webサイト
     

    大きな病気が原因となっている場合も多いのですね。

  • どんな症状が出るの?

  • 一番多い症状は「ものが二重に見える」、いわゆる複視というものですが、神経に関わる病気なので様々な症状がでることがあります。

  • 眼筋麻痺は、時には眼の奥の痛みを伴うこともあります。 眼瞼がんけん(まぶた)のはれや、まぶたが垂れてくる 眼瞼下垂がんけんかすいを合併することもあります。そのほか、神経の障害の発生部位に応じて、いろいろな神経症状が現れます。
    出典 :眼筋麻痺| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 複視を避けるために頭を傾けたり、顔を一定方向に向けたりすることもあり、肩こりなどを訴えることがあります。
    出典 :眼筋麻痺 - 徳島県医師会Webサイト
  • どんな検査をするの?

  • 両眼を開いた状態で両眼の共同性運動(2つの眼球を同時に動かす運動)をみたあと、単眼での運動を観察します。さらに、眼球運動障害を定量的に記録するために、ヘスチャートという検査も行います。
    CTやMRIなどの神経画像検査によって、部位診断から原因診断までを行います。
    出典 :眼筋麻痺| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    ヘスチャートは眼の動きがどのように制限されているかを詳しく知ることができる方法です。

  • 糖尿病で神経の麻痺から複視が起こったり、甲状腺の病気で外眼筋が肥大して眼球が動きにくくなって複視が起こることもあるので、血液検査などをすることもあります。
    出典 :眼筋麻痺 - 徳島県医師会Webサイト
     

    眼筋麻痺を引き起こしている原因によって、検査や治療法も変わってくるんですね。

  • 治療方法は?

  • 一般的には、ビタミンB12や脳循環代謝改善薬の内服、ステロイドの内服や点滴で治療します。また、プリズムを用いた眼鏡をかけることで、症状が軽減することもあります。このような治療でもよくならないときは、数カ月経過をみた後に外眼筋をずらす手術を行う場合があります。
    出典 :眼筋麻痺 - 徳島県医師会Webサイト