肥満の健康に及ぼす影響について

肥満になると、健康にどのような影響を及ぼすのかを解説していきます。

view205

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肥満と健康について

  •  

    肥満と健康にはどんな関係があるのか?

  • 健康づくりにおいて肥満の予防は重要な位置づけを持ちます。肥満度の判定にはBMI(Body Mass Index)が用いられますが、同じBMIでもどこに脂肪がついているかで健康への危険性は大きく異なります。
    出典 :肥満と健康|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 肥満の種類

  • 肥満のタイプは「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」に分けられ、前者の方が生活習慣病を発症するリスクが高い。肥満の予防には、食生活の見直しと併せて継続的に運動を取り入れることにより更に効果が期待できるでしょう。
    出典 :肥満と健康|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 内臓脂肪型肥満の怖さ

     

    内臓周辺に蓄積する脂肪は代謝が盛んで、血液中の脂質濃度を高める原因となります。
    またインスリン抵抗性といって、すい臓から分泌されるインスリンの働きを悪くします。さらに、脂肪細胞からは血圧を上昇させる物質が分泌されます。
    その結果、脂質異常症、糖尿病、高血圧、さらにはこれらが重なったメタボリックシンドロームなどをまねきやすくなるのです。
    つまり、内臓脂肪型肥満はさまざまな生活習慣病の元凶ということができます。

  • 肥満に起因ないしは関連して発症する健康障害

  • 肥満に起因して起こる病気について下にまとめます。

  • I. 脂肪細胞の質的異常による肥満症

  • 1. 耐糖能障害・2型糖尿病
    2. 脂質代謝異常
    高コレステロール血症
    低HDLコレステロール血症
    高トリグリセリド血症
    3. 高血圧
    4. 高尿酸血症・痛風
    5. 脂肪肝
    non-alcoholic steatohepatitis
    (NASHを含む)
    6. 冠動脈疾患
    心筋梗塞
    狭心症
    7. 脳梗塞
    脳血栓症
    一過性脳虚血発作
    出典 :肥満症を調べる検査|厚生労働省
  • II. 脂肪細胞の量的異常による肥満症

  • 8. 骨・関節疾患
    変形性膝関節症
    変形性股関節症
    変形性脊椎症
    腰痛症
    9. 睡眠時無呼吸症候群・Pickwick症候群
    10. 月経異常
    月経周期の異常
    月経量と周期の異常
    無月経
    月経随伴症状の異常
    出典 :肥満症を調べる検査|厚生労働省
  • III. 特殊な病態を伴う健康障害

  • 11. 肥満妊婦
    12. 心理的サポートが必要な肥満症
    出典 :肥満症を調べる検査|厚生労働省
  •  多くの研究から、内臓脂肪型肥満のほうが病気になりやすいことがわかっています。この内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうち2つ以上が重なった状態を“メタボリックシンドローム”といい、重い生活習慣病に陥る危険があります。だから、内臓脂肪型肥満はすぐに治療を始めるんですね。
    出典 :肥満症を調べる検査|厚生労働省