慣れると便利!美肌に見せるコントロールカラーの使い方

コントロールカラーの使い方、知っていますか?雑誌で聞いたことはあるものの、とりあえずファンデーションを塗っているからOK!という方多いのではないでしょうか?でも、上手に使えばこれまでの肌のくすみがなかったことに!ほんのひと手間で美肌になれるコントロールカラー、是非この秋冬使ってみませんか?

view49

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもコントロールカラーって何?

  • 自分のメイクアイテムにコントロールカラーを持っていない方も多いですよね。そもそもコントロールカラーってなんだったかしら?そんな方に必見!「コントロールカラーの使い方」について調べました。

  •  

    コントロールカラーは一言で言うと「化粧下地」なんです!
    しかも自分の肌色やくすみ・赤味などをカバーしてくれるというありがたーい働きがあります。
    つまり「肌色を整える化粧下地」といったところでしょうか・・・
    ファンデーションを厚く厚ーく塗りこめなくても、美肌が作れるなんて便利~

  • 『コントロールカラー』は、化粧下地の役割もあるんですが、その違いを簡単に言うと肌色を調節してくれるもの。
    出典 :コントロールカラーとは?化粧下地との違い - ベースメイクのコツ!ファンデーションの塗り方・選び方
  • 「コントロールカラーで肌色を調整して、上から薄くファンデーションをのせるのが今のベースメークの常識。冬、くすみがひどいときはコントロールカラーの2色使いがおすすめです。
    出典 :もしかして、コントロールカラーを忘れてる? - 美的(ビテキ) - X BRAND
  • 寝不足の日や肌荒れ気味なときでも、いつも同じようなコンディションが作れるのは嬉しいですよね。

  •  

    ナチュラルメイクは男子受けが良さそうですが、すっぴんなら良いかというと決してそういうわけではありません!
    コントロールカラーのひと手間が、ナチュラルなのに美しく見える肌をつくるんです・・・・

  • コントロールカラーはファンデーションの前!

  • コントロールカラーの使い方で迷ってしまうのが、つけるタイミング。
    コントロールカラーは顔色を補正してくれるのだからファンデーションの後に塗る?いえいえ、それは間違いです!
    もっともコントロールカラーの効果を出すには化粧下地のあと、「ファンデーションを塗る前にさっと一塗り」なんです!

    化粧水・乳液→日焼け止め・下地→【コントロールカラー】→ファンデーション
    この順番を覚えましょう!

  • コントロールカラーは、化粧下地を塗ってファンデーションを塗る直前の肌に使うのが理想的です。化粧下地には、その次に塗るファンデーションのノリを良くしたり、ファンデーションの色を美しく魅せる効果などがあります。そのため、化粧下地を塗った後の肌にコントロールカラーを使うと、コントロールカラーの色味もそのまま出す事ができるので、
    出典 :コントロールカラーの順番【FJ-Beautyメイクお化粧館】
  •  

    肌色が綺麗に見えると、それだけでメイクは成功したも同然!?
    気分もあがりますよね~~~

  • コントロールカラーの色選び

  • コントロールカラーはその日の肌のコンディションによって使い分けが必要です。使い方を間違えると病人のような青白さになったり、かえってくすんで見えることも・・・・
    だから肌を美しく見せる色選びがとっても重要!

  •  

    自分の肌に合うカラーは・・・・・?
    迷ったり、判断が付かない場合は周りに聞いてみたり、美容部員さんにアドヴァイスしてもらうのもいい方法ですね。

  • コントロールカラーは肌の色補正のために使うアイテムなので、顔全体に広げてしまうという使い方はNGです。コントロールカラーを使う目的や使用するカラーによって、顔のどの部分にコントロールカラーを乗せたらよいのかが異なります。
    出典 :コントロールカラーの順番【FJ-Beautyメイクお化粧館】
  • 明るめのコントロールカラーを顔全体に塗ってしまうと、顔が大きく見えて逆効果になることがあります。ご注意を。

  • 顔色がさえない時→ピンク系
    肌に透明感が欲しい時→ブルー、パープル系
    肌の赤みを目立たなくさせたい時 →グリーン系
    肌のくすみをおさえたい時→ イエロー系
    目の下のクマを目立たなくさせたい時→オレンジ系
    出典 :コントロールカラーを味方につける|元劇団四季☆くみのHAPPY引き寄せミラクルメイク・骨格診断・パーソナルカラー診断であなたのキレイ応援します♪@東京
     

    これがコントロールカラー基本の組合せ!覚えておくと便利ですね。

  •  

    また、自分の肌にあったものを何色かそろえておくのもいいかも。

  • コントロールカラーを塗ってみよう!

  • 実践あるのみ。まずは使ってみよう!

  • 1.あずき大くらいのコントロールカラーを利き手ではない方の手のひらにしぼる
    2.そこから利き手の指の腹にコントロールカラーを取ってTゾーン、頬骨の上、顎の下にのせる
    3.頬、アゴ、鼻、額、目の周りの順番で塗っていく
    出典 :メイク上級者になれるコントロールカラーの使い方 | 美肌マニアの美容情報
  • プチ・ポワント サンミモレコントロールカラーの使い方・立体編

     

    女優肌になれるコントロールカラーの塗り方を紹介しています。

  • 肌状態別・コントロールカラーの使い方

  • 肌の状態によって、使うべき色味・塗る場所などが変わってきます。まずは基本の使い方をマスターしましょう!

  • 【緑色のコントロールカラー】

  • 赤ら顔などで、顔の赤味を消したい場合には、グリーン系のコントロールカラーを使用しますが、この場合には、赤味が強く出やすい両頬を中心に薄く広くコントロールカラーを広げてあげると良いでしょう。
    出典 :コントロールカラーの順番【FJ-Beautyメイクお化粧館】
  •  

    赤い上に緑をのせることで赤味を打ち消す効果があるそうです。頬の赤味が気になる方は試してみて!

  • 【黄色のコントロールカラー】

  • 肌のクスミやムラを解消する効果があるパープル系やイエロー系のコントロールカラーは、くすみやムラが出やすい部分を中心に塗ってあげましょう。肌全体がドンヨリとくすみやすい場合には、目の下の頬の部分にサッと塗ってあげると効果的です。
    出典 :コントロールカラーの順番【FJ-Beautyメイクお化粧館】
  •  

    このひと塗りが、目の下のクマをなかったことに・・・・

  • 【白のコントロールカラー】

  • ホワイト系のコントロールカラーは、肌のトーンをアップして透明感のある肌に見せる事が出来ます。そのため、肌全体に塗ってしまうのではなく、Tゾーンを中心としてハイライト的に使ってあげるのがおすすめです。
    出典 :コントロールカラーの順番【FJ-Beautyメイクお化粧館】
  •  

    ハイライトはファンデーションの上に重ねて効果を出しますが、コントロールカラーはファンデーションの下で同じような効果を出します。メイクも下ごしらえが大切なんですね・・・・

  • 毎日忙しい女子はお肌のコンディションを保つのも一苦労。でも疲れたくすみ肌じゃ、印象台無し!メイクで美肌をつくるテクニックの一つとして、「コントロールカラーの使い方」、マスターしたいですね。