サプリメントの摂りすぎは意味が無い?体に毒!?

「はぁ~なんか、毎日牛丼とかラーメンライスとかコンビニ弁当とかじゃ、
 栄養も偏るし、体に良くないよなぁ~・・・
 そうだ。一緒に色んなサプリ飲めば大丈夫なんじゃ?」

ちょっと待って!もしかしてそれが体に良くないかもしれないんです。

view2055

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「“足りない”栄養素を補給しているのです。」

     


    サプリメントの人気はスゴイですよね!
    日々、新しい商品が出てて、どれを選んで良いのか分からないぐらいです。
    アメリカでは半数の人が何らかのサプリメントを飲んでるとのこと。
    飲み方も「サプリ漬け」なんて言えちゃうような人もいるとかいないとか。
    アナタの周りにはいませんか?そんな人。

    そこで、本当に「体」に良いのかちょっと調べてみました!

  • まずは、サプリメントの人気ぶりを・・・

  • 今現在、日本でサプリメントを摂取している人は8割近くもいます。

    そのうち、「毎日、利用する」と答えた人は3割以上。毎日でなくても定期的に利用する人、疲労時、忙しいときなどにだけ摂取する人など用途によって利用する人も多く、合わせると8割ほどの日本人が利用していることになります。
    出典 :現代日本のサプリメントの消費量 : ダイエットサプリメントなび
     

    結構みんな飲んでるんですねー。

  • #21 ビタミン剤 - YouTube

     

    すごい・・・コレクションしてるなんて・・・こんなに飲むの?やっぱり飲みすぎだよ~。

  • 日本人の薬好きは海外でも有名で、生産される薬の6割は日本人が消費しているのではないかという噂さえまことしやかに流れたことがあります。
    出典 :食事とサプリメント
     

    うはぁ~・・・それって飲みすぎじゃないの?本当なら。

  • 実は、日本のサプリメントは「食品」扱い

  • アメリカでは、サプリメントは医薬品と食品の間に位置づけられていて、「食事+サプリメント」で健康を維持するという考え方が広く社会に浸透しています。

    (ちなみに日本では、法的にいうと、口に入れるものは「医薬品」か「食品」かにしか分けられていません。日本ではサプリメントはあくまで食品のくくりなのです。)
    出典 :サプリメント、日本とアメリカの違い。えっ?!日本は遅れをとっている!! | 薬剤師カフェ ヴィタ銀座本店
     

    え?日本では「食品」扱いなの?

  • 日本の健康食品には、法的な定義はありません。食品には3つの大きな働きがあります。
    1次機能: 栄養
      私たちが生きていくうえでの栄養源になります。
    2次機能: 感覚
      味覚や嗅覚を通して、食べることの喜びを与えてくれます。
    3次機能: 体調の調節
      微量成分が体の仕組みに働きかけ、健康を維持してくれます。
    健康食品とは、この3次機能を売り物にして商品化された食品の総称と言えます。
    日本の健康食品の形態はさまざまです。こだわりをもって作られた一般食品から、ドリンク剤、さらに錠剤やカプセル剤まで、幅広いものが含まれます。
    出典 :基礎知識/サプリメントについて/日本の健康食品|米国統合医療レポート
     

    食品の形態は様々あって良い。だから、その中にカプセルや錠剤のサプリがあっても良いってことなんですね。

  • 健康食品やサプリメントが、実際に、ふつうの食品よりも、「健康によい」、「健康に効果がある」、「健康の保持増進に役立つ」かどうか、科学的根拠があるかどうかは、必ずしも十分ではありません。また、健康食品やサプリメントは、くすりの代わりではありません。それから、「食品だから安心」、「天然成分だから安全」は誤解で、天然成分由来の健康食品でも、アレルギー症状や医薬品との相互作用を起こすものがあります。特に、病人、子ども、妊産婦、高齢者、アレルギー体質のある方などは、要注意です。
    出典 :「健康食品」・サプリメントについて|健康食品関係|お知らせ|国民のみなさまへ|日本医師会
     

    科学的根拠も怪しい?・・・天然成分由来でも、問題がある場合も?ちょっとキナ臭い感じですね~・・・。

  • アメリカでは「病気にならないためにサプリを摂る」ようです。

     


    世界一のサプリ消費国、アメリカ。
    皆保険が無いアメリカでは、できるだけ病気にならないよう注意が必要です。
    その為、足りていない栄養をサプリで摂って、
    できるだけ健康でいようと努力する必要があるのだと言われています。

  • でも、どうしてサプリを飲み過ぎると体に「毒」なのでしょうか?

  • 米シアトルのハッチンソン癌研究センターのアラン・クリスタル医師によれば、「よほどの栄養失調状態でなければ、ビタミンなどのサプリメントの効果はほとんどない」と言います。
    出典 :サプリメントの摂りすぎは体に毒!? 癌や心臓疾患のリスクがあるとの研究結果 | Pouch[ポーチ]
     

    まずは「効果なし」と一刀両断。
    “栄養失調”でサプリメント飲んでる人なんていないだろうし・・・そんな人のためだけだったら意味ないかも。

  • 大切なオメガ3脂肪酸を多く含む魚油カプセル。同医師の研究では、日常的にこれを沢山飲んでいる人は、70%以上も前立腺癌にかかるリスクが増えることが判明したと言います。
    出典 :サプリメントの摂りすぎは体に毒!? 癌や心臓疾患のリスクがあるとの研究結果 | Pouch[ポーチ]
     

    ええ?そんなに?サプリ飲んでて癌になんて・・・最悪ですね。

  • 2010年にフランスの医療機関が8000人を対象に行った調査では、半数にマルチビタミンを、半数には何の有効成分もない偽薬(プラシーボ薬)を処方。6年におよぶデータの結果、心臓疾患や癌にかかる確率にはほとんど差がなかったそうです
    出典 :サプリメントの摂りすぎは体に毒!? 癌や心臓疾患のリスクがあるとの研究結果 | Pouch[ポーチ]
     

    何が「マルチ」なのか・・・。

  • マルチビタミンB12かいわれのご紹介

     

    マルチなら、こちらの方が♪

  • サプリを使用した人の死亡リスクが使用しない人よりも高くなるケースも多数あった。特に、鉄分のサプリは総死亡リスクの上昇と強く、かつ用量依存的に結びついていた。
    出典 :サプリメントの摂取は大半の人で不要、逆効果も 研究 国際ニュース : AFPBB News
     

    原因は良く分かっていないそうですが・・・怖いですね。

  • ・脂溶性ビタミン(ビタミンA、E、Dなど)…めまいや頭痛、吐き気、ほてり、むくみなど

    ・ビタミンC…下痢、尿管結石

    ・食物繊維…ミネラルの吸収を阻害する

    ・葉酸…じんましん、発熱、かゆみ

    これらはあくまで“引き起こす可能性のある症状”です。体調や体質によって症状が出たり出なかったりしますが、これ以外にも何らかの症状が現れる可能性があります。また、ここであげた栄養素以外でも過剰摂取によって、不調をきたす場合があるので注意してください。
    出典 :サプリメントはたくさん飲むほど効果がある? | スキンケア大学
     

    う~ん・・・普通に体に良さそうなものばっかりなのになぁ~・・・困りましたね~。

  • ビタミンE、ビタミンA、ベータカロチンなど一部の抗酸化物質のサプリが有害になりうることを示す新たな証拠だとした上で、「ビタミンとミネラルのサプリは、少なくとも栄養状態が良い人には予防措置としてすすめられない」と記している。
    出典 :サプリメントの摂取は大半の人で不要、逆効果も 研究 国際ニュース : AFPBB News
     

    健康な人には意味がないし、有害だと。

  • 「ビタミンCを1日1000mgも摂っている男性は、前立腺癌の確率が2倍」「閉経後の女性が日に1000mgのビタミンEを摂ると早死にする確率が3倍」「カルシウムを過剰摂取している男性は心臓疾患にかかり易い」「ビタミンCの摂りすぎは結石になりやすい」などなど。

    どれも怖くなる話ですが、一方で別の専門家筋は「一つの関連性を示しているに過ぎない」と指摘。パニックにならないよう呼びかけており、記事でも「適量なら健康に問題はない」としています。
    出典 :サプリメントの摂りすぎは体に毒!? 癌や心臓疾患のリスクがあるとの研究結果 | Pouch[ポーチ]
     

    もう“とどめだ!”って感じですが・・・結局は「摂り過ぎ」の場合に注意ってことなので。

  • 結局、きちん食事から栄養を摂ること。ですね。
    日本の皆保険制度、和食というバランスの摂れた素晴らしい食事の良さを、
    改めて考えさせられました。